ロードバイクの情報を発信しています!

ボルタ・ア・カタルーニャ第4ステージ 2日連続の山頂ゴールを制したクライマーは?

海外情報
Photo credit: sybarite48 on VisualHunt.com
この記事は約11分で読めます。

第3ステージのヴァルテ2000に向かって登る山頂ゴールでは、イネオスのアダム・イェーツがセップ・クスを振り切って単独でゴール。

2位は伝染性単核球症を克服したエスデバン・チャベス (Team BikeExchange) 。2020年からの復活をかけている。

アダム・イェーツは、総合でもトップに立った。チームは変わったが自分は変わっていないと言うけれど、アタックをかけるまでのチームのアシストがなければ、ここまでの走りも出来なかったはずだ。

リチャル・カラパスは初戦ということもあり、1分29秒遅れの22位でゴールしている。

総合5位までのタイムを見てみると

  1. アダム・イエーツ INEOS Grenadiers
  2. リッチー・ボート INEOS Grenadiers 0:45
  3. ジョアン・アルメイダ Deceuninck – Quick Step 0:49
  4. ゲラント・トーマス INEOS Grenadiers 0:53
  5. ウイルコ・ケルデルマン BORA – hansgrohe 1:03

イネオスが3人も上位に並んでおり、優位は揺らがない。

アルメイダは、昨日も一人で集団を引かなければならない場面が見られ、山岳の重要な場面でアシスト不在となると厳しい状況だ。

スタート前に、ユンボ・ヴィズマのジョージ・ベネットが呼吸器感染症のためにリタイヤしている。さらに、ロシアのプロチームGazprom – RusVeloのエース、インヌール・ザッカリンもティレーノ・アドリアテッコで痛めた腰の痛みのためにリタイヤとなっている。

 

スポンサーリンク

第4ステージ リポル~ポルト・アイネー 166.5㎞

第4ステージ photo voltacatalunya

 

スタート直後から登り始めるので、とても厳しいコースレイアウト。ただ、総合に関係ない逃げが大量に発生するのではないかな。

期待するのは、トーマス・デベントの逃げだがチームメイトのハーム・ハァンフックが総合12位にいるのでアシストに回るだろう。

1級山岳を越えても、あと2つ超級山岳が残っている。最後の超級ポルト・アイネー(登坂距離18.4km、平均勾配6.7%)では、間違いなく少人数となってゴールを目指すのではないかな。

アダム・イエーツは強力なアシスト陣に守られて安泰のような気がするけどどうだろう。

 

12人の逃げ

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

 

スタートラインには、リーダージャージのアダム・イエーツの隣に、ポイント賞2位のローハン・デニスがならぶ。

ジョアン・アルメイダはヤングライダー賞。山岳賞は2位のエスデバン・チャベスが着用している。

 

トーマス・デヘントを含む12名の巨大な逃げグループが発生。

 

ラスト61kmで逃げグループから、レナード・ケムナ(BORA – hansgrohe)がアタックして一人で逃げている。1分33秒遅れの総合13位なので、現在はバーチャルリーダーだ。

ただ、逃げ切れるとは思えない。チームメイトのウイルコ・ケルデルマンのアシストは良いのだろうか?

 

逃げていた、トーマス・デヘントは集団につかまる。

 

レナード・ケムナはスーパータックで下っている。あと1週間もすると使えなくなるから使っておかないとね。

 

逃げていたライダー達がイネオスが引く、集団に追いつかれてしまった。

 

集団は残り17.6kmで1分51秒のタイム差。ローハン・デニスが先頭で登っている。集団後方からはどんどんライダーが落ちていく。

 

残り15.2kmでタイム差は22秒。もうすぐ追いつく。イネオスは、カラパス、トーマス、ボート、アダムスと5人も残っている。

 

あ~、レナード・ケムナは捕まってしまった。ここからはイネオスのトレインに皆が耐えきれるかが試される。

まずは、ローハン・デニスがどこまで引いていくのか。誰がアタックをかけるのか?

 

ローハン・デニスは残り13kmまで引いて仕事終了。

 

元TT世界チャンピオンの後は、2019ジロ王者で、2020ブエルタ2位のリチャル・カラパスが引く。その後ろには、2018ツール覇者のゲラント・トーマスが続く。

あまりも豪華なトレインだ。

 

おっと、リチャル・カラパスが先頭から外れたところで、ステフェン・クライスヴァイクがアタックだ。

 

だが、リードすることなく、戻ってきたリチャル・カラパスによって吸収されてしまう。様子見アタックだったのか?

 

ラスト7.2kmになって、昨日も2位になったエスデバン・チャベス (Team BikeExchange) がアタックだ。これは総合順位をあげるための走りだ。

 

エスデバン・チャベスはアウターにかけて、緩斜面では38km/hのスピードで上がっている。すでに17秒のタイムを稼ぎ出した。

現在総合9位で1分21秒遅れ。まあ、これ以上のタイム差はイネオスが与えないはずだ。

 

カラパスは、ラスト4kmで16秒で抑えている。

 

 

おっと、ここでエンリク・マスがアタックだ。

 

カラパスはラスト2.8kmまで引いて仕事終了。実に10km近く一人で集団を牽引した。

 

 

ゲラント・トーマスはすぐにエンリク・マスを捕まえる。

 

Gに変わって、リッチー・ボートが集団を引く。すでに20人もいない。

 

 

ラスト1.2kmで15秒差だ。頑張れチャベス!

 

アシストのファウスト・マスナダがいない、アルメイダは孤軍奮闘していたが、ついに集団から切れてしまう。

 

 

ラスト300mで、後ろから集団が追い込んでくる。

 

エスデバン・チャベスは2019ジロのステージ優勝以来の勝利で完全復活だ。実に664日勝利から遠ざかっていたが、強いエスデバン・チャベスが帰ってきた。

今回は特に、ゴール手前7.2kmからのアタックでイネオスのトレインから抜け出しての勝利だから素晴らしい。

これでチャベスは総合6位にステップアップだ。イネオスは、1位アダム・イエーツ、2位リッチー・ボート、3位ゲラント・トーマスと独占となった。

 

リザルト

第4ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 CHAVES EstebanTeam BikeExchange50504:29:47
2 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation20300:07
3 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers818,,
4 YATES AdamINEOS Grenadiers 13,,
5 KUSS SeppTeam Jumbo-Visma 10,,
6 VALVERDE AlejandroMovistar Team 7,,
7 PORTE RichieINEOS Grenadiers 4,,
8 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe 3,,
9 QUINTANA NairoTeam Arkéa Samsic 2,,
10 HAMILTON LucasTeam BikeExchange 1,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 YATES AdamINEOS Grenadiers 14:14:15
22 PORTE RichieINEOS Grenadiers 0:45
34▲1 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers 0:49
46▲2 VALVERDE AlejandroMovistar Team 1:03
55 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe ,,
69▲3 CHAVES EstebanTeam BikeExchange 1:04
73▼4 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step 1:07
87▼1 CARTHY HughEF Education – Nippo 1:20
911▲2 KUSS SeppTeam Jumbo-Visma 1:29
108▼2 YATES SimonTeam BikeExchange 1:32

総合はイネオスが独占。アレハンドロ・バルベルデが4位に躍進だ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
15▲4 CHAVES EstebanTeam BikeExchange16
21▼1 YATES AdamINEOS Grenadiers10
32▼1 DENNIS RohanINEOS Grenadiers10
44 BERHANE NatnaelCofidis, Solutions Crédits6
5 ▼5 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation6
66 SÁNCHEZ Luis LeónAstana – Premier Tech6
77 CAVAGNA RémiDeceuninck – Quick Step6
88 KAMP AlexanderTrek – Segafredo5
910▲1 VALVERDE AlejandroMovistar Team5
10 ▼10 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers4

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1 CHAVES EstebanTeam BikeExchange50
21▼1 YATES AdamINEOS Grenadiers40
3 ▼3 BOUWMAN KoenTeam Jumbo-Visma30
44 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers30
53▼2 VALVERDE AlejandroMovistar Team28
619▲13 KÄMNA LennardBORA – hansgrohe27
710▲3 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation26
87▼1 KUSS SeppTeam Jumbo-Visma23
9 ▼9 MEINTJES LouisIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux16
10 ▼10 DOMBROWSKI JoeUAE-Team Emirates15

エスデバン・チャベスは山岳賞にポイント賞でもトップに立っている。

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step14:15:22
25▲3 HAMILTON LucasTeam BikeExchange0:28
33 VANHOUCKE HarmLotto Soudal0:47
42▼2 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates1:12
56▲1 BUITRAGO SantiagoBahrain – Victorious4:11
611▲5 VAN GILS MaximLotto Soudal8:42
77 CASTRILLO JaimeEquipo Kern Pharma9:24
88 ADRIÀ RogerEquipo Kern Pharma11:17
94▼5 KÄMNA LennardBORA – hansgrohe14:58
1012▲2 CRAS SteffLotto Soudal18:59

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました