ロードバイクの情報を発信しています!

エステバン・チャベスが困難なシーズンを振り返る

海外情報
photo funchaves instagram
この記事は約5分で読めます。

エステバン・チャベス(Mitchelton-Scott)は、2013年レース中の事故で右鎖骨の複合骨折、頭蓋骨の骨折、右頬骨、上顎洞と蝶形骨、穿刺された肺、肋骨骨折の重症をおってしまう。

サイクリングキャリアが終わってもおかしくないケガで、この時の不自由な生活がエステバン・チャベス財団を立ち上げることにつながっており、子供を整形外科的に救う活動をしている。

エステバン財団は、スポーツ(サイクリング)と医学(整形外科)の2つの主要な活動を行っている。

FUNエステバン・チャベスのサイクリングチームとClásicaエステバン・チャベスの若者のレースにより、スポーツと健全な競争を通じて不可欠な人間の形成に努めている。

コロンビアは結構治安が良くない。若者が危ない道に進むことがないように努力している。

また、医療プログラムにより、子どもたちの不自由な生活を手術や装具によって変える活動もしている。

チャベスは、2017年には膝のケガ、肩の骨折。2018年には、伝染性単核球症にかかってしまいジロを総合73位で終えたあとからレースを走ることはなかった。

長い治療のあとに、2019年ジロでのステージ優勝で復活を果たしている。

エステバン・チャベスは困難な2020年のシーズンを振り返るインタビューに答えているので見てみよう。

 

スポンサーリンク

2020年を振り返って

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

FUN Esteban Chaves(@funchaves)がシェアした投稿

 

ロックダウン後の異例の短い濃密なシーズンをどのように体験したのでしょうか?

長いロックダウンの間、いつ再開されるかわからず、明確な目標やスケジュールを決めずにトレーニングをするのは簡単なことではなかった。

最終的に、この期間は困難な状況でも適応できることを示してくれた。シーズンは速くて激しかったが、クラシックとビッグラップで全レースを完走することがとても重要だった。

来年のことを考えても、パンデミックの時でも、みんなで、組織的に取り組めばレースができるというデモンストレーションをして貰った。

マスクからこまめな手洗い、コントロールパッドに至るまで、全員が細心の注意を払い続けなければいけない。この不思議で変わった季節は、私たちに多くのことを教えてくれた。

 

この時期にすべての習慣が激変しましたが、アスリートとしてだけでなく、人としてどのように変化したでしょうか?

ボゴタのロックダウンを婚約者と過ごした。ロックダウンの後、私たちは今までとは違った視点から人生を見つめ、落ち着いて、より平和に生きることを学んだと思う。

私に関しては、この10年間、飛行機やレースの間を常に移動しながら、全速力で生きてきたが、それが普通のことのように思っていた。

でも、ロックダウンの後に振り返ってみて、それが普通じゃないことに気付いたんだ。

本当の規範は、愛する人たちと一緒に過ごす時間を増やすこと。たとえば、私は父と頻繁に電話で話したが、これは前の年よりもはるかに多い。

この経験があったからこそ、生き方が改善された。2020年から引き出せるものがあったことは良かったね。

 

ロックダウンでトレーニング方法も変わったのかな?

季節ごとにいつも何かを変えているが、今ではローラーが多用されており、効いていると言わざるを得ません(笑)

これが準備に影響する。でも大切なのは、夢中になる必要がないこと。

よく食べて休むこと、家族に寄り添うこと、楽しく過ごすこと、自転車で3時間トレーニングして、緊張して怒るよりもハッピーになった方がずっといいからね。

私たちは静けさを見つけなければならない。これらは非常に重要な価値観であると思う。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Esteban Chaves(@estebanchavesbta)がシェアした投稿

 

Zwiftで開催されるUCI Cycling Esports 世界選手権に出場しますか?

はい、来週はいい経験になると思うよ。

 

あなたの財団の調子はどうですか?

2つのプロジェクトに取り組んでいる。1つ目は、フォローしている18人で構成されたチームが全国大会に行くこと。

2つ目は、整形外科疾患を持つ子供たちの手術で、スポンサーと資金提供者を探している。

これまでに32件の手術をサポートすることができた。皆さんも是非、公式サイトにお越しください。

子供たちを助けることは私をとても幸せにしてくれる。なぜなら彼らは未来であり、私に起こったように、彼らに夢を追求するチャンスを与えてあげたい。

子どもたちを助けることはとても幸せなことだと思っている。

 

未来の話をされていましたが、2021年をどう見ていますか?

私は最初から最後まで一貫したシーズンを夢見ているが、ブエルタが終わったばかりなので、今のプログラムはまだ決まっていない。

私はコロンビアに戻り、バレンシアでの最初のトレーニングキャンプを行う予定だ。

ご存知のように、私はイタリアとジロを愛している。私の特性に合ったルートであることを願っている。公式プレゼンテーションを楽しみにしているよ。

 

オリンピックは?

もう一つの夢ですね。今年は2020年の目標の一つだったし、2021年もそうなるだろう。

 

2016年にはジロ総合2位。ブエルタ総合3位。その後のイル・ロンバルディアも制しているほど好調だった。

伝染性単核球症も克服しており、今年のブエルタでも登りの大事な場面でパンクしてしまうまでは、総合7位。

この調子ならば、再び輝ける日がくることだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました