ロードバイクの情報を発信しています!

2021ツアー・オブ・ブリテン第3ステージ チームタイムトライヤルで総合トップに立ったのは?

海外情報
Photo credit: dolbinator1000 on Visualhunt.com
この記事は約17分で読めます。

第3ステージは、珍しくチームタイムトライヤルが行われる。

ワールドツアーチームの7チームが、やはり、上位を占めると思われる。

第2ステージで、集団から逃げ切ったロビン・カーペンター( Rally Cycling)が、リーダージャージを守るのは難しい。

個人タイムトライヤルならば、順位の予想もつくがチームTTでは、どのチームがトップに立つのか予測も難しいところだ。

1分以内に33人もいるので、TTTの結果で総合順位が大きく入れ替わりそうだ。

 

スポンサーリンク

第3ステージ ランデイロ ~ウェールズ国立植物園  18.2km

第2ステージ photo tourofbritain

 

ウェールズ西部の州で、かつての歴史的なウェールズ13州の一つカーマーゼンシャーで行われるチームタイムトライヤル。

スタートは、ランデイロで、ゴールはウェールズ国立植物園となる。

ゴール手前3kmに1.3kmの登坂距離で平均5.3%の登りがある。ここで、耐えきれなくなったライダーは切れてしまうかも。

チームのタイムは4番目にゴールしたライダーとなる。ブレーキをかけないといけないコーナーは3か所だけ。50km/hオーバーの戦いとなるのは間違いない。

 

出場しているワールドツアーチームのTTの得意な選手をみてみると

  •  Deceuninck – Quick Step ジュリアン・アラフィリップ、イブ・ランパールト
  •  INEOS Grenadiers ローハン・デニス、リッチー・ボート、ミハウ・クフィアトコフスキ
  •  Team Jumbo-Visma ワウト・ファンアールト、トニー・マルティン
  •  Israel Start-Up Nation アレックス・ダウセット
  • Movistar Team 
  •  Team DSM 
  •  Team Qhubeka NextHash  ジャコモ・ニッツォーロ

Team Jumbo-Vismaは、クリス・ハーパーがリタイヤして一人いないのが難点。イネオスは、TTスペシャリストが揃っているので有利だ。

 

 Team Jumbo-Visma

ワウト・ファンアールトは、2番手。3番手がトニー・マルティン。

 

ただ、クリス・ハーパーがいなくて、5人なのは痛い。一人でも切れたらギリギリだ。

 

まずは、中間計測だが9分56秒の暫定トップ。av54.966km/hという凄いペースを刻む。

 

なんと4人になっている。今年開発チームから上がってきたハイス・レームライズが切れた。

 

さらに、パスカル・エーンクホーンが指さして遅れてしまう。何かマシントラブルのようだ。これはパンクだ。

 

3人でゴールに向かってしまう。

 

ワウト・ファンアールトは、手を出してはやくこいと合図。

 

ゴールでは、かなりジョージ・ベネットを待った。かなりタイムロスしている。av52.754km/hで20分42秒。暫定トップで、後続を待つ。

う~ん、パンクで遅れては仕方ない。

 

Deceuninck – Quick Step

1走は、ジュリアン・アラフィリップ。2走はマーク・カヴェンディシュ。ジュリアン・アラフィリップも、トップを狙っている。

 

ウルフパックも4人に。だが、中間計測では9分49秒のトップタイム!

 

ゴールでは、Team Jumbo-Vismaを3秒上回った。20分43秒、av52.881km/h。マーク・カヴェンディシュは、3番手でゴール。

 

Israel Start-Up Nation

今シーズン限りで引退する、ダン・マーティンとアンドレ・グライペルが登場。

 

なんと、元アワーレコード保持者のアレックス・ダウセットがアンドレ・グライペルに続いて切れてしまうとは~。

 

4人でゴールを目指す。

 

なんとかギリギリの4人でゴール。21分6秒。av51.794km/h。暫定3位で後続を待つことに。

 

 Team Arkéa Samsic

アルケア・サムシックのコナー・スウィフトもTT得意だ。直前のツール・ポワトゥー・シャラントでは個人TTでトッブに立ち、総合優勝している。

 

ただ、メンバーはギリギリの4人しかいない。

 

中間計測は、10分23秒。暫定7位。

 

ゴールは、21分50秒。暫定6位。

 

Team Qhubeka NextHash

なんと、一人遅れている。

 

更に遅れて、2対2に。

 

ゴールは4人で。ヴィクトール・カンペナールツでもいたら、一人で全員ちぎっていたかも。

22分42秒。av48.106km/h。情報によるとTeam Qhubeka NextHashは、8月分の給料が一部支払われていないとか。先行きが見えないので走りにも影響してしまっているかも。

 

Movistar Team 

モビスターもTTは速いと記憶しているけど、このメンバーだとどうかな。

 

中間計測では、10分17秒。av53.096km/h。8位だ。

 

ゴールは4人。21分30秒。av50.759km/h。7位となっている。

 

Alpecin-Fenix

 

プロツアーランキング1位のAlpecin-Fenix。最後は4人で帰ってきたが、21分19秒。av51.204km/h。

モビスターよりも速く、6位に入る。総合9位にクリスティアン・ズバラーリ。10位にクサンドロ・ムーリッセが入る。おそるべきプロチーム。

 

Team DSM

最後は4人で帰ってきたTeam DSM。なんとタイムは、Alpecin-Fenixと全くの同タイム。順位的には5位。

 

INEOS Grenadiers

世界選手権TTを3度制したローハン・デニス。2014世界チャンピオンのミハウ・クフィアトコフスキ。TTスペシャリストのリッチー・ボートと凄まじいメンバーのイネオス。

 

中間計測ではウルフパックと同タイム。av55.620km/h。0.33秒差で2位。

 

23番、オウェイン・ドゥールがが切れてしまう。

 

あ~、ミハウ・クフィアトコフスキも切れていく~。中間計測はウルフパックと同タイム!

 

最後は、イーサン・ヘイター、リッチー・ボート、カルロス・ロドリゲス、ローハン・デニスの4人で帰ってきた。

ゴールでは、20分22秒。av53.617km/h。断トツのトップタイムだ!   これで、イーサン・ヘイター、が総合トップに立った。

 

Rally Cycling

ロビン・カーペンターはリーダージャージを着るのもこの日だけかも。

 

中間計測11位。ゴールは、21分55秒。残念ながらステージ11位。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第3ステージ リザルト

1 INEOS Grenadiers20:2239:1553.617  
 DENNIS Rohan   153.33
 PORTE Richie   153.33
 HAYTER Ethan   153.33
 RODRIGUEZ Carlos   153.33
 KWIATKOWSKI Michał  +1:36   153.33
 DOULL Owain  +1:36   153.33
2 Deceuninck – Quick Step20:390:1752.881  
 ALAPHILIPPE Julian   121.67
 LAMPAERT Yves   121.67
 CAVENDISH Mark   121.67
 HONORÉ Mikkel Frølich   121.67
 DECLERCQ Tim  +2:37   121.67
 BALLERINI Davide  +2:37   121.67
3 Team Jumbo-Visma20:420:2052.754  
 BENNETT George   91
 MARTIN Tony   91
 VAN AERT Wout   91
 EENKHOORN Pascal   91
 LEEMREIZE Gijs  +1:20   91
4 Israel Start-Up Nation21:050:4351.794  
 MARTIN Dan   6 
 HOLLENSTEIN Reto   6 
 WOODS Michael   6 
 HOLLYMAN Mason   6 
 DOWSETT Alex  +1:52   6 
 GREIPEL André  +2:55   6 
5 Team DSM21:190:5751.228  
 DONOVAN Mark   3 
 COMBAUD Romain   3 
 KANTER Max   3 
 ROCHE Nicolas   3 
 EEKHOFF Nils  +2:33   3 
 NABERMAN Tim  +3:31   3 
6 Alpecin-Fenix21:190:5751.228  
 MEURISSE Xandro     
 JANSSENS Jimmy     
 TULETT Ben     
 SBARAGLI Kristian     
 DILLIER Silvan  +0:26     
 RICHARDSON Alexandar  +2:41     
7 Movistar Team21:301:0850.791  
 JORGENSON Matteo     
 SOLER Marc     
 CATALDO Dario     
 SERRANO Gonzalo     
 HOLLMANN Juri  +2:15     
 CULLAIGH Gabriel  +3:32     
8 Ribble Weldtite Pro Cycling21:311:0950.751  
 SHAW James     
 GIBSON Matthew     
 BIGHAM Daniel     
 LEWIS Gruffudd     
 PAGE Charles  +2:37     
 WILSON Simon  +3:13     
9 Trinity Racing21:461:2450.168  
 GLOAG Thomas     
 BLEVINS Christopher     
 HEALY Ben     
 WALKER Max     
 LAMPERTI Luke  +0:31     
10 Team Arkéa Samsic21:501:2850.015  
 BOUET Maxime     
 OWSIAN Łukasz     
 SWIFT Connor     
 MCLAY Daniel   

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
13▲2
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers59:40:21
222▲20
 DENNIS Rohan
INEOS Grenadiers 0:06
32▼1
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma 0:16
47▲3
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step 0:23
510▲5
 HONORÉ Mikkel Frølich
Deceuninck – Quick Step ,,
630▲24
 EENKHOORN Pascal
Team Jumbo-Visma 0:38
711▲4
 WOODS Michael
Israel Start-Up Nation 0:49
821▲13
 MARTIN Dan
Israel Start-Up Nation ,,
99
 SBARAGLI Kristian
Alpecin-Fenix 1:03
1013▲3
 MEURISSE Xandro
Alpecin-Fenix ,,
1118▲7
 DONOVAN Mark
Team DSM ,,
121▼11
 CARPENTER Robin
Rally Cycling 1:06
134▼9
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team 1:10
1417▲3
 JORGENSON Matteo
Movistar Team 1:14
1512▼3
 SHAW James
Ribble Weldtite Pro Cycling 1:15
1626▲10
 ROCHE Nicolas
Team DSM ,,
1737▲20
 RODRIGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 1:20
1825▲7
 GIBSON Matthew
Ribble Weldtite Pro Cycling 1:27
1949▲30
 PORTE Richie
INEOS Grenadiers 1:28
2015▼5
 SWIFT Connor
Team Arkéa Samsic 1:34

やはり、TTスペシャリストが3人いるイネオスが強かった。ワウト・ファンアールトは、パスカル・エーンクホーンのパンクがなければ、ひょっとすると総合トップだったかもしれない。

でも、これもレースだ。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers26
22
 TOWNSEND Rory
Canyon dhb SunGod21
33
 ALAPHILIPPE Julian
Deceuninck – Quick Step19
45▲1
 VAN AERT Wout
Team Jumbo-Visma15
54▼1
 CARPENTER Robin
Rally Cycling15
66
 NIZZOLO Giacomo
Team Qhubeka NextHash15
77
 SERRANO Gonzalo
Movistar Team14
88
 EEKHOFF Nils
Team DSM14
910▲1
 SBARAGLI Kristian
Alpecin-Fenix13
109▼1
 PETERS Alex
SwiftCarbon Pro Cycling13

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 SCOTT Jacob
Canyon dhb SunGod27
22
 CARPENTER Robin
Rally Cycling15
33
 SESSLER Nícolas
Global 6 Cycling12
44
 DLAMINI Nic
Team Qhubeka NextHash8
55
 WALKER Max
Trinity Racing8
67▲1
 STOCKWELL Oliver
Great Britain4
78▲1
 MAZZONE Leon
Saint Piran4
86▼2
 BJERGFELT William
SwiftCarbon Pro Cycling4
99
 DILLIER Silvan
Alpecin-Fenix3
1010
 PORTE Richie
INEOS Grenadiers2

※ハイライト動画はのちほど追加予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました