ロードバイクの情報を発信しています!

パリ~ニース第2ステージ スプリンターステージを制したのは?

海外情報
Photo credit: Philippe Charles on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA
この記事は約10分で読めます。

パリ〜ニースはフランス北部に滞在し、アミリーへのフラットステージとなる。

第1ステージに続いて、最後は集団スプリントとなるだろう。ただ、風には注意だ。

 Bahrain – Victoriousからは、新城幸也も出場している。今シーズン初出場だ。放送で映ると良いのですけどね。

 

スポンサーリンク

第2ステージ オワンヴィル=シュル=モンシアン〜アミリー 188㎞(平坦)

第2ステージコースマップ photo paris-nice.f

 

2日目は、パリの北西約50 km、オワンヴィルシュルモンシエントの村でスタートする。

途中、コート・ド・グランジュ・ル・ロワの山岳ポイントがあるが、1.3kmで4%の登りなので逃げ集団がさらっていくだろう。

スプリントポイントは2箇所。ポイント賞をサム・ベネットは狙ってくるのかな。

 

逃げは二人

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

 

最初に二人逃げていたのだけど、放送が始まった時にはもう捕まっていた。

最大4分まで開いていたけど、捕まえるのが早過ぎ。サンデル・アルメは昨日落車してたのだけど、逃げているくらいだから大丈夫そうですね。

ドリース・デポントは、ベルギーチャンピオンジャージで参戦。ただ、ジャスパー・フィリップセンと共にゴールを狙えば良いと思っていたので、捕まって良かったかも。

  1. ドリース・デポント(Alpecin-Fenix)
  2. サンデル・アルメ(Team Qhubeka ASSOS)

 

だが、こうなると集団はまったりサイクリングになってしまう。時速30km/hで走られてはゴールまで3時間くらいかかってしまうぞ。

 

クイックステップがラスト70kmから攻撃を開始する。これは~。

 

横風分断だ。後ろに取り残されているライダーは誰だろう?

 

こちらは取り残されているグループ。かなり前とは離れている。

 

BORAのニルス・ポリッツはリアディレイラーを足でつついている。ギアチェンジしないようだ。サボートカーに直して貰っている。

 

約10kmちょっとで、集団は戻った。一番後ろのグループだけ十数人が戻れていない。もうすぐ、追いつきそうだけど。

集団先頭には、トニー・マルティンの姿が見られる。平地は3人分の働きをしますからね。

 

約15kmかけて、最終グループが合流かな。あと少しで追いつく。横風分断で、誰が遅れていたら攻撃を続けていたんでしょうね。

 

世界一の逃げ屋、トーマス・デヘントは集団の後ろでヒラヒラしている。まあ、逃げているライダーもいないし、今は仕事がないですからね。

 

トニー・マルティンとローハン・デニスの元世界TTチャンピオン同士は、何を話しながら走っているのかな。

 

2回目のスプリントポイントはアンドレ・グライペルが1位通過。2位はマイケル・マシューズ。3位はニルス・ポリッツが獲得。

1回目のスプリントポイントはマイケル・マシューズが1位通過している。

 

ジョージ・ベネットは町中の狭い道で落車。多分、黄色い柵にぶつかったようだ。ヘルメットが割れているが大丈夫なのかな?   脳震盪が心配だ。

ジョージ・ベネットはニュージーランドチャンピオンジャージを着ている。デザインがダメだとか言われていたけど、元のデザインと比べると白と黒のデザインが逆転してますね。

こちらはジョージ・ベネットが落車してからの様子。脳震盪プロトコルは機能してたのかな。

 

カーブ手前で落車発生。

 

VUILLERMOZ Alexis (Team Total Direct Energie)が腕を押さえている。鎖骨が折れてないと良いのだけど。

 

ジョージ・ベネットはラスト18.6kmで集団に復帰。無事に走れるようだ。

 

ラスト10kmを切って集団のスピードが上がってきたところで二人が落車。

  1. MÜHLBERGER Gregor (Movistar Team)
  2. ARROYAVE Daniel (EF Education – Nippo)

 

ラスト3.6km。かなりスピードが上がっている。

 

トレックがマッズ・ピーダスンのためにペースをあげる。 BORAはパスカル・アッカーマンのためにトレインを組んでいる。

 

ラスト1kmを切って落車。4人が巻きこまれている。BORAはトレインの2人を失ってしまう。

 

Team DSMのトレインが崩れたあとは、トマッズ・ピーダスンを発射するためにジャスパー・ストゥイヴェンが引きまくる。

万全の体制で、ジャスパー・ストゥイヴェンはマッズ・ピーダスンを発射。

 

だが、まくったのはケース・ボル(Team DSM)だ。これはチームに今シーズン初勝利を呼び込むスプリントとなった。

マッズ・ピーダスンはジャスパー・ストゥイヴェンの引きを生かせなかった。サム・ベネットは3位になっている。

リーダージャージは、中間スプリントポイントで1位と2位を獲得したマイケル・マシューズに移っている。

 

こちらは、ラスト1kmからのゴールシーン

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

RnkRiderTeamTime
1 BOL CeesTeam DSM4:27:59
2 PEDERSEN MadsTrek – Segafredo,,
3 MATTHEWS MichaelTeam BikeExchange,,
4 COQUARD BryanB&B Hotels p/b KTM,,
5 BENNETT SamDeceuninck – Quick Step,,
6 DEGENKOLB JohnLotto Soudal,,
7 ACKERMANN PascalBORA – hansgrohe,,
8 BAUHAUS PhilBahrain – Victorious,,
9 PHILIPSEN JasperAlpecin-Fenix,,
10 BARBIER RudyIsrael Start-Up Nation,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
13▲2 MATTHEWS MichaelTeam BikeExchange8:19:23
24▲2 PEDERSEN MadsTrek – Segafredo0:04
31▼2 BENNETT SamDeceuninck – Quick Step,,
441▲37 BOL CeesTeam DSM,,
52▼3 DÉMARE ArnaudGroupama – FDJ0:08
613▲7 GREIPEL AndréIsrael Start-Up Nation0:11
75▼2 BENOOT TiesjTeam DSM0:12
851▲43 VERMEERSCH FlorianLotto Soudal,,
97▼2 STUYVEN JasperTrek – Segafredo0:13
106▼4 SWIFT BenINEOS Grenadiers,,

上位はスプリンターが並んでいる。山岳が始まるまではこんな感じかな。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 BENNETT SamDeceuninck – Quick Step21
23▲1 PEDERSEN MadsTrek – Segafredo21
36▲3 MATTHEWS MichaelTeam BikeExchange19
4 ▼4 BOL CeesTeam DSM15
55 COQUARD BryanB&B Hotels p/b KTM13
62▼4 DÉMARE ArnaudGroupama – FDJ12
77 ACKERMANN PascalBORA – hansgrohe9
84▼4 PHILIPSEN JasperAlpecin-Fenix9
98▼1 BAUHAUS PhilBahrain – Victorious7
1012▲2 GREIPEL AndréIsrael Start-Up Nation5

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 DOUBEY FabienTeam Total Direct Energie10
22 POLITT NilsBORA – hansgrohe3
3 ▼3 ARMÉE SanderTeam Qhubeka ASSOS3
43▼1 BERNARD JulienTrek – Segafredo3
54▼1 OLDANI StefanoLotto Soudal2
65▼1 DECLERCQ TimDeceuninck – Quick Step2
76▼1 PEREZ AnthonyCofidis, Solutions Crédits2
87▼1 JANSEN Amund GrøndahlTeam BikeExchange2
9 ▼9 DE BONDT DriesAlpecin-Fenix2
108▼2 ARMIRAIL BrunoGroupama – FDJ1

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
114▲13 VERMEERSCH FlorianLotto Soudal8:19:35
21▼1 PHILIPSEN JasperAlpecin-Fenix0:02
32▼1 TOUZÉ DamienAG2R Citroën Team,,
44 JORGENSON MatteoMovistar Team,,
55 JACOBS JohanMovistar Team,,
66 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates,,
715▲8 BISSEGGER StefanEF Education – Nippo,,
810▲2 GAUDU DavidGroupama – FDJ,,
913▲4 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech,,
107▼3 PARET-PEINTRE AurélienAG2R Citroën Team,,

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました