ロードバイクの情報を発信しています!

ロマン・バルデはタディ・ポガチャルとレムコ・エヴェネプールを天才だと持ち上げる

海外情報
UnsplashBakhrom Tursunovが撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

ロマン・バルデは、タデイ・ポガチャルとレムコ・エヴェネプールは他の誰よりもレベルが高く、じっと我慢して乗り切るしかないと語っている。

バルデは今年、レムコとは世界選手権で乗ったくらいで、ほとんど一緒にレースをしていない。だが、タデイ・ポガチャルとはツール・ド・フランス、シーズン終盤のカナダとイタリアで間近で見る機会が多かった。

バルデは、2人を「サイクリングの天才」であり、彼らがベストを尽くしたときに直接対決する相手はいないと述べている。

 

スポンサーリンク

ポガチャルとレムコは自転車の天才

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Romain Bardet(@romainbardet)がシェアした投稿

 

ポガチャル、レムコ・エヴェネプールを、あなたはどのように見ていますか?

彼らにはもう1つ特徴がある。彼らは自転車の天才なんだ。彼らが100%のとき、誰も競争できず、お互いに競争する。

彼らは私たち準優勝者のことなど気にしていない。誰もが以前よりも転がっているのがわかる。

登りでの、ペースは信じられないほどだ。チームの構造化が状況を変えた。ビッグツアーでJumbo-VismaやUAE Team Emiratesを見ると、8人のうち5人か6人がリーダーになれる可能性がある。

直接の対戦相手である私たちにとって、それはすぐに複雑になる。これを乗り切るには冷静さを保ち、生き残るために力を調整する必要がある。

 

今のツールは、あなたが表彰台を獲得した2016年や2017年のツール・ド・フランスよりも、レベルが高いですか?

はい、本当に。比較するのは常に難しいが、はい、はるかに優れている。私にとっては、これまでにないジェネレーションウィンドウがあるように感じている。

2016年か2017年に、私の最高の年はまだ先にあると言ったのは空虚な言葉ではなかった。実際に、数字は明らかで、私はその年よりもはるかに強いが、さらに強い若いライダーがいる。

リザルトの面で、私がいる充実の結果を見ることができない。サイクリングは、過去6年間で急速に進化した。

 

良いが、輝きがない

 

ロマン・バルデはTeam DSMで2年目のシーズン。2022ツアー・オブ・アルプスを総合優勝し、絶好調でジロ・デ・イタリアに臨んだ。

イタリアのグランツールでは少なくとも表彰台を獲得する見込みだったが、胃のウィルスにかかり、第13ステージでレースを去ることになった。

その後、ツール・ド・フランスで総合6位に入り、今年最後のワンデーレースでもトップ10入りを果たすなど、復活を遂げた。堅実ではあったが、何か大きなものが足りなかった。

 

安定したシーズンだったと思う。5月のジロでリタイアしてからは、少し調子を崩していた。5月の時点で想像していたような輝きがなかったんだ。

スポーツのレベルでは、とてもいいシーズンだった。今は、常に競争相手に対して評価しなければならない。しかし、5月以外の大きなレースでは、常に2、3人のライダーが上位を占めていた。このような状況で輝くことは難しく、それは現在の自転車競技の状況でもある。

 

5月のジロではもっと輝けていたと思いますか?

それについて話すのはあまり気が進まないので、その下に線を引いている。起こらなかったことの続編を書きたいと思っても意味がない。

素晴らしいレースをするのに最高の状態にあったと思う。すべてがそこにあった。しかし、ジロでのリタイヤに失望したのは明らかだ。

 

2023年のカレンダー計画についてはどうなってますか?

体力的には、これまで身につけた技術をすべて生かしたい。今年のジロ前と同じコンディションに自分を置く機会をうかがうつもりだ。

チャンスがないとは言わないが、ジロの前は6ヶ月間の仕事となる。私は、前進し、本当に良いものになるために、その準備期間が必要だ。

建築はそのままで、そこに到達するための基礎は持っていると思う。コースと自分の資質に基づいて、グランツールをターゲットにしていくつもりだ。

 

2023年のジロはTTの距離が70kmもあり、2022ジロのようにクライマー向けではない。

2023ツールのコースの発表はまだだが、ジロと同じようになるとは思えない。

多くのクライマーがツールに向かうかもしれない。その場合、ロマン・バルデは大きくのライバルと戦うことになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました