ロードバイクの情報を発信しています!

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 初めてモニュメントを制したのは驚きのライダー!

海外情報
Photo credit: Flowizm on VisualHunt
この記事は約11分で読めます。

アルデンヌクラシックの最終戦。これまでの勝者は

最後のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュは、誰が制することになるだろう。

なお、アムステルゴールドで0.004秒差の2位となったトム・ピドコックはフレッシュ・フロンヌの落車により欠場となっている。変更ライダーはエディ・ダンパーだ。

逆に、コロナの擬陽性でフレッシュ・フロンを欠場したUAEは出場。タディ・ポガチャルにマルク・ヒルシの強力なコンビが登場する。

 

スポンサーリンク

リエージュ~リエージュ 259.1km

コースマップ photo aso

 

5つのモニュメントの中で最も古く第107回目を迎える。

モニュメントとは
格式が高く記念碑的な意味合いも含まている5つのクラシックレースのこと。今年の優勝も列挙していおくと

  1. ミラノ〜サンレモ ジャスパー・ストゥイヴェン
  2. ロンド・ファン・フラーンデレン  カスバー・アスグリーン
  3. パリ〜ルーベ
  4. リエージュ~バストーニュ~リエージュ
  5. イル・ロンバルディア

パリ~ルーべはコロナのために延期となったので、今年3番目のモニュメント開催となる。

昨年と同様に、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュは、リエージュのサンランベール広場で始まる。

マーススタトを離れると、259.1kmを超えるレースが実際に始まる。ルート上には11の公式登山があり、勝手にライダーの人数は減っていくだろう。

ただ、勝負所は後半となる。距離も長く獲得標高も多いので、パンチャーよりも、総合力のあるライダーが最後に勝つことになる。

 

7人の逃げ

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

UAE-Team Emiratesは、コロナ陽性の疑いでフレッシュ・ワロンヌを不出場となったタディ・ポガチャル。

水曜日には、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュのコースを200km以上走っている。

金曜日のPCR検査で、出場メンバー全員が陰性だったために出場可能となった。UAE-Team Emirateメンバーは以下でどうぞ。

 

 

マルク・ヒルシは昨年はTeam Sunwebから出て2位。昨年3位だったタディ・ポガチャルと組むのだから最強のコンビと言ってもよいだろう。

ただ、マルク・ヒルシの調子はいまだ上がっていない。シーズンインも遅れており、今回はタディ・ポガチャルのアシストとなるかもしれない。

 

マイケル・ウッズも(Israel Start-Up Nation)は、昨年7位。水曜日のフレッシュ・ワロンヌでは4位と調子を上げている。

このようなサバイバルなコースでは強いライダーだ。

 

昨年優勝のプリモッシュ・ログリッチ。フレッシュ・ワロンヌではゴール手前でジュリアン・アラフィリップに抜かれたが大本命だ。

最後まで残るのは間違いないだろう。

 

フレッシュ・ワロンヌ優勝で調子を上げてきたジュリアン・アラフィリップ。

クイックステップのメンバーについては以下を参考までに。

 

スタートの様子。

 

 

スタートから6キロで早くも7人の逃げが決まる。ワールドチームはトーマス・マルチンスキー(Lotto Soudal)37歳のベテランと、Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxの二人。

Intermarché – Wanty – Gobert MatériauxとプロチームBingoal Pauwels Sauces WBは2名ずつ載せている。

スタートしてすぐに11分までタイム差を開く

  1. トーマス・マルチンスキー (Lotto Soudal)
  2. VLIEGEN Loïc (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  3. ROTA Lorenzo (Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  4. HUYS Laurens (Bingoal Pauwels Sauces WB)
  5. VAN POUCKE Aaron (Sport Vlaanderen – Baloise)
  6. PAASSCHENS Mathijs (Bingoal Pauwels Sauces WB)
  7. HERNETSKI Sergei (Gazprom – RusVelo)

 

 

残り131.8kmで7分24秒のタイム差。すでに4分を縮めてきている。まあ、ゆっくりと捕まえる感じかな。

 

残り99.5kmでBARAのマッティオ・ファブロがパンク。すぐに追いつくだろう。

 

登りでは、ベテランのトーマス・マルチンスキー(Lotto Soudal)が引く。

 

ルイスレオン・サンチェスがアタックをかける。まあ、ペースアップといった感じか。

 

おっと、タディ・ポガチャルもパンクだ。これは急いで戻らないと。

 

集団は下りでは凄いペースで走っている。

 

登りのたびに、誰かがペースアップ。

 

残り59kmで3人が抜け出す。本格的なメンバーの逃げではないけど。

  1. Mark Padun(Bahrain – Victorious)
  2. Mark Donovan(Team DSM)
  3. Harm Vanhoucke(Lotto Soudal)

 

BORAのチェザーレ・ベネッデッテイがパンクだ。

 

先頭集団は最後から4つ目の登りを登っている。メイン集団とは3分48秒のタイム差。

 

メイン集団はクイックステップが引きだす。タイム差は一気に1分縮まってきた。

 

第2集団の3人は先頭まであと1分となっている。残りは39.9kmなので早めに追いつきたいところ。

 

先頭集団は最後から3つ目の登りでバラバラとなる。すでに後方1分30秒までメイン集団は迫ってきた。

 

メイン集団は、イネオスが4人で先頭をひいて前を追っている。

 

先頭二人が捕まるのも時間の問題か。

 

第2集団はイネオスの引く第3集団に残り32.3kmで追いつかれる。

 

メイン集団はかなり人数を減らして前を追っている。あと40秒だ。

 

先頭は再び4人となるが、もう36秒のタイム差しかない。次の展開になりそうだ。

 

単独で抜けていたVLIEGEN Loïcが足がつってしまい二人に追い抜かれる。これは本当に痛い。

 

残り23.2kmで全ての逃げが捕まってしまう。ここからゴールまでに新たな勝ち逃げが出来るはず。

 

さあ、タディ・ポガチャルが揺さぶりをかける。

 

残り21.3kmでリチャル・カラパスがアタックだ。これは、後ろはお見合いになっているので差を開きそうだ。一人なので、すんなり決まる感じか。

 

カラパスは下りを全開で飛ばす。18秒のタイム差を稼ぎだしたが、これではまだ逃げられない。

追っている第2集団は8人。その後ろは10人の第3集団。

  1. タディ・ポガチャル
  2. プリモッシュ・ログリッチ
  3. マウリ・ファンセベナント
  4. ヨナス・ヴィンゲコー
  5. ジャック・ヘイグ
  6. アダム・イェーツ
  7. セルヒオ・イギータ
  8. クインティン・ハーマンズ

 

後ろの集団は合体。リチャル・カラパス一人だけが単独で逃げている。これはカラパスにとっては厳しい。集団はアシストがメイン集団を引き始める。

 

あ~、カラパスは、UAEのダヴィテ・フォルモロの引きで一気に最後の登りで捕まってしまう。

 

登りではマイケル・ウッズの引きでで先頭集団を作り出す。

 

マウリ・ファンセベナントの渾身の引きを生かして、ジュリアン・アラフィリップが先頭集団に入る。

 

これが勝ち逃げグループとなるか。

 

マイケル・ウッズの引きが強烈だ。タイム差は19秒まで開く。全員の利害が一致しているので先頭交代もスムーズだ。

  1. タデイ・ポガチャル
  2. ジュリアン・アラフィリップ
  3. マイケル・ウッズ
  4. アレハンドロ・バルベルデ
  5. ダヴィ・ゴデュ

 

ゴールまで6.2kmで30秒までタイム差を開く。後ろは18人いるが上手く回っていない。

当然前にエースがいるチームは邪魔するので、頑張るのはイネオスとユンボ・ヴィズマなど。あとは、スプリントのための時間を稼ぐだけで良い。

 

アレハンドロ・バルベルデが先頭でスプリントの準備に入る。後ろの集団が見えているのであまり牽制する暇はない。

 

アレハンドロ・バルベルデ、マイケル・ウッズ、ダヴィ・ゴデュ、ジュリアン・アラフィリップの並び。最後尾はタディ・ポガチャル。

 

アレハンドロ・バルベルデが先頭からスプリントを開始するが、ジュリアン・アラフィリップがまくり横一線となる。

これは最後に勝つのは誰だ~

 

勝ったのはタディ・ポガチャルだ~!

なんと、フレッシュ・ワロンヌをチームのコロナ問題のために欠場したポガチャルが勝ってしまうとは~。

ジュリアン・アラフィリップのホイールについたのは大正解だ。冷静に誰が一番強いかを良くわかっている。

 

タデイ・ポガチャルは見事にモニュメントを制した。これは22歳の彼にとって初めてのモニュメント獲得となる。

ゴール後のインタビューでは

私はこのレースが大好きで、ここでそのようなビッグネームを持つ一流のグループの中で最高であることは信じられないほどだ。

スプリントで、アラフィリップのホイールをターゲットにするのが最善であることがわかっていた。

できるだけ長く彼の後ろにいた。そうすれば彼を素早く追い抜くことができる。それが理想的な戦術であることが判明した。

私がプロトンの中で最大のオールラウンダーであるかどうか? そうは思わないが、私のサイクリングの夢を生きている。

水曜日、フレッシュ・ワロンヌでのスタートが許可されなかったため、とても失望した。出場した勝者のマルク・ヒルシなどと一緒に、そこには強力なチームと素晴らしい機会があったはずだ。

しかし、それは私たちに今日うまくいくための追加のモチベーションを与えたんだ。

 

スプリントには強いアレハンドロ・バルベルデやジュリアン・アラフィリップを破っての勝利は素晴らしい。戦術もクレイバーだ。

ツール・ド・フランスの勝利に続いて、クラシックも制覇してしまうとは。偉大なライダーとして歴史に名を残すことになりそうだ。

 

こちらはハイライト動画
Liége-Bastogne-Liége 2021 | Elite Men’s – Highlights | Cycling | Eurosport

 

 

こちらはラスト1kmから

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates5002756:39:26
2 ALAPHILIPPE JulianDeceuninck – Quick Step400200,,
3 GAUDU DavidGroupama – FDJ325150,,
4 VALVERDE AlejandroMovistar Team275120,,
5 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation225100,,
6 HIRSCHI MarcUAE-Team Emirates175900:07
7 BENOOT TiesjTeam DSM15080,,
8 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo12570,,
9 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe100600:09
10 MOHORIČ MatejBahrain – Victorious8550,,

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました