ロードバイクの情報を発信しています!

サーキット・デ・ゲッチョ・メモリアル・リカルドオチョア 登りゴールの勝者は?

海外情報
photo puntagalea
この記事は約12分で読めます。

スぺインのバスク地方で行われたクラシカ・サンセバスティアンの翌日におこなれるサーキット・デ・ゲッチョ。(Circuito de Getxo – Memorial Hermanos Otxoa)

1924年に初開催され、2001年以来、元サイクリストのリカルド・オチョアを記念して、メモリアル・リカルドオチョアとしても開催されている。

2001年2月15日の練習中に、双子の兄弟であるハビエル・オチョアとリカルド・オチョアが交通事故にあう。

リカルド・オチョアは即死。ハビエル・オチョアは脳に障害が残り、事故やツールのステージ優勝などの記憶は残っていなかったが、2004年にアテネパラリンピックに出場してロードとTTで金メダルを獲得している。

 

スポンサーリンク

ビルバオ~ゲッチョ 193.7km

コースマップ photo puntagalea

 

ルートは周回コース。前半25.5kmの周回を6周。後半は地図の下側の周回コースを1周してゴールする。

 

コースプロフィールphoto puntagalea

 

周回コースの中には2箇所の登りがあり、最終周回だけ2級山岳が最後に組み込まれている。

  1. 3級山岳 0.8 km・6.8%
  2. 3級山岳 5.6 km・2.8%
  3. 2級山岳 2.2km・9.2%

 

2級山岳頂上からゴールまでは16kmあるので、追いつく可能性はあるがゴールも登っている。ただ、スプリンターが絶対に勝てないコースではない。

2015年には、ナセル・ブアニが勝利していることからもわかる。2020年の優勝はジロ総合2位となった、Bahrain Victoriousのダミアーノ・カルーゾ。

クラシカ・サンセバスティアンから連続して出場するライダーも多い。

 

リアルスタートまで

eitb.eus ストリーミング スクリーンショット 以下同様

スペインのサイトでスタート前からストリーミングをしていたので観戦。

 

リアルスタート前はスペインのプロチームが先頭付近を固める。

 

photo puntagalea

今回プロチームの参加は上記のチーム。8チームで7名編成。

 

photo puntagalea

コンチネタルチームは、5チーム。

 

マッティオ・トレンティンがリアルスタート前から遅れている。何でかな。

 

アタック合戦

リアルスタートから一列棒状。

 

トレックのスペイン人、フアン・ロペスが飛び出すがすぐに捕まる。

 

アルケア・サムシックのトマ・ブタを含む5人が抜け出すけれど、これま決まらず。

 

何故かわからないけど、スペインの英雄ミゲール・インデューラインの再来と言われているフアン・アユソーが遅れている。

登りで少し詰まった時に、遅れたのかな。先日、Prueba Villafranca – Ordiziako Klasika (1.1)を見ていたら、最後のゴールで2番手につけていたので、勝ったと思った。だけど、ルイスレオン・サンチェスをまくれず2位。プロ初勝利を逃している。

 

BORAのマッティオ・ファブロとBahrain Victoriousのステューブン・ウィリアムズが良い感じで抜け出るけど、これも吸収される。

 

BORAが先頭を固めて登りでペースを作る。決定的な登りの勾配ではないので序盤では絞れないだろう。

 

BORAの攻撃が実って、ようやく5人が少し抜け出る。ウィルコ・ケルデルマンが逃げに入った。

トレックからは、ジャンルーカ・ブランビッラも入っているけど、タイム差が開いているほどではない。

 

後方からも追いついて、先頭は大きな集団となる。最後尾はモビスターのヨハン・ヤコブス。だが、この大きな先頭集団も潰されてしまう。

 

12人の逃げ

60kmに及ぶアタック合戦の末に、ようやく逃げが決まる。54秒もタイム差をつけたのは初めてだけど、残り120kmもあるので勝ち逃げとはならないかも。

 

集団は、逃げにメンバーをのせていない、Team Qhubeka NextHashとCofidis, Solutions Créditsがメインで引いている。

 

逃げには、昨日のクラシカ・サンセバスティアンで2位に入ったマテイ・モホリッチも入っている。

  1. ジャンルーカ・ブランビッラ Trek-Segafredo
  2. アントニオ・ニバリ Trek-Segafredo
  3. マッティオ・トレンティン UAE Team Emirates
  4. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  5. ダイエル・キンタナ Team Arkéa-Samsic
  6. マティス・ルーヴェル Team Arkéa-Samsic
  7. トマ・ブタ Team Arkéa-Samsic
  8. ジョヴァンニ・アレオッティ  BORA-hansgrohe
  9. マティアス・イェルゲンセン Movistar Team
  10. ルイス・マス Movistar Team
  11. アントニオ・ヘスス・ソト  Euskaltel – Euskadi
  12. ヴィチェンツァオ・アルバネーゼ EOLO-Kometa

 

マテイ・モホリッチは、チームカーからボトルを貰う。今日も途中からアタックをかけて逃げるかな。

 

すでに100kmを走って、av48.3km/hと猛烈に速い。下りも70km/hオーバーで進むし、登りも短いので速い。タイム差は1分40秒まで広がった。

 

マッティオ・トレンティンもUAEに移籍してから勝利がない。そろそろ逃げ切りもしたいところ。

 

タイム差は、広がらなくなった。各チーム満遍なく入っているので、追うチームが少ないのだけど追走も頑張っている。

 

Bahrain Victoriousのマーク・パデュンは登りで遅れて立ち止まってしまう。左肘に包帯をしており、調子がよくないのか。昨日のクラシカ・サンセバスティアンでは13位に入っているのだけど。

 

Team Qhubeka NextHashは、ジャコモ・ニッツォーロで勝利を狙いたい。登りゴールに対応出来るかな。

 

タイム差が一時1分20秒程度まで縮まったが、再び1分40秒まで広がる。

 

Bahrain Victoriousは、マテイ・モホリッチが逃げているのに集団先頭で引いている。これまでも何度が見たけど、何故こんな走りをするのか理解できない。

残り3周のゴール地点を越える。

 

ウィルコ・ケルデルマンがBahrain Victoriousの引きを利用して4人の追走集団を作りだす。Bahrain Victoriousは、サンティアゴ・ブイトラゴが4人に入っている。だが、この追走も集団に捕まる。

 

先頭も追走がかかっているので、動きが出る。アントニオ・ニバリなどは中央分離帯を越えて走っている。

 

先頭は登りで5人となる。

  1. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  2. アントニオ・ヘスス・ソト  Euskaltel – Euskadi
  3. マティアス・イェルゲンセン Movistar Team
  4.  マッティオ・トレンティン UAE Team Emirates
  5. ヴィチェンツァオ・アルバネーゼ EOLO-Kometa

 

最後尾を走るマテイ・モホリッチは、自分のチームが追っていることをどう思うのだろう。

 

約20人の追走がBORA-hansgroheを先頭に迫ってきている。すでに長い直線では前の5人を視界に捉えている。あと少しで追いつくだろう。

 

BORA-hansgroheは、多くのメンバーを残しており追いつくのに全員で回している。先頭はパトリック・コンラット。

 

追走にはジャコモ・ニッツォーロが残っており、追いつけばスプリントを狙える。残り31kmで22秒なので、そろそろ捕まえる頃か。

 

先頭からマッティオ・トレンティンがアタック!

 

マテイ・モホリッチが追走する。

 

マッティオ・トレンティンのアタックは決まらない。

  1. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious
  2. マティアス・イェルゲンセン Movistar Team
  3. マッティオ・トレンティン UAE Team Emirates
  4. ヴィチェンツァオ・アルバネーゼ EOLO-Kometa

 

先頭の足が止まってしまう。これは吸収されることを考えて足を残している。カウンターがかかるはずだ。

 

マッティオ・トレンティンがまたもアタック!

 

マテイ・モホリッチが追走する。

 

マテイ・モホリッチが追いついて二人となるが、タイム差は10秒だ。

 

あ~、残り20.8kmで二人は捕まってしまう。これで逃げはなくなった。

 

2級山岳 2.2km・9.2%

モビスターのマティアス・イェルゲンセンを先頭に登り始める。

 

モビスターのアンドレア・ゴンザレスがアタック!

 

少し集団を引き離している。プエルトリコチャンピオンだ。

 

Bahrain Victoriousの、サンティアゴ・ブイトラゴが追いついてくる。

 

2級山岳は、二人で越えていきそうだ。

 

ジュリオ・チッコーネがチョザーレ・ベネデッテイと8秒差で追走。

 

下りで二人が追いついた。

  1. ジュリオ・チッコーネ Trek-Segafredo
  2. サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious
  3. アンドレア・ゴンザレス Movistar Team
  4. チェザーレ・ベネデッテイ BORA-hansgrohe

さらに下りで追いついてきそうだ。

 

イーデ・シュリングも追いつきそうだ。

 

結局、下りで10人ほどになった。

 

更に後ろからルイスレオン・サンチェスも追っている。

 

イーデ・シュリングがスルスルと先頭からアタックをかける。残り6.3kmなので逃げ切れる距離だ。

 

チームメイトが追走を邪魔する。ジャコモ・ニッツォーロについて来られると困る。

  1. チェザーレ・ベネデッテイ BORA-hansgrohe
  2. ジャコモ・ニッツォーロ Team Qhubeka NextHash
  3. サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious

 

イーデ・シュリングは追いつかれて4人に。

 

二人いるBORAは、イーデ・シュリングがチェザーレ・ベネデッテイをアシストするだろう。

 

ラスト1kmのゲートをくぐった。4人の勝負だ。

 

イーデ・シュリングがチェザーレ・ベネデッテイを引く。

 

先頭はイーデ・シュリングのままだ。残り400mなのでスパートしないとジャコモ・ニッツォーロが有利になる。スプリントになったら絶対に勝てない。

 

サンティアゴ・ブイトラゴが早めのスプリントをかける。

 

サンティアゴ・ブイトラゴはジャコモ・ニッツォーロを引き離せるか?

 

だが、ジャコモ・ニッツォーロが前に出る。

 

ジャコモ・ニッツォーロが登りを駆け上がる!

 

ジャコモ・ニッツォーロのスプリントが速い!

後ろを2度ほど確認している。余裕だ~。

 

ジャコモ・ニッツォーロが登りきった~。今シーズン3勝目をあげた。チームの5勝のうち実に3勝はニッツォーロの勝利だ。

BORA-hansgroheは、二人もいたのにスプリンターのジャコモ・ニッツォーロにはかなわなかった。最後のロングスプリントをかまさないとニッツォーロは落とせない。

見事に、凌いだジャコモ・ニッツォーロの力業だった。

 

ジャコモ・ニッツォーロは、表彰式で帽子のかぶり方を指導されてしまう。思わず苦笑い。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 NIZZOLO Giacomo
Team Qhubeka NextHash125754:12:24
2
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe8555,,
3
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious7040,,
4
 GONZÁLEZ Abner
Movistar Team60320:12
5
 SCHELLING Ide
BORA – hansgrohe5028,,
6
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo4024,,
7
 COVI Alessandro
UAE-Team Emirates35200:54
8
 SÁNCHEZ Luis León
Astana – Premier Tech30181:04
9
 TRENTIN Matteo
UAE-Team Emirates2516,,
10
 SOTO Antonio Jesús
Euskaltel – Euskadi20141:26

※ハイライト動画はのちほど追加予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. er4b より:

    BORAの91番はベネディッティじゃなくてアレオッティですね。
    2021年よりFriuliから3年契約で採ったBORA期待の新鋭クライマーみたいです。

タイトルとURLをコピーしました