最強寒波の中 島練へ

数年に一度の最強寒波の影響か?  昨夜からチラチラと雪が舞っており、車にはうっすらと雪が積もってました。天気予報でも、北部は一日雪の予報。

これは、流石に日曜朝練はまともに走れないなあと判断。朝になって連絡とってみると、昨日走っていない番長と最強ブルぺライダーが島練に行ってくれることに。これは良い練習になると思い昨日の装備に、半袖インナーを一枚プラスして更なる人体実験にチャレンジの日となりました。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

1℃からスタート

自宅を出た時には、マイナス1℃。下界はプラス1℃。本日の最高気温は昼間でも6℃までしかあがりませんでした。島でも最後は雪が舞うような荒れ模様の天候(@_@)

合流してから、いつもならば追い風で爆走出来る区間が何故か向かい風。

結構身体が暖まったのと、風の抵抗があまりにも大きい為にウインドブレーカーを脱いでみました。

様子を見る為に、二人に

しばらく後ろで耐えます!

と、言ってツキイチ君になってました。後ろにいると、なんとか走れるのですがやはり肩付近がかなり冷えます。この時の気温は2℃くらい。向かい風の為にスピードが上がっても38キロくらいでの巡航でした。

2駅区間ほど、ツキイチ君をさせて貰って走れそうなので先頭交代に参加。

脱ぐと冷える

瀬戸内クルーズパスを貰ってから、走り出すのですが少ししてウインドブレーカーを脱ぎました。すると、すさまじい向かい風区間があらわれて、ミルミルうちに心拍が上がって、ハアハアゼえゼえと言い出す始末(ーー゛)

身体が体温を保つために、頑張って心拍を上げているようです。少し汗をかいた状態でウインドブレーカーを脱いだので、冷えてしまったようです。

ここで、結構冷えバテになりました。

2度目の休憩でルート変更

どうやら、ここまで向かい風だった為にスピードが上がらず、いつものフェリーに間に合わないようです。av35でぶっとばせば間に合いますが、向かい風ならば絶対にアウト!

と、いうことでルートをロングに変えて昼飯を食べて走ることに。

さくらのうどん

寒いと、ハンガーノックになりやすいです。エネルギーの消耗が速いのでしょうね。

タダ、私はがっつり食べると走れないタイプなのです。

なので、食べ終わって走り始めた途端にバックアタック。と、いうかなんで普通にすぐに走れるのか(?_?)  そちらのほうが不思議なんですけど~。

一人ショートカット

番長は距離を乗りたいということで、島の海岸線を走るコースに曲がっていった。

ヤバイ、そちらはアップダウンコースだ。私はうどんが身体の中でアップダウンするので、一人ショートカットでフェリーを目指すことに変更。

二人は、間に合わすためにカッ飛んで行きました。

一人で走っていると、雪が舞いだして気温は3℃くらいまで低下。ですが寒さ対策してあるのでチンタラ走っても全く問題ありませんでした。

ウインドブレーカーはあったほうが良い

フェリー乗り場には、30分前には着きました。二人はぶっ飛ばしてギリギリで到着。

番長は寒さとカッ飛ばした為に、足の売り切れで死にそうになったとか。とてつもなく良い練習になったようです。

今日のように風の強風が吹き荒れる日には、私はウインドブレーカーがあつたほうが良いようです。高価な高機能ジャケットでもあれば別なんでしょうけれども、タイマイハタイテ効果がなかったら困るので躊躇してしまいます。

私のウインドブレーカーはアリババの1,000円くらいの安物ブレーカーなのでダブダブです^^;

凄まじい風の抵抗を感じながらいつも走ってます。タイトなウインドブレーカーが欲しいです!

Roppongi Express高岡選手の着ているウインドブレーカーはというと。写真から見るとGORE ONEなのではないでしょうか?  折りたたむと107gでポケットに入るサイズ。お値段はう~ん。凄い価格なんですけど~。さすが一流選手は違います。
|GORE BIKE WEAR®(ゴアバイクウェア)|PR International
1111

冬は島かなあ

今日の北方面は、島からみても真っ白に見えて雪がザンザカ降っているようです。路面が悪いなか、なんとか走るのが良いか、島で距離を稼ぐのがよいか。悩む所です。

ドライならばチーム朝練でスピードあげてのインターバルと集団走が良いです。

今日のように、路面が凍結していることに注意しながら走るのならば島練のほうが良いかもしれませんね!

はやく春が来て暖かくなって欲しい気分です。

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする