ロードバイクの情報を発信しています!

3度のシクロクロス王者ゼネク・スティバルがターボルで最後を飾る

海外情報
Photo credit: Alex Robbins on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

ゼネク・スティバルは、UCIシクロクロス世界選手権を2010・2011・2014年と3回勝利している。

現在のワウト・ファンアールトや、マチュー・ファンデルプールの先駆けとなったライダーだ。2013年からはシクロクロスから完全にロードに転身。

だが、ロードレースから引退したゼネク・スティバルが最後に選んだレースは、原点であるシクロクロス。母国ターボルでの世界選手権だった。

 

スポンサーリンク

最後の走り

 

ゼネク・スティバルは、14年前の2010年ターボルで初めてのシクロクロス世界王者となっている。

ゴール手前から、すでにチェコの観客に手を振りながら、涙ぐんで走っていた。レース後のインタビューでも涙する場面も。

 

もしかしたらもう1年レースできたかもしれないが、今日より良い結末は考えられなかった。ライダーたちはいつもお別れレースの準備で忙しい…だがここにはベルギー人もチェコ人も全員いる。とても感謝している。

とても特別な1週間だった。クリスマスが終わっても、これはお別れツアーだった。最後の1周でパンクしてしまった。

一方では、もう少し長く楽しむことができたし、他方では、セカンドウィンドが吹き始めていたのに、残念だった。

だから突然、観客を楽しませることになったんだ。それは信じられないことだった。最後の1周は本当に涙を流したよ。表彰台でもね。

夢のような別れだった?

それ以上だよ。これ以上の別れはない。僕のキャリアはここで始まり、大観衆の中で終わった。大声援とスタンドのサポーターで頭が痛くなったよ。信じられないよ。一生忘れられない瞬間だし、感謝している。

表彰台はとても特別だった。私はキャリアを通じてすべてのカップとメダルを手にした。両親は…辛くなって、ただ…。

多くの人たちが、悪い時に私の味方をしてくれた。それでもこの表彰台で経験できること、それだけが僕の望みだった。本当にありがとう。

 

 

ゼネク・スティバルは、引退するけれど、自転車に乗ることをやめることはない。自宅近くにはマチュー・ファンデルプールが住んでおり、二人はコロナでレースがなかった時にも一緒に乗っている。

マチュー・ファンデルプールのトレーニングに付き合うためにも、自転車をやめる訳にはいかないのだ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました