ロードバイクの情報を発信しています!

ワウト・ファンアールトは再びスプリンターに戻る 98%でも勝てる可能性はある

海外情報
Image by r17frances from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ワウト・ファンアールトはツールの第1週でマイヨ・ジョーヌを着用することを目指していた。

その計画は、第5ステージの個人タイムトライヤルでも変わらない。

そのため、スプリントステージではゴールに参加せず、体力の温存に努めていた。

だが、第5ステージの個人タイムトライヤルでは優勝候補として望んだが、結果は4位。トップのタデイ・ポガチャルから30秒も遅れてしまう。

 

スポンサーリンク

TTの足がなかった

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wout van Aert(@woutvanaert)がシェアした投稿

 

ワウト・ファンアールトは、頑張ってミスはなかったと言うが、思い通りの足がなかったことを認めている。

タイムトライヤルには、大きな期待を寄せていただけに失望したと。

いくつかの技術的な曲がりのある起伏のあるコースはワウト・ファンアールトの為に作られたようなコースだった。

それは、ギアの選択からもわかる。ワウトは、マチュー・ファンデルプール、タディ・ポガチャルと同じ58Tの巨大なギアを使っていた。

午前中にコースを試走した時に、すでに難しいことはわかったと言う。完璧な足がなかったために、最初の上昇の後に続けてプッシュし続けることが出来ていない。

 

スプリントを狙う

ワウト・ファンアールトの状態は98%だと言う。これは、5月初旬の盲腸の手術による影響だ。

1か月前に初めてタイムトライヤルバイクに乗っている。ただ、少ない日数しかTTバイクではトレーニング出来ていない。

まずは、一般的な力を取り戻すのが先決だったからだ。

チームも、第1週でのワウト・ファンアールトのマイヨ・ジョーヌを計画して後押ししていたが、それはかなわない夢となってしまった。

計画は失敗したが、今後数日は成功のチャンスがまだある。ワウト・ファンアールトはスプリントに参加することを明言している。

ステージ優勝を狙うのだ。

ベルギーチャンピオンは彼の能力が100%でなくても、パンチスプリントに勝つことが出来る。それだけ力を持っている。

いよいよ、ワウト・ファンアールトのスプリントが見れる時がやってきた。ゴールを駆け抜けるワウト・ファンアールトの姿が見れることを期待しておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました