ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ヨーロッパ選手権個人タイムトライヤル あ~ガンナ!

海外情報
Photo credit: digital cat  on Visualhunt.com
この記事は約8分で読めます。

ヨーロッパ選手権ロードは、オランダのファビオ・ヤコブセンが勝利。イタリア連覇の記録を阻止することに成功した。

 

1995年から選手権は開催されているが、個人タイムトライヤルは2016年から始まっている。

欧州の個人タイムトライヤルの栄冠は誰が奪い取るだろうか?

 

過去の優勝者

  • 2021 シュテファン・キュング 
  • 2020 シュテファン・キュング
  • 2019 レムコ・エヴェネブール
  • 2018 ヴィクトール・カンペナールツ
  • 2017 ヴィクトール・カンペナールツ
  • 2016 ヨナタン・カストロピエホ

 

スポンサーリンク

フュルステンフェルトブルック~フュルステンフェルトブルック 24km

コースプロフィール photo munich2022

 

個人タイムトライヤルは、ミュンヘンの西約 30 キロのフュルステンフェルトブルックで開催される。スタートは、フュルステンフェルトブルック修道院の前から。

高低差もあまりなく、ブレーキをかけないといけない箇所も10か所くらい。av50km/hを越えることが予想されるのでトップタイムは30分を切ってくるはず。

 

注目のライダーは

  •  Italy フィリッポ・ガンナ、マッティオ・カッタネオ
  •  Switzerland シュテファン・キュング、シュテファン・ビッセガー
  •  Germany マキシミリアン・ヴァルシャイド
  •  Poland マチュイ・ボドナル
  •  Netherlands ヨス・ファンエムデン
  •  Denmark ミッケル・ビョーグ

 

マッティオ・カッタネオ イタリア

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

イタリアの二人の代表の一人。Quick-Step Alpha Vinyl Teamで走るマッティオ・カッタネオ。

 

マッティオ・カッタネオは、暫定1位の28分41秒。av50.0km/h。

 

シュテファン・ビッセガー スイス

ウォームアップするシュテファン・ビッセガー。

 

いつもの宇宙人ヘルメットPOCでスタート。

 

 

シュテファン・ビッセガーは、中間計測でトップタイムを更新。

 

前走者を追い抜いていく。

 

ゴールでは、ベン・ヒーリーの記録を大きく上回った。

 

シュテファン・ビッセガーの記録は、27分6秒。av53.137km/h。暫定トップだ。

 

ミッケル・ビョーグ デンマーク

2017年から3年連続世界選手権U23個人タイムトライヤルで優勝しているミッケル・ビョーグ。エリートに上がって中々勝利は得ていない。

 

これは、シュテファン・ビッセガーの記録には届かない。

 

この日のゴールタイムは、27分33秒。暫定2位となり、シュテファン・ビッセガーの隣のホットシートに座ることに。

 

ヤン・トラトニク スロベニア

スロベニアTT王者のヤン・トラトニクがスタート。

 

ヤン・トラトニクはシュテファン・ビッセガーの中間タイムに大きく及ばない。ゴールタイムは、27分47秒。

 

シュテファン・キュング スイス

昨年の王者、シュテファン・キュングスタート。

 

 

注目の中間計測で、シュテファン・ビッセガーの記録を3秒も上回った。これはトップタイム更新となるか。

 

あ~、なんとシュテファン・ビッセガーの記録に0.3秒及ばない!

この時点で、シュテファン・キュングの連覇はなくなった。あとは、ガンナの記録を待つことになる。

 

フィリッポ・ガンナ イタリア

アップするガンナ。アイスベストを着ている。

 

さあ、いよいよトップガンナことフィリッポ・ガンナの登場だ。

 

さあ、世界チャンピオンのスタートだ。

 

ガンナは最初の登りの計測では、シュテファン・ビッセガーの記録を上回っている。

 

なんと、中間計測でシュテファン・キュングから1秒遅れている。ベストなガンナの調子ではない!

 

ゴールでのガンナの記録は、27分15秒。av52.844km/h。なんと、シュテファン・キュングよりも、8秒遅く、シュテファン・ビッセガーの記録よりも9秒悪い結果に。

 

 

まさかの世界チャンピオンの敗北だ。世界選手権を前にして不安材料となるレースとなった。

 

ガンナのゴールの瞬間にシュテファン・ビッセガーは立ち上がって喜びを爆発。ツール第1ステージで2度も落車した苦しみから解放されることになった。

シュテファン・ビッセガーは、1年間欧州チャンピオンジャージを着てタイムトライヤルを走ることになる。結局、国別ではスイスの連覇という形になった。

 

スポンサーリンク

リザルト

シュテファン・ビッセガーのコメント(公式サイトより)

今年はツールで2度の転倒があり、年初は病気がちで、不運続きだった。これで残りのシーズンのモチベーションが上がったよ。

RnkRiderTeamUCITimeAvg
1
 BISSEGGER Stefan
Switzerland700:27:0653.137
2
 KÜNG Stefan
Switzerland550:0153.104
3
 GANNA Filippo
Italy400:0952.844
4
 BJERG Mikkel
Denmark300:2752.269
5
 BODNAR Maciej
Poland250:3751.954
6
 HEALY Ben
Ireland200:5651.367
7
 VAUQUELIN Kévin
France151:1250.883
8
 HULGAARD Morten
Denmark101:1350.853
9
 VAN EMDEN Jos
Netherlands51:2250.585
10
 KANGERT Tanel
Estonia31:2650.467
11
 AHLSSON Jacob
Sweden 1:3450.233
12
 HERREGODTS Rune
Belgium 1:3850.116
13
 TRATNIK Jan
Slovenia 1:4150.029
14
 CATTANEO Mattia
Italy 1:4250.000
15
 LAZKANO Oier
Spain 1:4549.913
16
 HEIDEMANN Miguel
Germany 1:4649.885
17
 KEPPLINGER Rainer
Austria ,,49.885
18
 BÁRTA Jan
Czech Republic 1:5249.712
19
 PEÁK Barnabás
Hungary 1:5449.655
20
 MACIEJUK Filip
Poland ,,49.655
21
 ROUX Anthony
France 2:0649.315
22
 OTRUBA Jakub
Czech Republic 2:0749.287
23
 ILIĆ Ognjen
Serbia 2:0849.259
24
 ŠIŠKEVIČIUS Evaldas
Lithuania 2:1749.007
25
 WALSCHEID Max
Germany 2:4248.322
26
 CRISTA Daniel
Romania 3:0547.708
27
 ȚVETCOV Serghei
Romania 3:0947.603
28
 ŽUMER Matic
Slovenia 3:1647.420
29
 DINA Márton
Hungary 3:2447.213
30
 ÓMARSSON Ingvar
Iceland 4:0746.129

コメント

タイトルとURLをコピーしました