ロードバイクの情報を発信しています!

トム・ピドコックは東京オリンピックに向けてどのMTBバイクに乗る? ピナレロはMTBを作るのか?

機材情報
Photo credit: Dimas_ on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

トム・ピドコックはイネオスにに移籍して1年目にして大きな足跡を残している。

残念ながら、ロードスケジュールを延長して出場する予定だった、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュには出れなかったけど。

トム・ピドコックは、東京オリンビックMTB出場に向けてロードスケジュールを一時停止。

MTBに切り替えている。だが、イネオスのバイクサボートのピナレロにはMTBは存在しない。

そのためピドコックが使用するMTBは何になるのか注目されていた。どこのMTBに乗るのだろう。

 

スポンサーリンク

ワールドカップとオリンピックで使用

トム・ピドコックが選択したバイクはこちら

Image credit: Indeos Grenadiers

 

トム・ピドコックが使用するのは、ブランド化されていないBMC Fourstrokes。黒塗りされていてブランド名は消されている。

これまでトム・ピドコックはスぺシャライズトのMTBに乗っていた。でもまあ、イネオスに所属してスペシャライズドに乗り続けるのもチーム事情として難しかったのかもしれない。

 

Fourstrokeは、フローティングリアトライアングルと逆さまのショックマウントを備えている Image credit: BMC

 

トム・ピドコックは、イネオス・グレナディアーズのマウンテンバイクの存在感を先導することになる。

ピドコックは、UCIアンダー23クロスカントリーマウンテンバイクチャンピオンと電動MTB世界チャンピオンに昨年なっている。

今後、MTBの世界でエリートチャンピオンとなることも当然予想される。まだ21歳ですからね。そうなるとチームは嬉しい悲鳴となるだろう。

 

チーム期待の星

 

トム・ピドコックにはチームは多大な期待を寄せている。1年目にしてブエルタ・ア・エスパーニャへの参加。

クラシックに順応したと思われた時から、肋骨骨折したミハウ・クフィアトコフスキに変わるクラシック班のエースとして指名。

当然、将来的にはマチュー・ファンデルプールのようにシクロクロス、MTB、ロードバイクで世界チャンピオンを狙うようになるだろう。

すでにU23では世界王者なのだから、数年後にはなっている可能性は高い。こうなるとピナレロもMTBやシクロクロスバイクを作らざるを得なくなるのではないかな。

良い宣伝にもなるし。

トム・ピドコックのMTBスケジュールは

  • Swiss Cup in Leukerbad(ロイカーバード)
  • World Cup  Albstadt(アルプシュタット)
  • World Cup   Nove Mesto(ノーブメスト)
  • World Cup Leogang(レオガング)

今年の東京オリンピックでは、MTBは英国代表としてマチュー・ファンデルプールやニノ・シューターと戦うようになるだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました