ロードバイクの情報を発信しています!

なんとイネオスはイバン・ソーサを放出

海外情報
Photo credit: jikatu on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

将来の総合候補かと思われていたイバン・ソーサがイネオスから移籍だ。

2019年に、トレックとの争奪戦からTeam Skyに3年契約で移籍。

キャリア通算13勝を上げており、今シーズンも開幕戦のツール・ド・ラ・プロヴァンス第3ステージで優勝し、 総合優勝もしている。

他チームならば、エースとしても走れるくらいだ。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

2018年Androni Giocattoli – Sidermecで6勝をあげ、当初はトレックを契約と言われていた。

だが、結局チームスカイと3年契約。2019年からも7勝を上げている。彼の強みは山岳での力を生かした切れ味の鋭いアタックにある。

だが、2021年はグランドツアーに呼ばれることもなかった。今年も、ツール・ド・ラ・プロヴァンス総合優勝以降は、勝利もない。

コッピ・バルタリでヨナス・ヴィンゲコーと総合優勝を争ったが、落車でリタイヤ。その後は、満足いく結果は残せていない。

まだ、23歳でチームは見切りをつけたのか?

イバン・ソーサの活躍はこれからだろう。スペインのブエルタ・ア・ブルゴスでは2018年から2年連続で優勝している。モビスターとしては地元での優勝を期待していはず。

山岳での強みを生かした走りをチームは待っている。必ず、今以上の成績をあげることが出来るはずだ。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました