ロードバイクの情報を発信しています!

Wahoo KICKRが精度を向上し自動キャリブレーションとなって登場

https://jp.wahoofitness.com/機材情報
photo wahoofitness
この記事は約3分で読めます。

Wahoo KICKRが第5世代となって登場。

2018年のモデルから更新された点は、精度の向上、横方向の動き、自動キャリブレーションの導入などだ。

 

スポンサーリンク

Wahoo KICKR

こちらはプロモーションビデオ

Wahoo KICKR Smart Trainer: Ride the Revolution

簡単に今回の第5世代のアップデートされた点をまとめてみると

Wahoo KICKR
進化した点
  • 精度誤差が2%から1%に向上
  • AXISフットシステムにより横方向に動きリアルな走行感に
  • 自動キャリブレーション機能の追加

 

独自の新しい自動キャリブレーションプロセスにより、精度が±2%から± 1%に向上する。

つまり定期的なスピンダウンキャリブレーションを実行する必要がなくなり、より手軽に正確なパワーデータを得てトレーニングをすることが出来る。

2~3分程度で終わる作業とはいえ、2週間に1度行う必要がなくなったことは本当にありがたい機能だ。

 

AXISフットシステム

photo wahoofitness

Axisフットシステムとは、Wahoo KICKRの下側部分にとりつけるパーツのこと。

各AXISフットシステムには、簡単、中程度、またはハードの3つの異なる剛性オプションがあり、ライディングスタイルに合わせてモーションの量を調整できる。

Axisフットシステムにより、トレーナーが横方向に最大5度動くようになり、よりリアルな乗り心地が再現できると言う。

ペダリングすると、左右に車体が傾いてくれるのは自然でより実走に近い。

このパーツは別売りされているので既存のWahoo KICKRにとりつけることも可能だ。今は在庫切れになっているけど。

 

photo wahoofitness

Wahoo KICKRは、第5世代になってより精度がまして乗り心地が向上したと考えて良い。それ以外は、これまでと全く一緒なので、アップデートといった感じだろう。

だが、Tacx NEOしかなかった横揺れの機能、精度の向上で機能的に上回ったと言っても良い。

 

photo wahoofitness

Wahoo KICKRは155,250円で販売され、KICKR CLIMB、KICKR HEADWIND、KICKR DESKを含むWahoo屋内トレーニングエコシステム全体と互換性がある。

全てを揃えたら、もう外に走りに行かなくて良くなりそうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました