ロードバイクの情報を発信しています!

ゲラント・トーマスがブエルタ・ア・エスパーニャを狙う?

海外情報
photo SUNADA YUZURU
この記事は約3分で読めます。

2019ツール・ド・フランスを総合2位で終えたゲラント・トーマス。

世界選手権のタイムトライヤルに出場して今シーズンは終わりかと思っていたら。

なんと、ブエルタ・ア・エスパーニャのスタートリストに名前があるではないですか?

ゲラント・トーマスがブエルタでエースとなる可能性は?

 

スポンサーリンク

ブエルタ・ア・エスパーニャ暫定スタートリスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The bulking regime begins 🍔🍺👌

Geraint Thomasさん(@geraintthomas86)がシェアした投稿 –

ツール・ド・フランスが終わった瞬間に好きなように食べているゲラント・トーマス。

食べたかったんでしょうねえ~。

あまりにもでかいフライドポテトも食べてますね。

 

では、ブエルタ・ア・エスパーニャの暫定スタートリストを見てみましょう。

Team INEOS
暫定スタートリスト
  • CASTROVIEJO Jonathan
  • THOMAS Geraint
  • ROSA Diego
  • SWIFT Ben
  • ELISSONDE Kenny
  • GEOGHEGAN HART Tao
  • DE LA CRUZ David
  • KIRYIENKA Vasil

もうすでに、メンバー8人がスタートリストに名前がのっている!

このメンバーを見ると、どうみてもエースはゲラント・トーマス。

 

疲労は大丈夫なのか?

ブエルタ・ア・エスパーニャは、8月24日にSalinas de Torreviejaで始まり、9月15日にマドリッドでゴール。

2018年はサイモン・イエーツ(Mitchelton-Scott)が優勝。2017年にはクリス・フルームが勝利している。

昨年のTeam SKYのエースは、ミカル・クウィアトコウスキー。

だが、ツール・ド・フランスでアシストして、ブエルタ・ア・エスパーニャをエースで走れるほど甘いものではなかった。

それまでのレースによる疲労で全く力を発揮することなく終わってしまった。

そして、今年のツール・ド・フランスでも暑さと疲労が抜けていないのか全く山岳では走れてなかった。

 

クリス・フルームも昨年、連続してジロとツールを走ったが、落車によるタイムロスもあり本来の力が出せなかった。

山岳で、エガン・ベルナルに引かれていた姿は記憶に焼き付いている。

ゲラント・トーマスも、疲労で走れなくなるということはないだろうか?

ツールを取れなかったので、ブエルタを狙うのはあるだろうが果たして~。

 

まあ、まだ暫定リストなのでわかりませんが、決定したらメンバーを詳しく見ていこうと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました