ロードバイクの情報を発信しています!

19歳のレムコがクラシカ・サンセバスティアンでワールドツアー最年少勝利!

海外情報
https://twitter.com/deceuninck_qst
この記事は約4分で読めます。

ブロ1年目のレムコ・イヴェネプール(Decuninck-QuickStep)がまたしても快挙!

ワールドツアーのクラシカ・サンセバスティアンでなんと逃げ切り勝利。

私は、ストリーミングで見てて追いつかれるのではないかと思いながら応援してましたが、最後までタイムが縮まるどころか、逆に開いていく(^^;

後ろから追走するグループには世界チャンピオンのアレハンドロ・バルベルデもいたのに全く寄せ付けない走り。独走力が凄過ぎ!

 

スポンサーリンク

クラシカ・サンセバスティアン

https://www.klasikoa.eus/

スペインで行われたワールドツアーのワンデーレース。

227.3kmの距離で行われたレースは、フェルナンド・バルセロ(Euskadi Basque Country-Murias)による単独での逃げが長く続いた。

 

https://twitter.com/barcelofer?lang=en

フェルナンド・バルセロの逃げは、最後から2つ目の山でつかまる。

集団は、CCCチームの牽引からMovistarにタッチ。

 

https://twitter.com/movistar_team

Movistarの牽引により、集団は崩壊。UAEのダン・マーティンが遅れる。

残り21キロ地点で、トームス・スクインシュ(Trek – Segafredo)がアタック!

これにレムコがジョインして二人の逃げか始まる。

 

http://www.cyclingnews.com/races/clasica-ciclista-san-sebastian-2019/results/

二人で逃げていたが、レムコの引きが速すぎるのか、再三レムコがトームス・スクインシュに対して、前に出ろ!   の合図。

最後の2級山岳の頂上手前300mでついにトームス・スクインシュはちぎられる。

 

ここからは、レムコの独走劇!

登りでも集団にタイム差を縮められるどころか、30秒から最大45秒までタイムを開く。

後ろは、アレハンドロ・バルベルデが先頭に立って集団を牽引。登りの頂上付近では集団はバラバラ。

レムコは30秒の差を保って、ゴールまでの海岸線をひた走る。

 

追走集団には、チームメイトのエンリク・マスがおり集団の2番手について先頭交代をさせない。

 

バルベルデもあきらめたのか、追走集団の最後尾にいる。

追走集団は

  • アレハンドロ・バルベルデ(Movistar Team)
  • グレッグ・ファン・アーベルマート(CCC Team)
  • エンリク・マス(Deceuninck – Quick Step)
  • マイケル・ウッズ(EF Education First)
  • バウケ・モレマ(Trek – Segafredo)
  • ジュリオ・チッコーネ(Trek – Segafredo)
  • パトリック・コンラッド(BORA – hansgrohe)

など、エース級を揃えた11人。

しかあ~し、全く追走にタイム差を縮められることなくレムコは逃げ切り。

 

 

ゴール前では、何度も信じられないと言った感じで頭を押さえていたレムコ。

19歳190日という若さで、最年少ワールドツアー勝利をあげた。

 

「私は本当に起こったことが信じられない、私はそれを期待していなかった!信じられない!」

レムコは信じられないを連呼。

やはり、規格外の怪物。レムコの強さは尋常ではないですね。

 

ちなみに、エガン・ベルナルとジュリアン・アラフィリップは早々にリタイヤ。顔見せだけだったようで、休養が必要ですね。

 

こちらは、ゴール前のレムコの独走の場面   約1時間あります

Remco Evenepoel wint de Clasica San Sebastian

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました