ロードバイクの情報を発信しています!

Bahrain Victoriousがツール・ド・フランスで180mmのディスクブレーキローターを使うのは何故?

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

2022のツール・ド・フランスではBahrain Victoriousが変わったことをしている。

フロントのディスクローターに180mmという巨大なディスクブレーキローターを使用している。通常は、フロント160mm。リアで140mmが普通。

体重の軽いライダーは両方140mmを使うこともあるほど。

では、何故Bahrain Victoriousは180mmのディスクローターを使うのだろうか?

 

スポンサーリンク

180mmのMTBローター

 

Shimanoは、今年のツアーでDura-Ace R9200 12スピードグループセットをBahrainVictoriousにも提供している。

だけど、Bahrain Victoriousの一人は、XTRマウンテンバイク(MTB)グループセットの180mmディクスローターを使用している。

 マウンテンバイク用に設計されているため、いくつかの巨大なサイズが利用可能だが、Shimanoはロード用には140または160mmしか販売していない。

 

180mmディスクローター photo shimano

 

これまでも、2020ツール・ド・フランスころから、MTBのディスクローターは使われていた。

 

その時に使われていた理由は

  • 重量の問題
  • 冷却の問題
  • サガンは音が嫌だからという理由でMTBのローターを使っていた。

さすがに、サイズ180mmとか巨大なものはなかったけれど。

 

新型Dura-Ace R9200になってから、ローターの問題も改善されたと思うのだけど、全てのライダーが新型を使っているとは限らないだろう。

フロント180mm、リア160mmを採用した場合、160mmと140mmを使用した場合に60~70g重くなる。

さらに、パンクなどした場合のホイール交換で、チームサボートカーならば用意しているだろうけど、Shimanoのサボートカーには通常の160mmと140mmがセットされたホイールしか用意していない。

それでも、Bahrain Victoriousが使用するには何らかの理由があるのだろう。Bahrain Victoriousは、革新的な技術を積極的に取り入れることが多い。

例えば、2022ジロ・デ・イタリアではマテイ・モホリッチがドロッパーシートポストを使っているけれど、実はディスクローターも180mmに変えていた。

 

これには以下の理由が考えられる。

  • ブレーキング効果の向上
  • ローターの熱管理の問題

この二つが180mmのディスクローターを使う理由だと思われる。

ツールでは下りの距離もけた違いに長い。より安心できるブレーキシステムが欲しいと思うライダーもいるということだ。

Bahrain Victoriousの全員が180mmを使っている訳ではなく、1台だけということなのでマテイ・モホリッチが用意していた可能性は高い。

180mmのローターは、写真のようにアームが5本になっている。走っていたらわからないけど、マテイ・モホリッチのバイクに注目して見ておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました