ロードバイクの情報を発信しています!

アメリカ国内メーカーは中国の関税引き上げを歓迎

読み物
Photo by Collin Armstrong on Unsplash

アメリカの自転車業界は主に輸入業界になっているが、残りの米国の製造業者の中には最近の中国の輸入に対する関税引き上げを歓迎すると述べている。

 

Greenfield Industriesは、53年間アメリカで自転車のアルミ鋳造キックスタンドを製造しています。オーナーのピーター・グリーンフィールド(Peter Greenfield)は語った。

 

「彼らは基本的に私たちを殺した」

と彼は月曜日に言った。

 

「彼らは私たちのデザインを盗み、私たちの価格を下げる。それは決して新しいことではない、それは長い間続いている。

これ(関税引き上げ)が中国のキックスタンドの価格を引き上げたならば、私はそれを歓迎する」

と彼は言った。

 

グリーンフィールドはまた、鋳造アルミニウム電気接続箱および芝生の照明設備を製造する。彼は最近数十年の間に中国とインドのベンダーによって高値を付けられている、すべての製品について言いました。

「毎朝中国のキックスタンドを売ろうとしている人たちからのEメールで怒ってさえいます。…問題は彼らが私より10%低く輸入されれば、私はそれに匹敵するのです。それはまた底までの競争だ」

と彼は言った。

 

グリーンフィールドは、ロングアイランドの彼の工場で2000年代初頭に110人もの労働者を雇用した。しかし、今、彼は工場では約40人の労働者しかいません。

残念ながら、関税引き上げの対象となる中国製品の中にキックスタンドが含まれていることは明らかではありません。

自転車製品供給者協会の関税勧告によれば、キックスタンドはコード8714.99.8000の下で輸入されています。そのコードは 、米国の貿易代表によって発表された影響を受けるアイテムのリストにはありません。 

 

彼はいくらかの価格緩和を歓迎するだろうが、グリーンフィールドは貿易戦争のファンではなかったと言った。

「人々はこれを支払わなければならないでしょう。それは貧しい人々に課税されます。中国はそれを支払うつもりはありません」

 

価格以上について

Image by Marko Lovric from Pixabay

ユタ州のAlta Racksのオーナーである別の米国の製造業者、Ali Yazdianは、料金は「価格の公正さ以上のものだ」と述べた。

Yazdianと彼の家族は、彼が13歳のときにイランから米国に移住し、迫害を免れました。

「私は移民として、世界に存在する専制政治を見てきました。それは架空のものではなく、現実です。私たちの生活様式を嫌う国や人々がいます。

私たちの民主主義は共産主義への直接の脅威であり、彼らがどのように支配しているかについての直接の脅威です。それは、どの国や政府からでも与えられます」

自社のすべての自動車ラックを米国で製造しているYazdianは、関税は自社製品と中国から輸入する競合他社との価格差を平準化するのに役立つと述べた。

 

「私たちはここで自転車や他の部品を作ることができないというコメントに困惑しています。この偉大な国が不可能を成し遂げることを「できない」という言葉ができたのはいつですか?

私たちは電気、冷蔵庫、エアコンを発明しました。ペニシリン、そして多くの病気を根絶した。

最後に、コストが消費者に渡されると主張していますが、それは良いことだと思います。私たちは、品質と寿命のために製品を購入することを理解し、取り戻す必要があります」

 

今も続く貿易戦争の摩擦。最終的に苦しむのは末端の一般市民です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました