ロードバイクの情報を発信しています!

UAE-Team Emiratesの2020ジャージの変更とグランドツアーリーダーの発表

海外情報
Photo roliveira57 twitter
この記事は約5分で読めます。

UAE-Team Emiratesが2020年のチームジャージをビデオで公開したのだけれども、これはどこが変更になったのか探すのに苦労するほど。

チームのジャージはこれまでと同じチャンピオンシステムが作成。

どこが変わっているのか、新旧のユニフォームを比べてみることに。

 

スポンサーリンク

2020年ジャージ

UAE-Team Emiratesが作成したビデオはこちら。

New UAE Team Emirates jersey for the 2020 season

 

2020年新ジャージ

https://www.youtube.com/watch?time_continue=30&v=BogW42KpaPc&feature=emb_logo

2020年と2019年を比べて違いがわかるでしょうか?

 

2019年ジャージ

https://www.all4cycling.com/it/maglia-uae-aero-2019-177676.html

Photo all4cycling

違いは、前後にあったEMAARがWHOOSHに変わっただけのようです。

そのほかのデザインはそのままのようですね。

 

2020年シーズンのグランドツアーリーダー

ベニドームでの毎年恒例のトレーニングキャンプで、グランドツアーのリーダーが発表されている。

ジロ・デ・イタリア
  • ダヴィデ・フォルモロ
  • アレクサンダー・クリストフ
  • ディエゴ・ウルッシ

ジロのリーダーはダヴィデ・フォルモロ。BORA-hansgroheから移籍してきて、いきなりのリーダーとなる。

 

何故、BORA-hansgroheは彼を移籍させたのだろう?

ダヴィデ・フォルモロ Photo Davide Formolo instagram

Cannondale-Drapac Pro Cycling Teamから2018年に移籍してきて、2018年ジロ・デ・イタリアでは総合10位。ブエルタでは総合22位。

2019年ジロ・デ・イタリアは総合15位。ブエルタではリタイヤとなってしまったが、総合を狙えるとても良い選手だ。

2019年にはイタリア国内チャンピオンにもなっており、山岳もつよく将来を期待されるライダーなのは間違いない。

 

ディエゴ・ウルッシ Photo Diego Ulissi instagram

ディエゴ・ウルッシとは日本でのプレ五輪レースでワン・ツー・フニッシュを決めている仲でイタリア人同士で気心は知れている。ウルッシもジロは得意としており何度もステージ優勝をしている。

二人の協力体制で総合を狙っていけるはずだ。

ジロ・デ・イタリアでのエーススプリンターはアレクサンダー・クリストフがつとめる。2019年シーズンも7勝をあげており、その力はまだまだ健在だ。

 

ツール・ド・フランス
  • ダディ・ボカチャル
  • ファビオ・アル
  • フェルナンド・ガビリア

ツール・ド・フランスでは、ダディ・ボカチャルがエースとなるはずだ。ボカチャル自身はファビオ・アルがエースだから自分はプレッシャーをかけないと言っているが、実際にどうなるかはわからない。

ファビオ・アル自身が復帰途上でもあるので未知数なのだ。

 

エーススプリンターは、フェルナンド・ガビリア。昨年序盤にトラックで落車して痛めた膝はジロ・デ・イタリアで悪化。

シーズン終盤にようやく、勝利をあげるまで復帰してきたので来シーズンは大丈夫だろう。

 

 

ブエルタ・ア・エスバーニャ
  • ダビ・デラクルス
  • ダヴィデ・フォルモロ
  • ジャスパー・フィリップセン

ブエルタでは、ダビ・デラクルスがエースとなるか?

イネオスから移籍してきたが、ブエルタでは相性が良くクイックステップに在籍していた2017年には総合7位となっている。

2019ブエルタのように、前々日に出場が決定するというようなことがなければ、実力を発揮出来るはずだ。

 

ジロでもエースをつとめるダヴィデ・フォルモロとのダブルエース体制となるかもしれない。

ブエルタでのエーススプリンターは、21歳のジャスパー・フィリップセン。

ジャスパー・フィリップセン Photo Jasper Philipsen instagram

彼は、アメリカのコンチネンタルチームHagens Berman Axeonの出身。

このチームからは、テイオ・ゲイガンハート(Team INEOS )。ルーベン・ゲレイロ(Katusha-Alpecin)。ニールソン・パウレス(Jumbo-Visma)など、ツアー・オブ・カリフォルリアで新人賞を独占したメンバーがいたチームだ。

新たな新人も続々とプロチームに移籍している凄いチームだ。

ジャスパー・フィリップセンもネオプロながらツアー・ダウンアンダーでステージ優勝しており、トップ10フニッシュは今シーズン何度もしている。

2019ツール・ド・フランスにも出場したが、落車によりリタイヤとなったのは勿体ない。次はブエルタの舞台で一流スプリンターにどこまで迫れるかに注目だ。

ダン・マーティンが抜けてしまったが、総合ではダディ・ボカチャルがツールを狙えるし、ダヴィデ・フォルモロやダビ・デラクルスの加入で表彰台は厳しいだろうが十分にトップ10は狙える戦力となった。

あとは、グランツールでそれぞれのエーススプリンターがどこまで勝利を上げられるかが鍵となる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました