ロードバイクの情報を発信しています!

天才タデイ・ポガチャルはツール・ド・フランスでベルナルと激突か!

海外情報
Photo Tadej Pogačar instagram
この記事は約4分で読めます。

20歳で2019ブエルタ3位となったタデイ・ポガチャル。

途中で3位を予測していたが、本当にプロデビュー1年目のネオプロが表彰台に上がるとはねえ~。

 

今年21歳で迎える2020年シーズンの目標はツール・ド・フランスデビューだという。

だが、彼は全く気負いを感じていない。ファンとしては22歳のエガン・ベルナルとの激突を期待したいのですが本人はそうでもないみたい。

タデイ・ポガチャルがツールデビューを気負わない理由とは?

 

スポンサーリンク

凄まじいプロ1年目の成績

改めて彼の成績を見てみよう。

Tadej Pogačar 
2019年主な成績
  • Volta ao Algarve em Bicicleta (2.HC)  総合優勝
  • Gran Premio Miguel Indurain (1.1)  6位
  • Itzulia Basque Country (2.UWT) 総合6位
  • Amgen Tour of California (2.UWT) 総合優勝
  • National Championships Slovenia – ITT (NC) 優勝
  • Gran Premio Città di Lugano (1.1)  7位
  • Tour of Slovenia (2.HC)  総合4位
  • La Vuelta ciclista a España (2.UWT) Stage9・13・20優勝 総合3位

プロデビュー1年目で8勝。

ツアー・ダウンアンダーでプロデビューを飾り総合13位で滑り出し。そこから凄まじい活躍を見せ始め、ツアー・オブ・カリフォルニアでは総合優勝を決めてしまう。

そして、迎えた初めてのブエルタでステージ3勝。

特に総合3位をたぐりよせた第20ステージの独走は彼の未来を垣間見る走りとなり、自らの足で総合3位を勝ち取った。

このブエルタ出場も、エースとなるはずだったファビオ・アルを助けるつもりでプレッシャーは全くなかったと本人は語っている。

ファビォ・アルは第13ステージでリタイヤしてしまい、エースという意識も感じることなく走れていたのだ。

 

 

ジロとツールを検討

Photo Tadej Pogačar instagram

チームは、ポガチャルの来シーズンのグランドツアーのプランニングを慎重に検討し、当初はジロとツールに出場するというニュースが流れていた。

だが、ジロは出場は見送れた。その理由は何故か?

それは、ジロはツールに比べてストレスが多い。

2月のUAEツアーを狙うならば、ジロの準備をする時間があまりなくなってしまう。ツール出場ならば、より多くの調整時間がとれてストレスが少ないと判断したのだ。

ポガチャルは、2020年シーズンをVolta a la Comunitat Valencianaで開始してから、UAEツアーに参加。

3月にパリ~ニースに出場する。ミラノ~サンレモから昨年総合6位となったバスクカントリーツアーにエントリーする予定だ。

 その後、彼は高地キャンプとクリテリウム・ドーフィネで前哨戦を行い、ツール・ド・フランスに向かうことになる。

ツールのチームリーダーはファビオ・アルだとポガチャルは強調しツールへの周りの期待感を軽視することに努めているようだ。

チームが彼をエースとして考えるようになると自分自身のストレスとなる。

ただ、気がかりなのはファビォ・アルの状態だ。2019ブエルタでは、エブスタンイン・バー症候群にかかっていることが判明している。落車だけがリタイヤの原因ではなかったのだ。

 

ファビォ・アルの復帰はひょっとすると時間がかかるかもしれない。そうなると、彼が単独エースとしてチームリーダーとなる可能性は高い。

ダデイ・ポガチャル自身は、エース待遇を望んではいないが、ダン・マーティンがチームを去った来シーズンはそうはいかないだろう。

まだ若い彼は、自分が真のグランドツアー候補となるには、まだ時間が必要だと感じている。

まず、改善出来る点は全て改善したいと考えているのだ。その一つがタイムトライヤルの改善。グランドツアー制覇にはTTのタイムが大きく関係してくる。

改善出来る課題が全て解決した時、彼の未来に何が待っているのか、それが彼自身をどこに導くのか冷静に見ているのだ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました