ロードバイクの情報を発信しています!

Trek-SegafredoはタイトルスボンサーのコーヒーブランドSegafredoと契約延長

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt
この記事は約2分で読めます。

イタリアのコーヒーブランドSegafredoは、アメリカのサイクリングチームTREKとのスボンサー契約をさらに2年間延長することを決定した。

Segafredoは、世界中で事業を展開しているイタリアのコーヒー会社。

これでチームは2023年まで安心してレースが出来る。

 

スポンサーリンク

2年の延長契約

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Trek-Segafredo(@treksegafredo)がシェアした投稿

 

セガフレード(Segafredo)は、2016年に初めてスボンサー契約を結んだ。その後、2018年に女子チームを立ち上げている。

すでにチームをサボートして6年となる。

トレックとしては、マッズ・ピーダスンが世界チャンピオンを獲得したり、ジュリオ・チッコーネがジロで山岳賞獲得。バウケ・モレマがイル・ロンバルディアを獲得したりして成果を上げている。

だけど、本拠地であるジロでの総合優勝や、ツール・ド・フランスでの総合優勝などを狙いたいところだろう。

2020年にヴィチェンツァオ・ニバリを獲得したが、すでにキャリア終盤であり総合優勝は難しい。チームの課題は、総合を狙えるエースの擁立が掲げられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました