ロードバイクの情報を発信しています!

Trek-Segafredoはアフリカのエリトリア人 ナットネル・テスファションを獲得 山岳補強をはかる

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

Trek-Segafredoは、Drone Hopper – Androni Giocattoliのエリトリア人、ナットネル・テスファションを移籍で獲得した。

2023年ワールドツアーチームで4人目となるエリトリア人で、アフリカ選手としては6人目の契約となる。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

ナットネル・テスファションは、2019年Dimension Data for Qhubekaのコンチネタルチームに所属。

2020年からNTT Continental Cycling Teamのコンチ。2021年から、Androni Giocattoli – Sidermecに所属していた。

2021・2022年と連続してジロ・デ・イタリアにも出場。山岳では逃げにのり活躍している姿を覚えている方もおられるはず。

プロでは、ツアー・オブ・ルワンダを2020年と2022年に総合優勝してキャリア5勝を上げている。チームには、同じエリアリア人のアマヌエル・ゲブレイグザブハイアーもいるので馴染みやすいだろう。

 

ナットネル・テスファションは公式サイトで以下のように語る。

Trek-Segafredo に参加することは、これまでの人生で最高のチャンスだ。

この点に到達するのを助けてくれたすべての人、そしてもちろん、チームの経営陣が私に示してくれた信頼に本当に感謝したい.。

目の前には新しい大きな挑戦があるが、それに立ち向かうことができてとても嬉しく、とても興奮している。

夢が叶ったことを本当に感じている。Trek-Segafredoの一員として、今後2年間でスキルを向上させ、さらに成長できると確信している。

チームの成功に貢献し、彼らが私に寄せてくれた信頼に報いるために、本当に最善を尽くしたいと思っている。

この動機と私の国を誇りに思ってもらいたいという願望は、最高レベルで際立つための原動力になるでしょう。

 

ナットネル・テスファションの走りで気になるのは、山岳でも逃げでも中々前を引く姿が見られないこと。もっと積極的に先頭交代に入って力のある所を見せて貰いたい。

Drone Hopper – Androni Giocattoliは、すでに良いオファーがあればチームを探すように言っている。チーム存続が危ない状態だ。

 

ナットネル・テスファションも、Trek-Segafredoでは自分の走りをすることは出来ないだろうけど、チャンスがあれば狙って貰いたい所だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました