ロードバイクの情報を発信しています!

復活の男 石畳を制する! 

Photo credit: brassynn on Visualhunt / CC BY-NC-ND ブログ

ツール・ド・フランス2018第9ステージの石畳みのレースを制したのは、トレック・セガフレードのデゲンコルプだった。

彼は、この2年間事故や膝のケガにより、中々元の力強さを戻していなかった。

今回の石畳みでのレースを制した影には、彼の乗ったTREK DOMANEの存在も大きかったのではないかと思っています。

デゲンコルプとDOMANEの紹介です。

 

スポンサーリンク

輝かしい活躍

Photo credit: brassynn on Visualhunt / CC BY-NC-ND

Photo credit: brassynn on Visualhunt / CC BY-NC-ND

1989年に生まれた彼は29歳。ドイツ出身です。

2008年にテューリンガー・エネルギー・チームと契約してプロとなりました。

その後は活躍は素晴らしいの一言です。

 

デゲンコルプ選手の活躍
レース順位
2012 ブエルタ・ア・エスパーニャ    第2・5・7・10・21ステージ優勝
2013 バリ~ツール優勝
2014 ヘント~ウェヴェルヘム優勝
2014 ブエルタ・ア・エスパーニャ ポイント賞
2015 ミラノ~サンレモ優勝
2015 パリ~ルーべ優勝

 

ミラノ~サンレモ・パリ~ルーペと2015年に立て続けにクラッシックレースを制した彼はスプリンターとしても素晴らしく、またクラッシックハンターとしても将来を期待されていました。

 

不運な事故

突然の事故

2016年に1月にスペイン・マジョルカ島でトレーニングキャンプでの練習中のことです。

Giant-Alpecinのチームメイト5人の選手と共に、旅行者の運転する車と事故にあい大ケガをおってしまったのです。

逆走してきた車に撥ねられ、大腿、前腕、唇に負った傷の縫合手術。左手人差し指の負傷と前腕の骨折。人さし指が千切れかけるほどの大怪我だったようです。

彼は、シーズンの前半を棒に振ってしまいました。

 

Trek-Segafredoに移籍

2017年デゲンコルプ選手は、TREKに移籍します。

引退するファビアン・カンチェラーラの後継者として、クラシックレースのエースとして迎えたいという、これ以上ない破格の待遇です。しかも、まだケガからの回復途中でもあったのです。

 

ここで、かねてより走行中におけるライダーの安全を考えていたTREKとデゲンコルプ選手の事故の体験が一致しました。

 

ABCセーフティー

TREKの提唱していたABCセーフティーというスローガンで、サイクリストの安全性を高めるため、被視認性を上げることを強く提唱していたのです。

具体的には

  • A  always on  昼でも夜でも、前後にライトを
  • B  biomotion  体の動くパーツを目立たせよう
  • C  contrast     背景との対比

ジョンの体験からも、その目的の重要性を一層高められることになったのです。

チームの練習には、蛍光色のジャージ。それと反射材。前後ライトの装備をしてトレーニングにでるようになりました。

 

安全について語る

 

膝の炎症

その後も、パリ〜ルーベで膝の炎症で2ヶ月レースを欠場してました。

まだまだ、復活には程遠い。もう、以前のような爆発的スプリントはないのではないかと言われてました。

事故にケガ、近親者がなくなるなど、色々と不幸が重なっていた2年間だったのです。

 

ツール・ド・フランス2018第9ステージ

https://www.letour.fr/en/stage-9/image-gallery

https://www.letour.fr/en/stage-9/image-gallery

ツール・ド・フランスには過去6回出場しています。そこでステージ2位を6回もなっています。

そうなんです。これまでツール・ド・フランスでの彼の勝利はなかったのです。

しかし今回、ヴァンアーヴェルマートとランパールトとの三つ巴のスプリントを制して、ついに勝利を収めたのです。

 

レースの模様は、ダイジェスト版で見て下さい。

実にサバイバルなレースでリタイヤ続出のレースになってしまいました。

 

勝利をたぐりよせたドマーネ

ラストのスプリントでは、200m前から先頭に出さされています。

普通だったら、まくられそうなものですが並ぶこともなく勝利してますね。

圧倒的なスプリント力ですね。その力を残せたのもドマーネに乗っていたからかもしれないです。

 

ドマーネのIsoSpeed

ドマーネの最大の特徴である快適性が効果を発揮したと思います。

Isospeedはスライダーの調整によって、しなりの量が変えられます。これにより振動が抑えられるのです。しくみは、動画を見るのが良くわかります。

 

フロントIsoSpeed

フロントにもIsoSpeedが採用され、石畳みなどのコースでは有利に働きます。

フォークのステアリングコラムがヘッドチューブから独立して、前後に回転自由度を持つよう分離させる構造となっています。

バイク前面の縦方向の振動吸収性を第1世代から10%向上させています。

 

IsoCoreハンドルバー

IsoCore 連続インナーラミナー技術を持ったOCLV カーボンで、従来のカーボンバーと比べ、路面の振動を20%低減しています。

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

 

カンチェラーラと共に開発されたドマーネは、振動吸収という快適性を重視したバイクです。
今回の石畳みレースでも、振動による疲労を他のライダーよりも少なく出来たことも勝利の一因であることは間違いないと思います。

 

 

John Degenkolb Café Racer Domane

デゲンコルプの趣味はモーターサイクルだ。

彼のカワサキ製カフェレーサーは、上品なラインやこだわり抜いたディテールを大切にする彼ならではの自慢のオートバイ。

彼のオートバイからヒントを得ているJohn Degenkolb Café Racer Domaneが発売されています。

赤がアクセントになっていてカッコイイです!

 

Domaneについて語る

参考サイトhttps://racing.trekbikes.com/

参考サイトhttps://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

参考サイトhttp://www.johndegenkolb.de/de/

 

まとめ

スプリンターにとって、ゴール前の大切なシフトアップやブレーキに直接かかわる指の大けがから復活したデゲンコルプ。

2年間の思いが積もった第9ステージでの勝利は、嬉しかったことと思います。

これからのさらなる活躍を期待しています。

 

 

コメント