ロードバイクの情報を発信しています!

バイクではあまり食べていなかったと語る逃げのスペシャリストのトレーニングの秘密

海外情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt
この記事は約6分で読めます。

世界のトップライダーがどのようにトレーニングしているのか知りたいだろうか?

AG2R Citroën Teamのラリー・ワーパスは逃げのスペシャリスト。2021ツール・ド・ポローニュ第4ステージでは、逃げで沿道の結婚式に写り込んでいる。

 

ブレイクアウェイの常連でもあるラリー・ワーパスは、2012年にBMCレーシングでワールドツアーのキャリアをスタート。以来、IAM cycling、Aqua Blue Sport、そして2019年からはAG2R Citroën Teamでレースをしている。

今年2度目のグランツール、ブエルタ・ア・エスパーニャはキャリア9度目のグランツールとなった。

ジロ・デ・イタリアにも出場しており、ダブルツールを完走している。シーズン最後のグランツール前の最後の高地トレーニングキャンプについて話を聞いている。

 

スポンサーリンク

高地トレーニングの様子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Larry Warbasse(@warbasse)がシェアした投稿

 

この1週間は、ブエルタに向けた最後の準備期間だった。ツール・ド・ポローニュ、世界選手権、そしてブエルタ・ア・ブルゴスを走ったからだ。

この合宿の背景にあるのは、十分な量のクライミングとトレーニング量を確保することで、過去にも高地合宿後に本当に良い結果を残してきた。アンドラの頂上にあるエンヴァリラは、集中するのに本当にいい場所だ。

 

ブエルタを終えて、今シーズンは85レース日をこなしたことになります。気分はどうですか?多くないですか?

計画にはなかったことだけど、選手たちが病気やケガをしたときは、いつも私が出走してきた。少し疲れているような気もするけど、それはブエルタの前半が本当にハードだったから。一番大変なのは、家から離れている時間だ。

 

逃げに入るためのトレーニングは?

レースシミュレーションには、モーターペースが有効だ。トレーニングでスプリントを繰り返すのもいいし、登りや平坦でテンポよく走りながら、同時にできるだけエアロをキープすることで、長い逃げのトレーニングができる。

しかし、正直なところ、レースは真似できない。今年のブエルタを例にとると、いくつかのステージでは、加速の数が尋常ではない。最高のトレーニングはレースだ。

 

あなたのキャリアの中で、最も大きく成長したトレーニングは何ですか?

少し前までは、バイクではあまり食べなくてもいい、お腹が空いたときだけ食べればいいというイメージがあった。今は、栄養補給を徹底している。

 

フランスのチームはトレーニングの習慣が違いますか?

英国のトレーニングの世界ではFTPを基準にするが、フランスでは最大有酸素パワー(puissance aérobie maximale、略してPAM)を使う。

彼らはすべての努力をPAMのパーセンテージで行う。英国トレーナーの中には、回復が十分でないと考える人もいるほどだ。

言っておくが、私はフランス系だが、チームのコーチ(スティーブン・バレット)はアイルランド人なので、実際には国境を越えた経験はないんだ。

 

2023年7月10日~16日のトレーニング

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Larry Warbasse(@warbasse)がシェアした投稿

 

以下のブエルタ前の1週間の高地トレーニングの内容。アンドラで1週間で、23時間55分乗り込んでいる。

 

月曜日 カフェ・スピン1時間20分

高所での4日目、3日間の高所順応ブロックを終えたばかりだった。このキャンプでは2日ハード、1日イージーで、今日のライドは間違いなくイージーだった。

コーヒーを飲むために20分ほど山を下り、引き返した。心拍数の上限を110bpmに設定し、本当に回転しているか確認した。平均パワーは163ワットだった。

 

火曜日 VO2maxのトレーニング-4時間

Alto de la Rabassaの登りで終日、VO2-maxにフォーカスした閾値トレーニングに取り組んだ。まずは360-370ワットで5分間を3回、間に1分間の休息を挟み、システムを少しオープンにした。

次のトレーニングは、12分のパワーペースで1分オン、1分オフを10回、平均440〜460ワット。その後、1分×5回を3セット行い、セット間は3分空けた。

レースへの準備を万全にするために、登りと平坦の両方で努力するのはいいことだと思うが、私は断然登りの方が好きだ。

 

水曜日 耐久ライド-5時間

高地での2日間のブロックのうち、1日はインテンシティ、もう1日はエンデュランス。これらのエンデュランスライドでは、休息日のスピンと同様、心拍数の上限を自分に課している。

登りでは平均心拍125bpmくらいだ。この日の平均ワット数は200弱。

 

木曜日 コーヒーショップ・スピン1時間30分

月曜日と同じように、山を下り、コーヒーショップで休憩し、登り返す。エンヴァリラの頂上にあるホテルは標高2,409m。

INEOS Grenadiersのトレーニングキャンプもあったが、それ以外は単独か小さなチームグループだった。比較的ヘルシーなビュッフェスタイルで、午後5時までランチを提供している。

 

金曜日 ダブルスレッショルドデイ – 4時間15分

午前と午後のセッションに分けることもある。2つのトレーニングの間に休息を挟むことで、代謝アップの効果もある。

午前中は、300ワットからスタートして最高380ワットまでのサブスレッショルド・プログレッシブ・エフォート5分を8回。午後は閾値に近づく3分間のトレーニングを10回、370ワットから始めて最後の1回は400ワットまで上げた。

 

土曜日 6時間耐久ライド

フランスを北上し、標高差3,800mを1周するこのビッグエンデュランスライドでは、最大ワット数を300ワットに制限したが、前回のエンデュランスライドとは異なり、心拍数の制限はなかった。

このようなソロライドでは、電解質と炭水化物のドリンクミックスを袋に詰めて持参し、水飲み場で休憩する。パン屋に寄ってアーモンドクロワッサンを買うのも我慢できない。

 

日曜日 イージーデイ 1時間45分

私にとって、高地キャンプにいるときはイージーデイに乗り続けることが重要だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました