ロードバイクの情報を発信しています!

ツアー・オブ・ブリテン2018 ステージ6  またも総合動く

海外情報

ツアー・オブ・ブリテンのステージ5は、チームタイムトライヤルでなんと予想に反するチームがトップに。

そして、昨夜のステージ6ではラストは頂上ゴール。

最後は、見応えのある登りでの決戦となりました。詳しくは総集編動画でどうぞ。

 

スポンサーリンク

チームタイムトライヤル動画 ステージ5

ステージ5は14キロながら、なだらかに登っていくコース。

高低差300メートルを登っていくのだから、かなりタイムトライヤルとしてはキツイコースなのでは。

https://www.tourofbritain.co.uk/

チームスカイは、クリス・フルームとトーマス・ゲラントがあるのでトップタイムを取るかとおもいきや、それを上回るタイムを出したチームが多数。

ステージ5結果
1位ロットNLユンボ+19’37”
2位クイックステップフロアーズ+16″
3位カチューシャ・アルペシン+20″
4位チームスカイ+26″
5位モビスター+36″

 

これにより、総合はプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)に渡った。

個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)15h45’04”
2位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)+06″
3位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)+16″
4位パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、BMCレーシング)+24″
5位ワウト・プールス(オランダ、チームスカイ)+26″

 

ステージ5総集編

Tour of Britain 2018 | Stage 5 Highlights | inCycle

ステージ6 総集編あり

第6ステージは168.3キロ。

最後にぐっと登ってのゴール。

https://www.tourofbritain.co.uk/

 

イギリスのロード・チャンピオンのコナー・スウィフト(Madison-Genesis)、ジェームス・ショウ(Lotto-Soudal)、ヴァシル・キリエンカ(Sky)、世界のタイムトライアルチャンピオンのトニー・マーティン(Katusha-Alpecin)の4人が快調に逃げ続ける。

https://twitter.com/itvcycling

 

第1スプリントポイントを1位通過したジュリアン・アラフィリップでしたが、落車でおくれる場面もあり。

 

このレースでは、羊が勝手に並走する場面もあり。

 

最後の迫力あるバトルは総集編でじっくりと見てみてください。

ナカナカ迫力あります。

OVO Energy Tour of Britain | Stage Six Highlights

総合は、プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNLユンボ)からジュリアン・アラフィリップに。

 

ステージ6結果結果
1 Wout Poels(Ned)チームスカイ 4:01:51
2 Julian Alaphilippe(Fra)クイックステップフロア 0:00:02
3 Hugh Carthy(GBr)EFファースト・ドラパックp / bキャノンデール 0:00:12
4 Jonathan Hivert(Fra)Direct Energie 0:00:21

 

 
順位ステージ6以降の個人総合結果
1 Julian Alaphilippe(Fra)クイックステップフロア 19:46:54
2 Wout Poels(Ned)チームスカイ 0:00:17
3 Primoz Roglic(Slo)LottoNL-Jumbo 0:00:33

 

ステージ7と8は、あまり高低差がないので総合トップ3の動きはどうでしょうねえ~。あまり、動きはないかもしれないですね。

コメント