ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ王者のテイオ・ゲイガンハートがLidl-Trekに

海外情報
Photo credit: Steve Dawson. on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

2020ジロ・デ・イタリア覇者をINEOS Grenadiersは放出する。

移籍先は、噂通りにLidl-Trekだ。ジュリオ・チッコーネ、マティアス・スケルモースイェンセンと共にグランドツアーのリーダーとなる。

 

スポンサーリンク

3年契約

 

2020ジロ・デ・イタリアを制覇したテイオ・ゲイガンハート。

だが、その後2年間の低迷期間を経て、2023年見事に復活勝利を上げていた。何故、今シーズンになって好調な走りを取り戻したのか。その理由は以下で。

 

テイオ・ゲイガンハートの2023年シーズンの走りは素晴らしいの一言。

  • ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ 第4ステージ優勝 総合3位
  • ブエルタ・ア・アンダルシア 総合6位
  • ティレーノ〜アドリアティコ 総合3位
  • ツアー・オブ・アルプス 第1・2ステージ優勝 総合優勝

そして、向かえたジロ・デ・イタリアではゲラント・トーマスと共にリーダーとして臨んだ。個人タイムトライヤルでも、3位という好成績。

だが、第11ステージの下りの落車で股関節を骨折してしまう。

 

長いリハビリとなっており、今シーズンレースに復帰することはない。

 

テイオ・ゲイガンハートのコメント

同じ組織で7年間を過ごした後、2024年の新たな挑戦に臨むにはさまざまな感情がある。しかし、Lidl-Trekの組織内ではすでに多くの顔を知っているし、ここ数週間でGMのルカ・グエルシレナ、コーチのジョス・ララサバル、エルケ・ウェイラントとも話をした。

新たな挑戦は間違いなくエキサイティングで、異なる視点、アスリート、文化に出会える。アスリートとして常に遭遇する探求と学習。

長い間チームを所有してきたTrekと並んで、Lidlがチームの新しいパートナーとして加わることで、私のキャリアの中で、今この瞬間に本当に参加したいプロジェクトだと感じた。

チームには大きな目標があり、それを喜んでサポートしてくれるパートナーがいる。私はアスリートとしてまだまだ成長できると信じているし、2023年にはケガをするまでの間、リーダーとして何ができるかを見せてきた。

あの感覚と場所に戻りたいという強い意欲があり、Lidl-Trekがそのための素晴らしい場所になると信じている。

2014年には、史上初のSRAM eTapグループセットの開発など、TrekとSRAMと一緒に仕事をした素晴らしい思い出がある。私たちが一緒にどんなさらなる歴史を刻むことができるのか、今からワクワクしている。

 

テイオ・ゲイガンハートのInstagramを見ると3週間前に、ようやくシティバイクで街中を走っている。これだけ長くロードに乗っていないと、元に戻すのは大変だろう。

来シーズンまでは長いので、復活をして元気な姿を見せて貰いたい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました