ロードバイクの情報を発信しています!

INEOS Grenadiersのテイオ・ゲイガンハートがトップに返り咲いた方法とは

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

2020ジロ・デ・イタリアを制覇したテイオ・ゲイガンハート。

だが、その後2年間の低迷期間を経て、今年見事に復活勝利を上げている。何故、今シーズンになって好調な走りを取り戻したのか。

2023ジロ・デ・イタリアでは、苦手と思われていた個人タイムトライヤルで4位という素晴らしい走りを披露。第4ステージ終了時点で1分30秒遅れの総合9位の位置につけている。

それについてテイオ・ゲイガンハート自身が語っている。

 

スポンサーリンク

復活の理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tao Geoghegan Hart(@taogeogheganhart)がシェアした投稿

 

テイオ・ゲイガンハートの今年の走りは素晴らしいの一言。

  • ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ 第4ステージ優勝 総合3位
  • ブエルタ・ア・アンダルシア 総合6位
  • ティレーノ〜アドリアティコ 総合3位
  • ツアー・オブ・アルプス 第1・2ステージ優勝 総合優勝

 

テイオ・ゲイガンハートが、今年、最高レベルに戻ったのは、新しいコーチとの出会いによるトレーニング方法の変化に秘密がある。

 

今シーズンの復調については?

この6、7ヶ月の間に、自分にとってベストなトレーニング方法は何かということを、たくさん学んだ。それは私が見逃していたことだった。

何もおかしなことはない。トレーニング量を減らし、特に体重も増やさないようしている。昨年は、休養の後、例えば病気の期間があった後、トレーニングで毎回自分を追い込まなければならなかった。

しかし、そうすると、いつもすぐにバイクに戻ることを急かされる。その急ぐことが、必ずしも自分にとって良いとは限らないんだ。

 

具体的に変わった点は?

レシピのこの部分が、私にはまだ欠けていたんだ。そして、長い間、それを探していた。でも、それには自信を持たなければならない。

ここ数年、6人の異なるコーチのもとで指導を受けてきたが、今シーズンに向けて、新しいコーチと仕事をするようになった。

具体的には、Team DSMからテイメン・アレンスマンと共にやってきたダジョ・サンダース(Dajo Sanders)とのコラボレーションだ。

サンダースはマーストリヒト大学で運動科学の学士号と修士号を取得しており、現在はINEOS Grenadiersでトレーナーをしている。それは11月に始まり、すべてがうまくいったことに満足している。

彼のサポートがあり、こうして仕事ができるのは本当にうれしい。今シーズン、すでにその成果を発揮しているし、これからも続けていきたい。

 

トレーニングプログラムの変化は?

トレーニングは「やりすぎ」になりがちで、いつもそうしたくなる。でも、今年はダジョ・サンダースに明確なプランを伝えているんだ。

私たちはとても仲が良く、シエラネバダでのジロ前の最後の最高のトレーニングも含め、今年はすでに6週間近くを一緒に過ごしている。

 

計画は上手くいっていると?

この良いプランとダジョとの協力のおかげで、とても安定した走りができている。この前のトレーニングキャンプでは、毎日いい感じだった。その結果、自分を限界まで追い込む必要がなかった。

体調がいいときは、それだけで贅沢な気分になれる。そうすれば、いつでも我慢することができる。

それが後々、差になっていくことを期待している。ステージで3週間のんびりして、自分の限界に達しないようにすれば、精神的にも多くのものを得ることができるんだ。

それが、3週間のラウンドで何よりも大きな違いだ。そして、大きなツアーで最初の10日間をクラッシュや問題なく乗り切れたら、その時はラッキーだと思う。

グランツールの最終週には、その瞬間からいつも最高の気分になった。でも、それは人それぞれ…..。

グランツールでは、常に途中で問題に遭遇することがあるものだ。しかし、自分のレベルはツアー・オブ・アルプスでもティレーノ〜アドリアティコ アでも同じように良かった。

だから、1ヶ月後に同じように、あるいはもっと良くなることができないとは思わない。

 

テイオ・ゲイガンハートは、新しいコーチの元、実力を取り戻すと共に自信に満ちている。INEOS Grenadiersの重厚なアシスト陣とともに最終週に向けて、順位を上げてくるのは間違いない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました