ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームが引退する前に優勝したいレースについて語る

海外情報
Photo credit: Web Summit on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

クリス・フルームは、引退する前に最も勝ちたいレースを、まだリストにないレースの中から明らかにした。

フルームは、レースを終える前に、少なくとも一度はワンデイレースで優勝したいと語り、すぐにやめるつもりはないという。

しかし、彼が選んだレースは意外なものだった。フルームが勝ちたいレースとは、どのクラシックなのだろうか?

 

スポンサーリンク

勝ちたいクラシック

 

フルーム、あなたはどのレースに勝ちたいですか?

おそらく、ワンデークラシックと言わざるを得ないでしょう。頭に浮かぶのは、クラシカ・サンセバスティアンでしょうね。

ツール・ド・フランスの1週間後に開催される丘陵地帯のワンデイクラシック。私はワンデイレースではあまり活躍したことがない。

しかし、私のキャリアが終わる前に、ワンデイレースで結果を残したいと思っていて、それを実現できる可能性のあるレースだと思っている。

 

過去、バスク地方で開催されたこのレースでは、ジュリアン・アラフィリップ、レコム・エヴェネプール、アダム・イェーツ、バウク・モレマ、ミハウ・クフィアトコフスキなど、著名ライダーが勝利を収めている。

2021はニールソン・ボーレスが勝利している。ただ、勝つには逃げ続けないといけない。

 

テクノロジーの進化

 

また、フルームは、データとテクノロジーのおかげで、自分がレースを始めた頃よりもはるかに早く、ライダーがプロになって最高のレベルで戦えるようになったことについても語っている。

フルームは、タデイ・ポガチャル、レコム・エヴェネプール、エガン・ベルナルといった「新世代」のスター選手たちが、その恩恵を受けていると。

 

このスポーツに参加する若い人たちには、(僕が始めた)以前には必ずしも存在しなかった仕組みがある。

19歳、20歳、21歳でプロになって、そのままトップになることもあるんだ。

ポガチャルやベルナルのように、21歳、22歳でツール・ド・フランスを制覇している選手もいる。

5年前に21歳の選手がツール・ド・フランスを制覇していると言われたら、私は絶対に無理だと言ったでしょうね。そのような深さのあるレースは、経験がなければ不可能だからだ。

 

また、フルームは、新技術の導入により、深刻なクラッシュからの回復が容易になったと。

以前は気づかなかった特定の部位を、リハビリの早い段階で修正できるようになったと付け加えている。

フルームは、2019クリテリウム・ドーフィネのタイムトライアルのための試走でクラッシュし、大腿骨に二重骨折を負った左足のトレーニングを例に挙げた。

フルームは、自分のパワーメーターが両脚のパワーをリアルタイムで示すことができるため、再び両脚の強度を平準化するためのトレーニングを具体的に行うことができたという。

 

怪我をしていない方の足よりも怪我をしている方の足の方が強く働くようにして、強さを同等にするためのトレーニングを行った。

そして次に、1年半から2年をかけて、脚の対称性という点で以前のレベルに戻ることができた。

 

フルームは、若い才能が次々と登場しているにもかかわらず、記録的な5回目のツール・ド・フランスのタイトル獲得に向けて、現実的な挑戦ができると信じていると語っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました