ロードバイクの情報を発信しています!

レムコ・エヴェネプールはビック3に挑戦する前にステップアップの必要があると

海外情報
Photo credit: dvdbramhall on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

クロノ・デ・ナシオンで今シーズンの最後のレースを終えたレコム・エヴェネプール。

結果的には、優勝したシュテファン・キュングから1分22秒差の5位という結果に。シーズン最後を締めくくるかと思っていたけど、ちょっと残念な結果に。

これは、昨年のイル・ロンバルディアの墜落事故から、1年を全速で駆け抜けた疲労もあったと思われる。

レムコは、レース後のインタビューで、2022年シーズンには、タディ・ポガチャル、エガン・ベルナル、プリモッシュ・ログリッチのグランドツアー制覇者のレベルに到達するために、レベルアップしたいと語っている。

 

スポンサーリンク

更にレベルアップ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Remco Evenepoel(@remco.ev)がシェアした投稿

 

レムコは、イル・ロンバルディアでの墜落で骨盤骨折、肺挫傷からの復帰レースを、2021ジロ・デ・イタリアから始めた。

初日のタイムトライヤルを7位で発進してから、しばらく総合2位の座をキープ。だが第17ステージでガードレールを乗り越える落車をしてしまう。

 

結局ジロはリタイヤという結果に終わった。初めてのグランドツアーデビューは、復帰レースとしては早すぎたのかもしれない。

 

だが、その後のレースでの活躍はご存じの通りで、昨年までのレベルを取り戻しつつあった。

オーベルエイセの時には、火事で一時休憩出来て、ブリュッセルではコースミスで先頭集団が割れるという奇跡的な展開で独走勝利。

だが、その後世界選手権では、ベルギーチームのために自らを犠牲にして素晴らしい走りを見せた。

更に、コッパ・ベルノッキでは激しい雨の中で、見事に独走を決めて勝ちパターンを再現してみせる。

1年前のイル・ロンバルディアでの事故の後、遅いスタートに耐えていたが、2021年のシーズンでトップレベルに戻ったと日曜日のクロノ・デ・ナシオンのレース後に語っている。

 

最高のレベルに戻ったが、チームで望んでいたものにはまだ達していない。

もっとうまくいく可能性があることはわかっているが、まだ少しの辛抱が必要だ。その時は必ずやってくる。脚力があって、タイミングの選び方を知っていて、問題なく冬を過ごせればいい。

しかし、ポガチャル、ベルナル、ログリッチに挑戦し、何よりも彼らを打ち負かすことができるようになるには、まだいくつかのステップを踏まなければならない。来シーズンの時点でそうなればいいなと思っている。

 

レムコ・エヴェネプールは、2022年にグランドツアーで、彼らと対戦するつもりだ。これまでの流れだと、ジロが有力だと思われるけど。

ツールに挑戦するのは、タディ・ポガチャルに対抗出来るとチームも本人も考えた時だろう。

イル・ロンバルディアへの復帰を含む2回のラストレースを経験し、昨シーズン半ばからほぼノンストップでトレーニングとリハビリに励んできた彼は、今では休暇を取ることに満足しているという。

 

休暇を取ることができてうれしいよ。肉体的にも精神的にも、とても良いことだと思う。

事故以来、あるいはそれ以前から、1年半にわたって精力的に活動してきたので、休暇が必要なんだ。

 

昨年のシーズンオフには、シクロクロスに取り組んでオフロードのテクニックを磨くことになっていた。リハビリで出来ることはなかったけど。

ジロやツールにもグラベルロードは出現する可能性が高いので、パヴェの走り方を身に付けておくことは必要だ。

17歳でサッカーから転向したために、幼少のころからベルギーでレースをしてた他のライダーとは違う。下りなど、どうしても経験の差が出てしまう。

十分な休養で、来シーズンにはベストな状態でグランドツアーで走って貰いたい。個人タイムトライヤルの強さは問題ないので、連続して戦う山岳ステージでの強さを身に付ければ十分に勝機はある。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました