ロードバイクの情報を発信しています!

22歳でツールを2連覇したタデイ・ポガチャルの生い立ち 強さの秘密はどこにある?

海外情報
Image by Michal Jarmoluk from Pixabay
この記事は約12分で読めます。

2020年Team Jumbo-Vismaはツール・ド・フランスを完全に手中に収めていた。

だが、21歳の天才ライダーにひっくり返されてしまう。あまりにも若いライダーが勝利していまうのは、これまでの経験とかチームの力とかを全く必要としていないように感じてしまう。

まさにすべてのルールを打ち破った感じだ。

 

そして、2021年彼は2度目のツールを獲得した。UAEに入ってからの活躍は知っているが、彼が過ごしたスロベニアでは何をしていたのか?

この若者は誰なのか、どうやってサイクリングをするようになったのか。ジュニア時代の彼を知っておこう。

 

スポンサーリンク

スポーツに縁のない家族

以下は、2020ツール第20ステージでログリッチの走りをみていたポガチャル。将来こうなるとは誰も予想していなかった。

 

ポガチャルは、スロベニアの首都リュブリャナのすぐ北にある人口約1000人の村、コメンダで育った。

高校のフランス語教師の息子で、父親は木材業界の会社に勤めていたため、4人の子供を持つ家族は、スポーツとはほとんど縁がない。

Koncilijaサイクリングクラブのユーストレーナーの、コリンシア(Miha Koncilija)はこう説明する。

タディがおむつをしていた頃から知っている。生まれる前から家族の友人で、今でもご近所さんだ。彼の両親は私の家から2kmほどの距離に住んでいる。

別に両親がスポーツをして運動能力抜群の持ち主でもなかったようだ。

 

静かな十代の若者もの

photo Tadej Pogačar facebookより

 

子供の頃のポガチャルの姿は主にサッカー場で見られる。

兄のティレン(彼には姉のバルバラと妹のヴィータの4人兄弟)とKoncilijaサイクリングクラブを訪れるまでは。

それは秋の初めだった。タディは当時9歳。彼はティレンと一緒にやって来た。私たちのクラブでは、全員が自転車を借りて、誰でも簡単にスポーツに慣れることができる。

しかし、タディは小さすぎた。まだ24インチバイクには適合していない。当時はレースがなかったので、冬には普通の自転車に乗らなければならないと言った。

春には、独自のレーシングバイクに十分な大きさになったけどね。結局、彼はそれを手に入れたことを非常に嬉しく思っていた。

初めての固定されたペダルでは外し方が分からずにこけてしまったそうだ。

 

photo Tadej Pogačar facebookより

 

コリンシアは、ポガチャルを模範的な子供として覚えており、トレーナーの言うことを良く聞くいい子だったと。

でも最初は、タディにこれほどの才能があるとは思っていなかった。1998年世代全体が強くて、同級生よりも身体のずっと小さくて軽いタディは常に戦わなければならなかった。

ポガチャルは9歳から17歳までをKoncilijaサイクリングクラブで過ごしている。

ポガチャルが強くなり始めたのは16歳のとき。スロベニア国内選手権ジュニアタイムトライヤルで強豪揃いの中で全国チャンピオンになる。

 

Androni Giocattoli – Sidermecのジガ・ヤーマンと親友  ジガ・ヤーマンは真ん中。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☝🏽💪🏽 #addingvalue #ljubljanagustoxaurum #fullymotivated

Žiga Jerman(@zigajerman)がシェアした投稿 –

 

コリンシアコーチによると、ジガ・ヤーマン(Androni Giocattoli – Sidermec)の方が有望な人材だったという。子供時代はタディ・ポガチャルよりも遥かに多くの勝利を収めている。

二人は11年前からお互いを知っており、親友の間柄。

私はどちらかというとスプリンターで、ポガチャルは登りの脚を持っていた。彼はとても小柄で、常に戦い続けなければならなかった。

タディはまた、タマウというニックネームを守り続けていた。スロベニア語で「小さな男の子」という意味だ。彼は私たちの中で一番小さかったから。

 

コーチは、登りのレースでは彼の才能を認めていたが、ジュニアになってからようやくその才能は開花する。16歳だった2015年には37レースを走っている。

UCI公認レースで最初の優勝は2016 Course de la Paix Juniors (2.Ncup)第1ステージ。17歳の時だ。

2016年には、イタリアの有名なU19レース「ジロ・デッラ・ルニジャーナ」で優勝し、その1週間半後にはプルメレクで開催されたヨーロッパ選手権ジュニアで3位に入賞。頭角を現す。

 

それまでは特別な才能があったわけではなかったが、その後の展開が非常に早かった。私自身、トータルで5年間、タディの世話をしてきた。

最初の3年間はローグと一緒に乗っていたし、クラブ内の新人に同行しに行ったのも2年後だった。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Žiga Jerman(@zigajerman)がシェアした投稿

 

ツール・ド・フランスの間、ジガ・ヤーマンはWhatsAppを使って毎日タデイと連絡を取り合っている。ジガ・ヤーマンは、タディと一緒に乗って、親友になった。オフシーズンにはいつも一緒に遊んでいる仲だ。

ジガ・ヤーマンは

どこかにサッカーをしに行ったり、マウンテンバイクで出かけたりしているんだ。タデイはとてもいい人だ。盲目的に信頼できる人で、 誰もが一度は持ってみたいと思うであろう一人の友人。

また、恋人のウルシュカ・ジガート(Alé BTC Ljubljanaのプロサイクリスト)とは当クラブで知り合っている。長い付き合いだからこそ、絆がとても近く、お互いに何を提供するべきかをよく知っている

と当時のことを語ってくれる。

 

Ljubljana Gusto Xaurumでの成長

photo Tadej Pogačar facebookより

 

ジュニアカテゴリーから、ポガチャールは約束事としてリュブリャナのLjubljana Gusto Xaurumに流れ込んだ。2018年の19歳のことだ。

1949年に設立されたこのクラブは、ヤン・トラトニク(Bahrain Victorious)、ルカ・メズゲッツ(Team BikeExchange)、ヤン・ポランツ(UAE Team Emirates)などのスロベニアのプロライダーを輩出してきた。

ポガチャルが、2017年に所属したROG – Ljubljanaの上位チームだ。

タデイは自転車を始めたときから私たちのクラブのメンバーだったので、コンチネンタルチームに参加するのは当然のことだった。

私たちは、彼のことをよく知っている。コリンシアによって、彼は若いが才能があると認められ、2017年にはチームに入れた。

その結果、自分を偽る必要がなくなり、自分のままでいられるようになったんだ。それは、ライダーの成長において、このような独自の道を歩むことができるメリットの一つとなる。

彼らのことを知り尽くしているからこそ、彼らの可能性を最大限に引き出すことができる。特に、過去に我々が最高レベルに導いたプロたちのことを考えると、タディの才能を認めざるを得なかった。

特にイタリアで質の高いレースを提供することで、彼の可能性を見出すことができた。このようにして、大きな仕事に向けて彼を準備することができたんだ。

と、現在のLjubljana Gusto Xaurumのチームマネージャーであるトマジュ・ポリャネックは言う。

 

ライバルであるアドリア・モービルのチームマネージャー、ボグダン・フィンクもそのように考えていた。

ジュニアの頃にはすでに気づいていた。ポガチャルはスロベニアで1勝しかできなかったが、誰もが世界的なライダーになる可能性があると認めていた。

彼のバイクでのテクニック、スムーズな歩行、コーナーの切り方、登りでのチャージの仕方、スプリントでの加速の仕方を見ればわかるだろう。

すべてが完璧というわけではないが、若い頃はとても良かったと思う。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tadej Pogačar(@tadejpogacar)がシェアした投稿

 

スロベニアの国営ラジオ局でツールのレポートを担当しているフィンクは、特に当時のポガチャルの強さを称賛している。

2018年ツアー・オブ・クロアチア での状況を思い出す。序盤は8人の逃げ集団に属していたが、それが2つのグループに分かれた。ポガチャルはその後、先頭集団から4分遅れたが、プロトンに4分のボーナスを残していた。

集団が混乱していたため、プロトンから離脱した。確かアスタナの選手と一緒に、30キロ地点で差を縮めた。その時、私たちは彼が戦術的なステップを踏んだことに気付いた。突然、彼は何でもできるようになった。

 

ポリャネックは、ポガチャルをできるだけ促進しようとしたが、主に彼自身が強制したのだと強調する。コリンシアの指導のもと、強固な基礎が築かれた。

その後、マルコ・ポランクコーチが集中的に指導。

私たちは、彼が大規模なツアーに向いていることを知っていたので、若いうちからそれに向けて努力することができた。突然現れたポガチャルに驚く人もいるかもしれない。

しかし、長年のトレーニングと彼自身が努力したことが実を結んでいることがわかるようになった。私たちは、彼の準備に一役買えたことを非常に誇りに思っている。

とポルジャネックは言う。

 

UAE Team Emiratesからスカウト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tadej Pogačar(@tadejpogacar)がシェアした投稿

2017年のクロアチア・イストリア・スプリング・トロフィーで、ホクセアン・フェルナンデスはポガチャルの才能を自分の目で見ている。

スペイン人であるホクセアン・フェルナンデスは、当時はまだクイックステップ・フロアーズのスカウトをしていたが、その年の後半にはUAE Team Emiratesにチームマネージャーとして入社する。

中東のUAE Team Emiratesチームの特使としての最初の成果はタディ・ポガチャルだった。

若きスロベニア人に契約を申し出たところ、彼はすぐに飛びついた。彼のことを最初に知ったのは、彼が3年生の時だった。

彼がU19ライダーとして活動していた最後の年に、私がコンタクトを取り、最初の話し合いをした。2017年2月、Istrian Spring Trophyでタデイと初めて出会った。彼はそこで勝てなかったが、私に深い印象を残してくれた。

フェルナンデスは一瞬たりとも躊躇することなく、他のワールドツアーチームを大きく引き離していった。

ポガチャルは2017年末にUAE Team Emiratesと予備契約を結び、2018年春に無駄に彼のドアをノックした他のチーム監督たちは完全に出遅れた。

クロアチアで初めて彼の活躍を見たとき、18歳にしてすでに非常に優れたライダーであることがすぐにわかった。

しかし同時に、彼はまだ大きく成長できると見ていた。タデイはスマートで、また、2017年の間にサーキットで最高のU23ライダーの一人であることを証明した。

そのカテゴリーの人々は、彼が世界で最も優れたライダーの一人に成長する可能性があることを、失礼ながら認めていた。彼のすべてにそれが見て取れたんだ。

 

こうして、UAE Team Emiratesに入ってからの、タディ・ポガチャルの活躍はご存じの通り。

最初に指導したコンシリヤは

とにかく言いたい。忙しそうにしている姿を見ると、まだまだ改善の余地がありそうだ。今後はさらに完成度を高めていくだろう。

彼の足を見てください。筋繊維がほとんど入っていない。子供の頃は、あまりしつけをしないようにしていた。

彼は現在3年生のプロになっており、タデイがステップを踏んでいる姿を見ることができる。彼はまだ成長するには程遠い。

そして今、彼はバイクで非常にアグレッシブなレースをしているが、人としては常に冷静だ。

もう一つの強みは、自転車でのお出かけを楽しんでいること。この歳になったら、やる気だけでなく、楽しさも忘れてはいけない。

彼は戦い続けることに慣れている。タディは決して諦めず、常に時間を取り戻そうとする。

言っておくが、これはスロベニアにとって素晴らしいことだ。世界最大のレースで勝利を目指して戦っている我が国の二人の選手。

これはもう4、5シーズン続くかもしれないし、それ以降はおそらく二度と起こらないだろう。このおとぎ話を楽しまなくては!

 

タディ・ポガチャルが小さな頃から、バイクに取り組んでいたことはわかるが、これはプロ選手ならば当たり前のことだ。

ずば抜けた才能とバイクを楽しむ心。驚異的な回復力とテクニック。

全てを持っている傑出したライダーだ。その才能をずっと見守ったスロベニアでの基礎が現在のタデイ・ポガチャルの強さの秘密となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました