ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルは自分は最強ではないと語る その理由とは?

海外情報
Image by klimkin from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

今シーズン最後のモニュメント、イル・ロンバルディアを制したタディ・ポガチャル。

今季最強のライダーは、将来のことは考えたくない。彼にとっては、今の瞬間、バイクが与えてくれるものすべてを楽しむことが重要なのだ。

ロンバルディアの王者、タディ・ポガチャルは、他の自転車チャンピオンと比較されることなく、すべてをスモールステップで生きたいと考えている。

 

スポンサーリンク

グランツールとの違い

 

記者会見でポガチャルは、クレイジーなシーズンであり、素晴らしい1年だったと語っている。

 

あなたは、タイムトライアルや上り坂でも勝利できるオールラウンドなチャンピオンですね。グランツールの勝利とワンデイレースの勝利に違いはありますか?

グランツールもワンデイレースも大好きだし、タイムトライアルも大好きだ。このスポーツではすべてのタイプのレースが異なっており、それが私の好きな理由だ。

サイクリングを愛しているからこそ、良い結果を出すことができる。 リエージュと今回のロンバルディアを考えれば、どのレースも違うと言える。

比較することはできるし、似ているところもあるが、シーズン初めの春に行われるレースと、何ヶ月もレースをしている秋に行われるレースとでは、異なるレースなんだ。共通しているのは「美しさ」だけだと思う。

 

1949年にジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ロンバルディアを制したチャンピオン、ファウスト・コッピと比較されています。そのことについてどう思いますか?

今日、このスポーツの歴史の1ページを書いたことはわかっているが、それを考えたくないし、今日という日とこのシーズンフィナーレを楽しみたい。

 

あなたは、速く登ることができ、複数の地形で勝つことができるライダーなので、ライバルたちはついていくのに苦労しています。

今日、良いライダーになるためには、すべての専門分野で準備ができていなければならず、すべてのことを少しずつこなせるライダーになるのは良いことだ。

これは、私たちが異なるサイクリストであることを示している。

 

決勝は大接戦でしたね。ファウスト・マスナダとの戦いはどうでしたか?

マスナダとの決勝では、最初はどうしたらいいかわからなかったが、合意した。トリッキーなフィナーレになることはわかっていたし、フロントからも重要な示唆を得ていた。

ファウストと二人きりで行くためにできる限りのことをした。彼から離れることはできないと思っていたので、決勝では最高のプレーができた。

 

あなたは、ツール・ド・フランスを2回連続で制覇していますね。今後は、ジロ・デ・イタリアやスペインのブエルタなど、新たな準備もしてますか?

私の夢はサイクリングを楽しむことであり、正確な目標はなく、将来どうするかは考えず、自分に合ったレースをすることにしている。

3つのグランツールはどれも好きだし、将来的にはブエルタやジロにも乗ってみたいと思っているが、今の時点では将来的にどうするかを言うことはできない。

 

常に最強ではない

 

あなたは、現時点で最強のライダーの一人であると言えそうです。

自分が最強のライダーの一人であるという事実については考えたくない。なぜなら、すべてのシーズンは長く、常に同じレベルにいるわけではないからだ。

シーズンの最初の頃はとても良かったが、その後は浮き沈みが激しく、東京ではベストを尽くした。

シーズン終盤のミラノ~トリノでは、もっと良い結果を出したかったが、良い感触を得ることができたし、ロンバルディアでは、自分のモチベーションを高めることができた。

 

タディ・ポガチャルでも、常に勝ち続けることは出来ない。コンデションと準備は必要であり、そこの所は自分でもしっかりと認識しており、クレイバーだ。

歴史上の人物とは比べられないというが、間違いなくこれからも記録を塗り替えていくはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました