ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・スイス第8ステージ なんとレムコ・エヴェネプールが~

海外情報
Photo credit: prinzipal on VisualHunt
この記事は約18分で読めます。

第7ステージでは、レムコ・エヴェネプールの独走が見られた。通常最終日のタイムトライヤルを考えると、得策ではないけれど、そこはレムコの気持ちだ。

ツール・ド・スイスの最終日は普通通りのルールで行われる。

総合でのタイム差は

  1. マティアス・スケルモースイェンセン Trek-Segafredo 20:44:45
  2. フェリックス・ガル AG2R Citroën Team +8秒
  3. フアン・アユソー UAE Team Emirates +18秒
  4. レムコ・エヴェネプール Soudal – Quick Step  +46秒

注目は、レムコがどこまでマティアス・スケルモースイェンセンに迫れるかだろう。

 

スポンサーリンク

第8ステージ  ザンクト・ガレン~アプトヴィル   25.7km

コースプロフィール photo oexterioocyclingcup

 

最終ステージの個人タイムトライヤルは、獲得標高が415m。初日と違い登りを含んでいる。

シッター川を渡り、600mの勾配 (6.3%)を登る。最高到達地点は821m。その後、4kmの下り坂で終わる。難しいタイムトライヤルだ。

 

  1. 第1計測 St. Gallerstrasse 残り15km
  2. 第2計測 Oberwaldstrasse   残り5.5km

 

ピーター・サガン TotalEnergies

サガンのディレーラーが目立っている。実にデカイ。

 

サガンは36分2秒。

 

サガンの、スイス最後のタイムトライヤルだった。

 

コナー・スウィフト INEOS Grenadiers

コナー・スウィフトがゴールへ。

 

コナー・スウィフトは、セーアン・クラーウアナスンの記録を抜いて暫定トップに。

 

上の表示を見て笑顔でゴール。

 

カスパー・アスグリーン Soudal – Quick Step

カスパー・アスグリーンは、第2計測で9秒、コナー・スウィフトの記録を破って暫定トップに。

 

途中で、Team Jayco AlUlaのクリストファー・ユールイェンセンを抜いていく。

 

カスパー・アスグリーンは、33分1秒で30秒も暫定トップタイムを更新。

 

シュテファン・ビッセガー EF Education-EasyPost

欧州王者の登場。

 

さあ、カスパー・アスグリーンの記録を抜けるか。

 

カスパー・アスグリーンの記録に2秒届かず暫定2位通過。

 

シュテファン・ビッセガーは、登りでAlpecin-Deceuninckのミヒャエル・ゴグルを抜いていく。

 

シュテファン・ビッセガーは、第2計測を26分28秒。11秒も暫定トップタイムを更新。Alpecin-Deceuninckのライダーを二人抜いてきた。

 

シュテファン・ビッセガーは、32分48秒。カスパー・アスグリーンの記録を13秒も更新して暫定トップに。

 

ベン・トゥレット INEOS Grenadiers

INEOS Grenadiersの期待の若手のスタート。ゴールは33分42秒。

 

フィン・フィッシャーブラック UAE Team Emirates

TT得意のフィン・フィッシャーブラックのスタート。

 

第1計測12分11秒で暫定3位通過。

 

第2計測を暫定2位通過。これはゴールも期待できる。

 

33分7秒。暫定3位。トップのシュテファン・ビッセガーとは19秒差。

 

マッテオ・ソブレロ Team Jayco AlUla

マッテオ・ソブレロが33分5秒で暫定3位に食い込む。

 

ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma

さあ、優勝候補のワウト・ファンアールトがスタート台に。

 

第1計測を12分9秒。8秒遅れの暫定3位通過。押さえているのか。

 

ワウト・ファンアールトは、第2計測で暫定2位。シュテファン・ビッセガーと0.84秒差。

 

ワウト・ファンアールトは、登りを上手くまとめられるか。

 

 

ワウト・ファンアールトは、最終コーナー手前で4秒しかない。

 

あ~、ワウト・ファンアールトは、シュテファン・ビッセガーの記録に届かず。

 

32分53秒で暫定2位に。ステージ優勝の夢は消えてしまった。

 

マティア・カッタネオ Soudal – Quick Step

マティア・カッタネオがスタート。

 

第1計測を12分9秒。暫定3位に。

 

マティア・カッタネオは、26分33秒の暫定3位。ゴールタイムは、32分54秒で暫定3位。

 

ニールソン・ポーレス EF Education-EasyPost

ニールソン・ポーレスは、33分11秒で暫定7位に。

 

トム・ピドコック INEOS Grenadiers

トム・ピドコックは33分39秒。暫定10位だ。

 

それにしても、ゴーグルがデカイ。

 

レムコ・エヴェネプール Soudal – Quick Step

ベルギーTT王者のレムコがスタート。

 

どれだけのタイムを出してくるか。

 

レムコは暫定トップタイムを更新。0.47秒だけカスパー・アスグリーンよりも速い。

 

これは面白い。どんなタイムとなるか。

 

レムコの登りの足があまり回っていないような。

 

そんなことはなかった。レムコは第2計測で、26分12秒の暫定トップタイムをたたき出す。

 

レムコは下りを全開で飛ばす。

 

100m前のカーブで23秒あるぞ。

 

凄い。レムコはシュテファン・ビッセガーの記録を15秒も上回った。

 

あとは、フアン・アユソーとマティアス・スケルモースイェンセンのタイムを待つだけだ。

 

フアン・アユソー UAE Team Emirates

フアン・アユソーがスタート台へ。

 

さあ、スタート。表彰台の順位をかけて走りだす。

 

フアン・アユソーは、第1計測を暫定4位通過。レムコよりも4秒遅れている。

 

フアン・アユソーは足が良く回っている。

 

なんと、フアン・アユソーが第2計測で、レムコのタイムを5秒も上回った!

 

フアン・アユソーが最後のカーブを曲がる。

 

きた~!

なんとレムコのタイムを7秒も上回った。なんということだ。

 

 

フアン・アユソーがレムコの記録を上回るとは~。ジュニア時代からタイムトライヤルは得意だけれども、エリートでも頭角を現してきた。

ツール・ド・ロマンディ第3ステージの個人タイムトライヤルでも優勝しており、今シーズン2度目のTTでの勝利だ。

レムコの強力なライバルが現れてきた。

 

フェリックス・ガル AG2R Citroën Team

ホワイトジャージのフェリックス・ガルがスタート。しかし、途中でマティアス・スケルモースイェンセンに抜かれてしまう。

ゴールタイムは、35分51秒。タイムトライヤルをかなり改善しないといけない。

 

マティアス・スケルモースイェンセン Trek-Segafredo

リーダーのマティアス・スケルモースイェンセンがスタート。

 

なんと、第1計測でレムコより23秒遅れている。これでタイム差は23秒に~。これはやばいのでは。

 

マティアス・スケルモースイェンセンは、フェリックス・ガルを抜いて行った。第2計測では、26分16秒で、フアン・アユソーから10秒遅れに抑えている。

 

残り500m。フアン・アユソーのタイムまで17秒ある。しかし、余裕はない。

 

最後にマティアス・スケルモースイェンセンは頑張った。フアン・アユソーから9秒遅れに抑えた。

 

この瞬間マティアス・スケルモースイェンセンの総合優勝が決定だ。タイム差は、わずかに9秒差。それでも、ワールドツアーで初の総合優勝を勝ち取った。

ジーノ・マーダーの悲しい出来事があったが、レース続行は親族の希望でもあり、最後まで走り切ったライダーをマーダーも見ているだろう。改めて、ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

リザルト

フアン・アユソーのコメント

ツール・ド・スイスの最終ステージで優勝を飾った。しかし、総合優勝は惜しくも逃しましたが。

複雑な心境だ。一方では、ステージ優勝に満足している。タイムトライアルでは今シーズン2勝目なので、この種目での進歩に満足している。一方、総合優勝が最大の目標だったのに、2位になってしまったのは少し残念だ。

しかし、マティアスは超強かったので、彼を祝福することしかできない。

第8ステージリザルト

フアン・アユソーは、巨大なソーセージを貰っていた。どうするんだ?

Rnk Rider Team UCI Time Avg
1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 60 0:32:25 47.568
2
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 40 0:08 47.373
3
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 30 0:09 47.349
4
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost 25 0:23 47.012
5
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 20 0:28 46.893
6
 ASGREEN Kasper
Soudal – Quick Step 15 0:36 46.704
7
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 10 0:39 46.633
8
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla 8 0:40 46.610
9
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates 5 0:42 46.563
10
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 2 0:46 46.469
11
 GRÉGOIRE Romain
Groupama – FDJ   0:55 46.260
12
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma   1:02 46.099
13
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost   ,, 46.099
14
 CABOT Jérémy
TotalEnergies   1:06 46.007
15
 SCOTSON Callum
Team Jayco AlUla   1:07 45.984
16
 SWIFT Connor
INEOS Grenadiers   1:08 45.961
17
 KRAGH ANDERSEN Søren
Alpecin-Deceuninck   1:11 45.893
18
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers   1:14 45.825
19
 IZAGIRRE Ion
Cofidis   ,, 45.825
20
 GALLOPIN Tony
Trek – Segafredo   1:15 45.802
21
 VELASCO Simone
Astana Qazaqstan Team   1:16 45.779
22
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe   ,, 45.779
23
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers   1:17 45.757
24
 HAMILTON Chris
Team DSM   1:18 45.734
25
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team   ,, 45.734
26
 BARONCINI Filippo
Trek – Segafredo   ,, 45.734
27
 GESCHKE Simon
Cofidis   1:20 45.689
28
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe   ,, 45.689
29
 BARDET Romain
Team DSM   1:21 45.666
30
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers   1:23 45.621

総合

マティアス・スケルモースイェンセンのコメント

このために多くの犠牲を払った。そしてジーノはもちろん死んだ。そんな思いで、フィニッシュ後にすべてが明らかになった。

ジーノの家族は、私たちがレースを続けることが最も重要だと考えていた。だから、彼らのためにそうしたんだ。

このレースでレムコとフアン・アユソーという2人のビッグネームを倒しました。それを予想していたのだろうか?

私はいつも勝利を信じている。私のフォームはツールに適している。

 

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 500
20″
21:17:19
2 3 ▲1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 400
14″
0:09
3 4 ▲1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 325
7″
0:45
4 5 ▲1
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma 275   2:09
5 6 ▲1
 BARDET Romain
Team DSM 225   2:41
6 7 ▲1
 URÁN Rigoberto
EF Education-EasyPost 175   2:47
7 8 ▲1
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe 150   3:04
8 2 ▼6
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 125
16″
3:25
9 9
 TEUNS Dylan
Israel – Premier Tech 100   4:29
10 10
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team 85   4:57
11 11
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team 70   6:27
12 12
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 60   7:12
13 13
 SCOTSON Callum
Team Jayco AlUla 50   7:17
14 14
 SCHACHMANN Maximilian
BORA – hansgrohe 40   8:10
15 15
 GRÉGOIRE Romain
Groupama – FDJ 35   8:42
16 16
 BERHE Welay Hagos
Team Jayco AlUla 30   11:22
17 18 ▲1
 STORER Michael
Groupama – FDJ 30   13:40
18 17 ▼1
 HOWSON Damien
Q36.5 Pro Cycling Team 30   14:04
19 19
 IZAGIRRE Gorka
Movistar Team 30   15:29
20 21 ▲1
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 30
6″
20:40
21 20 ▼1
 HOULE Hugo
Israel – Premier Tech 20   20:42
22 22
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 20   21:32
23 23
 OOMEN Sam
Jumbo-Visma 20   26:16
24 25 ▲1
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers 20   27:08
25 24 ▼1
 CHEREL Mikaël
AG2R Citroën Team 20   27:38
26 26
 ARANBURU Alex
Movistar Team 20   27:55
27 27
 VERMAERKE Kevin
Team DSM 20   29:32
28 28
 HONORÉ Mikkel Frølich
EF Education-EasyPost 20   29:36
29 29
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 20   30:53
30 31 ▲1
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 20   32:20

ポイント賞

ワウト・ファンアールトのコメント

もっと良い結果を望んでいた。最後の登りのために何かを蓄えようとしたんだ。しかし、どうやらそれだけでは不十分だったようだ。

なぜなら、私は本当にトラブルに見舞われ、痛みに耐えなければならなかったからです。リズムを保つのに苦労した。登りは思うようにいかなかった。

今日は大丈夫だと感じたので、限界を超えないように努めた。それでも、私はもっと良いものを望んでいた。素晴らしいタイムトライアルに乗れたが、タイムを知らなくても勝てないことは分かっていた。家に帰ってもよろしいでしょうか?

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 52
2 2
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 40
3 3
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 32
4 5 ▲1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 30
5 4 ▼1
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 20
6 6
 HERMANS Quinten
Alpecin-Deceuninck 10
7 7
 DEWULF Stan
AG2R Citroën Team 10
8 8
 SBARAGLI Kristian
Alpecin-Deceuninck 9
9 9
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe 6
10 10
 GOGL Michael
Alpecin-Deceuninck 6

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 EENKHOORN Pascal
Lotto Dstny 44
2 2
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 28
3 3
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 26
4 4
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 24
5 5
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team 17
6 6
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma 16
7 7
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma 14
8 8
 BERNARD Julien
Trek – Segafredo 13
9 9
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 12
10 10
 DILLIER Silvan
Alpecin-Deceuninck 12

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 SKJELMOSE Mattias
Trek – Segafredo 21:17:19
2 3 ▲1
 AYUSO Juan
UAE Team Emirates 0:09
3 4 ▲1
 EVENEPOEL Remco
Soudal – Quick Step 0:45
4 5 ▲1
 UIJTDEBROEKS Cian
BORA – hansgrohe 3:04
5 2 ▼3
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 3:25
6 6
 GRÉGOIRE Romain
Groupama – FDJ 8:42
7 7
 BERHE Welay Hagos
Team Jayco AlUla 11:22
8 8
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 21:32
9 9
 VERMAERKE Kevin
Team DSM 29:32
10 10
 COSTIOU Ewen
Team Arkéa Samsic 33:45
こちらはハイライト動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました