ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ツール・ド・フランス第12ステージ  タデイ・ポガチャルは、バカなことをしたと認める

海外情報
Photo by Rachel on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

ツールのクイーンステージで、タデイ・ポガチャルの復讐はならなかった。

思いのほか、タデイ・ポガチャルのアタックが少なかったと感じたが、その答えをゴール後のインタビューで答えている。

 

スポンサーリンク

バカなことをした

こちらはゴール後のインタビューの様子

 

アルプ・デュエズでは、タデイ・ポガチャルがヨナス・ヴィンゲゴーを何度も引き離そうとしたが、常に警戒しているマイヨジョームを引き離すことができなかった。

しかし、タデイ・ポガチャル、総合で2位に浮上した。

ゴール後のインタビューでタディ・ポガチャルは以下のように語る。

 

昨日はまだ割れていたが、今日は違う。今日は100%回復していなかった。

精神的には回復していた。自分と自分のアタックをより信じることができたんだ。気持ちよかったし、今日も自分の脚に満足している。だからこそ、これからの数日間が楽しみなんだ。

 

今、アタックをしなければならないということは、マイヨジョーヌを守る走りとは違いますか?

まったく新しいというわけではないんだ。若い頃は、他のレースでも必ずアタックしていた。

小さい頃から後ろに乗っていて、いつも攻めたいと思っていた。そういうことが好きなんだ。

 

しかし、アルプ・デュエズでは、ヴィンゲゴーはクラックしませんでした。彼は待機してましたね。

印象的な走りだ。彼はとてもよく登るし、彼のチームはとても強い。しかし、ツールはまだ終わっていない。最後まで戦い続ける。今でもツールで勝てると思っているし、そう願っている。

 

昨日のレースについてはどうですか?

攻撃が多すぎて、その後がバカになった。ガリビエ(彼もアタックした場所)で気楽にやるべきだったんだ。

そこはとても良かったのだが、グラノンで代償を払ってしまった。でも、今日は脚が戻ってきた。

 

やはり、昨日のステージではやり過ぎたという感じか。通常マイヨジョーヌが前を引き続けることは少ない。攻撃を続けることで、補給する時間さえなかった。

この代償が大きく最後まで響くかもしれない。

タデイ・ポガチャルが強みを発揮できる登りゴールのステージは、第17・18ステージまで待たないといけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました