ロードバイクの情報を発信しています!

2019Swiss Sideハドロンカーボンホイール15%の値下げ

https://bikerumor.com/2019/02/15/swiss-side-slashes-prices-slices-wind-with-2019-hadron-carbon-wheels/ 機材情報
この記事は約4分で読めます。

Swiss Sideは、Hadron Ultimateを「世界最速のホイール」と呼び、トライアスロン選手のPatrick Langeが2017年Kona Ironman World Championshipに参加しバイクパートを最速で駆け抜けて優勝しています。

空力抵抗を最小限に抑え、風の状態を変えながら実環境で安定性を維持するために開発された最新のHadronホイールはスピードを重視して設計されています。

2019年シーズンSwiss Sideはハドロンカーボンホイールの全商品を1年間15%の割引を発表しました。 Swiss Sideのエアロホイールを手に入れるチャンスかもしれません。

 

スポンサーリンク

2019Swiss Sideハドロンカーボンホイール

https://bikerumor.com/2019/02/15/swiss-side-slashes-prices-slices-wind-with-2019-hadron-carbon-wheels/

2019年Swiss Side Hadronのラインナップ

  • Hadron Classic
  • Hadron Ultimate

の2つのシリーズがあり、リムブレーキとディスクブレーキ仕様のホイールがあります。

 

ClassicとUltimateの差は、ハブとスポークの差だけです。
クラシックスはより手頃な価格のDT Swiss 370 Classicハブとj-bend Aero Compブレードスポークで組み立てられています。

手頃といっても、あこがれのDT Swissですからね~。十分な性能だと思います。

 

なぜ値下げするのでしょうか?
 
CEOとSwiss Sideの共同創設者Jean-Paul Ballardは、次のように述べています。

 「高性能カーボンエアロホイールをこれまで以上にアクセスしやすくし、当社の記録を破る製品に乗ることの興奮をできるだけ多くの人々と共有したいと考えています。

そのため、2019年に15%の割引を提供することにしました。

 

ほとんどの製品が15%割引となるのですが、唯一の例外はHadron Classicディスクブレーキです。これのリムハイトが80mmの製品だけ通常料金です。

https://bikerumor.com/2019/02/15/swiss-side-slashes-prices-slices-wind-with-2019-hadron-carbon-wheels/

 

重量とリムの寸法です。

https://bikerumor-wpengine.netdna-ssl.com/wp-content/uploads/2019/02/Swiss-Side-Hadron-disc-brake-specs.jpg

 

Hadron Classicホイールは、伝統的なJベンドスポークとDT Swiss 370ハブを使用しています。

https://bikerumor.com/2019/02/15/swiss-side-slashes-prices-slices-wind-with-2019-hadron-carbon-wheels/

 

Hadron UltimateホイールにはストレートDT DT Swiss 240ハブがあり、さらに2019年にはSINCセラミックベアリングもアップグレードされます。

https://bikerumor.com/2019/02/15/swiss-side-slashes-prices-slices-wind-with-2019-hadron-carbon-wheels/

 

どれだけのお金を節約できますか?

Hadron Ultimateホイールは、現在セラミックベアリングのアップグレードを含めて1868ユーロです。 Hadron Classicのホイールは€1358です。

日本での販売はまだですが、海外のSwisssideからならば購入可能のようです。

Hadron Ultimateは、DT Swissが製造したフルカーボンのチューブレスリムを入手します。

また、Ultimateホイールは、DTチームが組み立て、DTの最新の専用エアロ240sハブを使用して、Swiss SideとDT Swissの戦略的開発パートナーシップをさらに活用しています。

 

DT Swiss ARC / PRCホイールとの違いは?

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&rurl=translate.google.com&sp=nmt4&u=https://www.swissside.com/collections&xid=25657,15700002,15700021,15700186,15700190,15700248,15700253&usg=ALkJrhh1k3xjfx0sW5Ev1kcuGt-JSWXw5Q

DT Swissが昨年紹介したエアロARC 1100ホイールとどのように比較されるかです。日本で現在流通しているのが、こちらのエアロARCです。

一部のワイズロードで期間限定で試乗が出来るホイールがエアロARCです。

 

同じエアロスペシャリストによって設計され、同じ240年代のエアロハブとスポークを使用して同じDT製造によって製造された、DT Swissホイールは、同様の80、62および48mmの深さでも入手可能です。

スペックシートはHadron UltimatesとARC 1100の間で非常によく似ています。

これらのホイールはおそらくDTとほぼ同じように機能すると言っても過言ではないと思います。 DTホイールは、ほとんどの部分でわずかに軽量ですが、それ以外の点では約20%安いと思われるHadron Ultimatesとほとんど見分けがつきません。

一方、新しいHadron Classicsは一段と手頃な価格でありながら、エアロとほぼ同等です。

DT Swissは、最高級のARC 1100で最高のSwiss Sideエアロダイナミクスを提供しています。より日常的な/手頃な価格のPRCホイールでは、リムプロファイルは最適化されていません。

つまり、Hadron Classicsが比較的手頃な価格で1500ユーロ未満の値段で大きな空力の獲得を提供するように見えます。

 

進化した性能のホイールで、価格も安くなるのはいいですね。DT Swissのハブはとても高価なイメージがあります。最高のハブとスポークを使用したホイール。いつかは乗ってみたいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました