ロードバイクの情報を発信しています!

ダブルUCIグランフォンドチャンピオンがEPOによるドーピング

https://www.cyclingweekly.com/news/double-uci-gran-fondo-champion-suspended-following-epo-finding-422631 読み物

ドーピング検査の結果、スペインの2人のレーサーがレース出場を中断されています。使用された物質はEPO(エリスロポエチン)であると述べた。

ライダーは、2018年にタイムトライアルとロードレースの分野でUCI Gran Fondoチャンピオンを獲得した45歳のスペインマスターチャンピオンのRaúlPortilloと、36歳のバスクライダーのJoséAntonio Larreaです。

Portilloはヴァレーズで開催された2018年UCIグランフォンド世界選手権で、40〜45歳のグループで勝利し、28分15秒で22.5キロメートルのコースをカバーしました。アベレージスピードは、最高46.7km/hを記録しています。

彼はまた、英国のマスターレーサーのホストが参加したマヨルカマスターズの2018年3日間のレースにも勝っています。

アンドラで定期的に訓練を受けているPortilloはNorinver Cycling Teamのために乗っているイベントで競っています。そして、2018年のコースの間に同じくスペインのレースVolta a la Marinaアルタ – ParcentとTrofeo Ayunt.Pielagos-Carandiaも獲得しています。

Image by Ronny K from Pixabay

見つかった物質は「不特定」として記載されていますが、 El CorreoEspañolはそれがEPOであると報告しています。

 

EPOとは

エリスロポエチン(EPO)は赤血球の増加効果を持つことから、筋肉への酸素供給量を高め持久力を向上させる目的で、長距離系スポーツ(自転車ロードレース、クロスカントリースキーなど)のドーピングに使用されている。

引用 wikipedia EPOより

 

両方のライダーはバスクアンチドーピング機関(AVA)によってレース出場を中断されており、国際的にこの中断は世界アンチドーピング機関(WADA)によってサポートされています。

Union Cycliste International(UCI)のサイクリング改革独立委員会による2015年の報告では、次のように述べられています。

同報告書はまた、プロのライダーはライダーの数が多く、競争が激しかったため、グランフォンドを避けたと述べている。

2017年、 Cycling Weekly は、アマチュアレーサー20人に1人がドーピングを認めたという調査を実施しました。

中断されている両方のライダーは、自分のサンプルのカウンター分析を依頼する権利があります。

 

EPOを使用している人がまだいるとは思っていませんでした。身体を壊してまでドーピングをするというのはどうなんでしょうか?   アマチュアでもドーピングしている人がいるとはねえ~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました