ロードバイクの情報を発信しています!

STRAVA利用者が5,000万人突破 Relative Effort機能を追加

https://www.strava.com/読み物
Photo strava.com
この記事は約4分で読めます。

STRAVAを利用している人は沢山いますよね。

私もトレーニングの記録をつけてるために利用してます。STRAVAの利用者は、ついに5000万人を突破し、アクティビティのアップロードは30億を越えたとか。

STRAVAは、新たにRelative Effortの機能を追加している。

 

スポンサーリンク

利用者が一気に増加

Photo strava.com

Stravaが始まったのは2009年。テクノロジーの発展が追いき、バッテリーの寿命が延びたことで1990年から暖めてした考えが実現可能となった。

Srravaの成長スピードは2017年頃から急カーブを描いて増加。

実際、30億のマイルストーンは、20億の障壁を越えてからわずか13か月で達成された。

 

2018年後半に20億のアクティビティマークを超えて以来、Stravaの月間平均アップロード数は40%増加しています。

これには、女性がアップロードしたアクティビティが59%増加、実行アクティビティのアップロードが46%増加、米国外からのアップロードが41%増加しています。

 

Stravaの記録の数々

  • 1秒間に20個のアクティビティがアップロードされ、毎週1,900万回
  • 300以上の互換性のある携帯電話とGPSデバイス
  • 30億を超えるアクティビティのアップロード
  • 180人の従業員は、サンフランシスコ、コロラド州デンバー、ニューハンプシャー州ハノーバー、イギリスのブリストルに勤務
  • 1,100人以上のプロアスリートがStravaに参加
  • 30日ごとに100万人のアスリートが参加
  • 195か国から5000万人以上のStrava利用者
  • Stravaで毎週400万枚以上の写真が共有
  • Strava Summitでスポーツを最大限に活用するために年間59.99ドル
  • Strava Metroで通勤を改善する130以上のコミュニティ

 

Relative Effort

Photo strava.com

Stravaは、Relative Effortと呼ばれる、サイクリストのために長らく待ち望まれていた機能を発表。

これは、パワーメーターと心拍数モニターからの入力を使用して、アスリートがトレーニングの強度と量を管理できるようにするもの。

 

Photo strava.com

Relative Effortにはどんな機能があるの?

ランニング、ライディング、水泳、スキー、屋内ローイングなど、心拍数モニターを使用してアップロードしたものはすべて、Relative Effortで管理が可能。

 

https://blog.strava.com/relative-effort/

アップロードされたデータは、1週間ごとにグラフ化されてトレーニングの量などが可視化される。

上の図のように赤となっていたら、疲労がたまっていてトレーニング強度を減らして回復しなければならないことを表している。

過去12週間の加重平均に基づいて、トレーニング負荷を維持するのか増やすのか、回復させないといけないのか教えてくれる機能となっている。

パワートレーニングしている人ならば、TSSやTSBなどでトレーニング量を管理しているはず。それを簡単に見ただけでわかるようにするのがRelative Effortの機能だと思っても良いだろう。

Relative Effortは、Strava Summit(有料)の中のひとつの機能だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました