ロードバイクの情報を発信しています!

将来的に、ジャガイモがサイクリストのエネルギージェルの代わりになるかも?

読み物
Image by Alexas_Fotos from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

じゃがいもと言えば、ポテトチップスくらいしか思い浮かばないのですが、なんとジャガイモがジェルの代わりになるのでは、というお話です。

新しい研究により、ジャガイモがエネルギージェルと同じくらい効果的であるかことが判明。

研究者は、サイクリストが市販のジェルに代わる炭水化物を使用して、レース燃料メニューの多様化が出来ると示している。

 

スポンサーリンク

タイムトライヤルで検証

Image by Couleur from Pixabay

研究では、12人のサイクリストが2時間の「サイクリングチャレンジ」を完了し、タイムトライアルが行われた。

実験では、運動中の摂取を

  1. ポテトピューレを燃料
  2. 市販のスポーツジェルを燃料
  3. 水だけ

で検証。

タイムトライアルのパフォーマンスは、水だけを与えた場合と比較して、ジャガイモとジェルの両方のグループで同等に改善された。

 

「実験中にジャガイモまたはジェルを1時間あたり約60グラムの推奨量で摂取したサイクリストのパフォーマンスに違いは見られませんでした。

両方のグループは、水だけを消費する人は達成できなかったパフォーマンスの大幅な向上がみられた」

つまり、市販のジェルでも、じゃがいもの成分でも効果に差がみられなかったということですね。

 

長時間の運動中に濃縮炭水化物ゲルを消費すると、運動中の炭水化物の利用可能性が高まり、結果としてパフォーマンスが向上する。

研究の目的は、アスリートのためのレース燃料供給オプションを拡大および多様化し、風味疲労を相殺することだった。

この研究は次のように述べています。

「さらに、(炭水化物)ゲルの高甘味度と比較した場合、それらは風味のあるレース燃料オプションとして機能します」

 

ジェルは確かに、普通の状態で飲んだら甘すぎて飲めないですよね。エネルギー効率が同じならば味が良いほうが飲みやすいのは間違いがない。

将来的に、じゃがいもから作られたジェルが出来るかもしれないですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました