ロードバイクの情報を発信しています!

2021ベネルクスツアー第7ステージ 2日連続の逃げ切りが~

海外情報
Photo credit: crosby_cj on Visualhunt.com
この記事は約11分で読めます。

ベネルクスツアーも最終日。

第6ステージで、見事な逃げ切りを見せたBahrain Victoriousのソンニ・コルブレッリが、リーダージャージを守る戦いとなる。

通常は、少人数のスプリントで決着となるコースだけど、昨年はマチュー・ファンデルプールが見事な逃げ切り勝利を見せてくれた。

さすがに、こんなスーパーな走りを見せるライダーは、中々いない。出来そうなのは、カスパー・アスグリーンか、ヴィクトール・カンペナールツか。ツールで2勝のマテイ・モホリッチか?

まあ、危ないライダーは間違いなくチェックされるので逃げるのも難しい。

 

スポンサーリンク

第7ステージ  ナミュール~ヘラールツベルゲン 180.9 km

第7ステージ photo beneluxtour.eu

 

スタートとなるナミュールは、マチュー・ファンデルプールとルシンダ・ブラットが昨年優勝した毎年恒例のワールドカップシクロクロス開催地で知られている。

 

後半は、石畳のカペルミュールに、ボスベルグと登りが次々に現れるコース。

  1. Muur Van Geraardsbergen(通称カペルミュール) 1.2km・7.2%
  2. Bosberg    1.4km・5%
  3. Denderoordstraat 0.7km・7.5%
  4. Muur Van Geraardsbergen 1.2km・7.2%
  5. Bosberg    1.4km・5%
  6. Denderoordstraat 0.7km・7.5%
  7. Muur Van Geraardsbergen 1.2km・7.2%
  8. Bosberg    1.4km・5%
  9. Denderoordstraat 0.7km・7.5%

昨年は4周回だったが、今年は3周回。合計9か所の登りをこなしてからゴールに向かう。最後のゴールも登っている。

 

スタート前

サガンはカペルミュールを生き残れるか?

 

カスパー・アスグリーンは逆転するのにはアタックしかない。

 

トム・デュムランはクイーンステージで足をみせたが、最後は足がつってしまってスプリントは最後尾となってしまう。今日も見せ場を作ってくれるかな。

 

ソンニ・コルブレッリは隣のマテイ・モホリッチが味方なので心強い。

 

さあ、スタート。

 

逃げのメンバーは11人

最初の1時間が50.2km/hという猛烈なスピードで誰も逃げれない。ようやく、4人が逃げだした。

  1. オスカル・リーグベール (Alpecin-Fenix)
  2. フィリップ・ジルベール (Lotto Soudal)
  3. ダニエル・オス (BORA – hansgrohe)
  4. カスパー・ピーダスン (Team DSM)

 

これに7人が後ろから合流。11人の逃げとなる。

  1. オスカル・リーグベール (Alpecin-Fenix)
  2. ドリース・デヴァイナンス(Deceuninck-Quick Step)
  3. フィリップ・ジルベール (Lotto Soudal)
  4. トッシュ・ファンデルサンデ(Lotto Soudal)
  5. ユーゴ・ウル(Astana-Premier Tech)
  6. ダニエル・オス (BORA – hansgrohe)
  7. エンセ・ビエルマンス( Israel Start-Up Nation)
  8. バルナバーシュ・ペアーク(Team BikeExchange)
  9. カスパー・ピーダスン (Team DSM)
  10. レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ(Qhubeka-NextHash)
  11. トムス・スクインシュ(Trek-Segafredo)

 

だが、リードは少なくメンバーが変わる。

 

残り2周

先頭にヴィクトール・カンペナールツとカスパー・アスグリーン、マテイ・モホリッチ、ブランドン・マクナリティが加わる。登りで切れて人数は11名のままメンバーが変わった。

 

カペルミュールで、カスパー・アスグーンがアタック。後ろにピッタリとヴィクトール・カンペナールツがついている。

 

決定的なメンバー4人の逃げが決まる。

  1. カスパー・アスグリーン(Deceuninck-Quick Step)
  2. マテイ・モホリッチ(Bahrain Victorious)
  3. ヴィクトール・カンペナールツ(Team Qhubeka NextHash)
  4. ブランドン・マクナリティ(UAE Team Emirates)

 

ソンニ・コルブレッリは集団にいる。40秒差だ。マテイ・モホリッチとは51秒。ヴィクトール・カンペナールツとは53秒差。あまり余裕はない。

 

2回目のBosberg    1.4km・5%

カスパー・アスグリーン先頭でボスベルグの石畳を上がる。まだ、タイム差は24秒だ。

 

ボスベルグで追走が捕まり、集団は一塊となる。58秒離れた。バーチャルリーダーはマテイ・モホリッチだ。

 

集団は、フィリップ・ジルベールが引く。カレブ・ユアンは集団にいないのでティム・ウェレンスのためだ。

 

1分まで開いたタイム差は、26秒まで縮められる。これは逃げられない。

 

Denderoordstraat 0.7km・7.5%

集団が迫ったところで、ヴィクトール・カンペナールツがアタック。

 

このアタックで、ブランドン・マクナリティが切れてしまう。

 

3人は上手く連携して逃げられるか?

  1. カスパー・アスグリーン(Deceuninck-Quick Step)
  2. マテイ・モホリッチ(Bahrain Victorious)
  3. ヴィクトール・カンペナールツ(Team Qhubeka NextHash)

 

ここでマテイ・モホリッチがアタックをかける。

 

3人は元に戻るが微妙な関係だ。

 

後ろに集団が見えてきた。

 

ラスト1周

ラスト1周で振り出しに。

 

カペルミュール

カペルミュールでマテイ・モホリッチはあきらめずにアタックをかける。

 

カスパー・アスグーンはついていけない。

 

サガンは、10番手当たりで通過。

 

マテイ・モホリッチは、完全に抜け出した。

 

追うのはカスパー・アスグーン、ティム・ウェレンス、ソンニ・コルブレッリ。

 

ゴールデンKM

マテイ・モホリッチはゴールデンKMもトップ通過。9秒のボーナスタイムを得る。

 

マテイ・モホリッチは9秒差で逃げる。

 

先頭から、ティム・ウェレンスが切れてしまう。

 

カスパー・アスグーンは、後ろにソンニ・コルブレッリがいるので追いついても、カウンターアタックを掛けられる可能性が高い。

 

マテイ・モホリッチはカスパー・アスグーンを引き離す。22秒まで広げた。二人共逃げ屋だけど、マテイ・モホリッチのほうが速いのか?

 

カスパー・アスグーンは追いつかれそうだ。

 

カスパー・アスグーンは捕まる。

 

今度は、サガンがアタックだ。

 

2番手に、ソンニ・コルブレッリがついて先頭交代させない。

 

Denderoordstraat 0.7km・7.5%

マテイ・モホリッチは独走だ。ひょっとすると総合まで届くのではないかな。

 

サガンが登りで仕掛ける。

 

だが、トム・デュムランがかわしてスパート。

 

トム・デュムランが抜け出した。

 

後ろから、ソンニ・コルブレッリがきた。

 

トム・デュムランは、ソンニ・コルブレッリを後ろにつけて、タイム差を詰めていく。

 

マテイ・モホリッチは、ラスト1kmのゲートをくぐった。

 

マテイ・モホリッチは、見事な逃げり勝利。昨日のソンニ・コルブレッリに続いてチームで2日連続の逃げ切り勝利とは素晴らしい。

これほど、強いチームもないだろう。

マテイ・モホリッチは

今日は私が最強だったが、今週はコルブレッリが最高だった。私たちは強いことを知っていたので、カードを少し違った方法でプレイしたかった。ソンニがフォローできるように、他の人を部屋から誘い出したかった。それは完璧にうまくいった。

必ずしも早く攻撃したくなかったが、アスグリーンが去ったので従わなければならなかった。攻撃していなかったら、最終段階でソンニを助けていただろうが、そうする必要はなかった。

全体的な勝利は私自身ですか?いいえ、ソンニのリードは大きすぎた。目標は彼のジャージを守ることだったが、最終的にはすべてを夢の日とすることができた。

 

 

当然のようにゴール前でトム・デュムランを抜いて2位でゴールするソンニ・コルブレッリ。見事なチームワークでBahrain Victoriousは、ステージ優勝に、総合優勝も手にいれた。

 

トム・デュムランは、3位でゴール。でも、手ごたえは感じたはずだ。レースに復帰してTTのみならず、ロードも確実に力を取り戻している。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第7ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious50503:50:56
2
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious20300:11
3
 DUMOULIN Tom
Team Jumbo-Visma8180:15
4
 LAPORTE Christophe
Cofidis, Solutions Crédits 130:22
5
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious 10,,
6
 VAN POPPEL Danny
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 70:24
7
 VAN ASBROECK Tom
Israel Start-Up Nation 4,,
8
 VAN AVERMAET Greg
AG2R Citroën Team 3,,
9
 BENOOT Tiesj
Team DSM 2,,
10
 SAGAN Peter
BORA – hansgrohe 1,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
11
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious40025024:14:29
22
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious3201900:29
33
 CAMPENAERTS Victor
Team Qhubeka NextHash2601601:14
46▲2
 WELLENS Tim
Lotto Soudal2201401:26
54▼1
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ1801201:28
65▼1
 DURBRIDGE Luke
Team BikeExchange1401101:30
77
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo1201001:37
88
 BENOOT Tiesj
Team DSM100901:54
912▲3
 DUMOULIN Tom
Team Jumbo-Visma80801:55
109▼1
 TEUNISSEN Mike
Team Jumbo-Visma68702:01

Bahrain Victoriousが1位と2位を独占。ヴィクトール・カンペナールツは総合3位となる。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
12▲1
 VAN POPPEL Danny
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux88
23▲1
 COLBRELLI Sonny
Bahrain – Victorious80
31▼2
 MERLIER Tim
Alpecin-Fenix75
46▲2
 LAPORTE Christophe
Cofidis, Solutions Crédits68
510▲5
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious67
64▼2
 SAGAN Peter
BORA – hansgrohe63
75▼2
 BAUHAUS Phil
Bahrain – Victorious53
813▲5
 DUMOULIN Tom
Team Jumbo-Visma49
99
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo39
1011▲1
 BISSEGGER Stefan
EF Education – Nippo30

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました