ロードバイクの情報を発信しています!

シビウサイクリングツアー第3ステージab 個人TTで逆転

海外情報
photo campaign
この記事は約7分で読めます。

シビウサイクリングツアー第3ステージは面白いレース設定。

午前中は個人TTを開催。そのためストリーミングはとても早く始まった。

午後から100kmのロードレースで決着がつく。開催が危ぶまれた時期もあったが、無事に全レースが終了。

ほとんどのレースで雨が降ったのは選手には厳しかっただろう。最終日もレースの一部で雨だった。

 

スポンサーリンク

Stage 3a (ITT) » Curmătura Ștezii › Arena Platos (12.5k)

第3ステージa

7月26日(日)の第3aステージは、山岳タイムトライアル。

登りは東からのアプローチで、全長12.5km、平均勾配5.3%の登りで、最も急な部分では10.5%まで上昇。

最初の9キロが最もハードで、5~7パーセントの安定した登りの中にいくつかの急な勾配があらわれる。

その後、3kmほど平坦になり、2~3%の間で少しずつ上昇し、ゴール前は再び上昇して終わるコース。

 

photo BORA – hansgrohe twitter

イエロージャージのパトリック・コンラッド(BORA – hansgrohe)は第2ステージを終えたインタビューで

登りは好きだ。TTバイクを使うかロードバイクを使うかはまだわからない。すでに偵察をしたので、イエロージャージを守りたいと思っている。

登りはそれほど急ではないので、タイムトライアルのスペシャリストが勝つ可能性はないだろう。

100パーセント、すべてを捧げて、イエロージャージを防衛したいと思っている。もしこのステージで勝てば、それは嬉しいボーナスだ。

 

私が見始めた6時過ぎにはすでにレースも後半。

ストリーミングより 以下同様

鉄人ダビデ・レベリンの走りは見れた。バイクはロードバイクのまま。

残念ながらタイムはトップから3分11秒遅れの26位。総合では一つ順位を落として総合8位となっている。

 

リーダーのパトリック・コンラットにはバイクがついて時々中継。

途中まではトップタイムだったが、突っ込み過ぎたのかチームメイトのグレゴール・ミュールベルガーのタイムに及ばなかった。

元々二人のタイム差は3秒しかなかったが、これで総合では1分1秒もの差がついてほぼ、グレゴール・ミュールベルガーの総合優勝は決まったと言って良い。

グレゴール・ミュールベルガーは26歳で、パトリック・コンラットよりも2歳若い。同じオーストリア出身の彼らはTTではグレゴール・ミュールベルガーが上回ってきたようだ。

 

グレゴール・ミュールベルガーは彼の勝利について次のように語った。

驚いた。自分の調子が良く、パフォーマンスにとても満足している。でも、正直言って、パトリックには申し訳ない。

夜は幸せになると思うけど、今は色んなことが頭に浮かんでいる。みんなハッピーだし、今夜の優勝を祝ってくれるといいな。

プロとして初めてのGC優勝だ。パフォーマンスマネージャーは、このコースでの最良の選択肢はタイムトライアルバイクだと私たちに話した。私にとっては、TTバイクでの26分の良いテストだった。

パトリック・コンラットのアシストとして、出場していたけどTTですからね。

 

3aステージタイム

  1. グレゴール・ミュールベルガー(BORA – hansgrohe) 26:10
  2. マッテオ・バディラッティ(Israel Start-Up Nation) +1:02
  3. パトリック・コンラット(BORA – hansgrohe) +1:04

 

Stage 3b » Sibiu › Sibiu (109k)

https://us10.campaign-archive.com/?u=4cb1cf5ba16ca99ca389d1b67&id=ca7c03bc33

第3ステージb

スタートは、初日のTTでも使われていた広場からスタート。

シビウの南部と西部の郊外を通る3つのループにまたがる複雑なコース。プロトンが東に戻ってレースが始まる場所に向かい、サリエテ、サセル、クリスチャンの町を通過する。

最後の25キロは主に大きな道路であり、列車形成に有利だが、最後の1キロは大変。

ゴール手前、550メートルで右折すると、路面はシビウの細く曲がりくねった道路のパヴェに変わる。

 

https://us10.campaign-archive.com/?u=4cb1cf5ba16ca99ca389d1b67&id=ca7c03bc33

第3ステージb

ゴール手前は、3%の登りとなっており道幅も狭く、いかに位置取りをするかにかかっている。

 

ストリーミングより

市内をかなり長いあいだパレード走行。

 

だが、このパレードで数人がこけてしまう。

 

レースは3人が逃げる展開だが、カメラは最後尾からの映像ばかりで前の様子はわからない。

 

  1. Meindert Weulink(ABLOC CT)
  2. ValèreThiébaud(AKROS-Excelsior-Thömus)
  3. Andrea Pietrobon(CT Friuli ASD)

3人の逃げは、30分で終わる。

 

photo Ciclist Al Sibiului facebook

中間スプリントから逃げた、Stijn Appel(ABLOC CT)とGabriele Petrelli(CT Friuli ASD)もラスト5kmでつかまる。

 

photo Ciclist Al Sibiului facebook

ゴール手前では、BORAが前で固めてゴールに突き進む。狭いコースでは、先頭にいないともう前には上がれない。

パトリック・コンラットが前を引き、パスカル・アンカーマンとグレゴール・ミュールベルガーがワンツー・フニッシュ。

 

パスカル・アンカーマンは表彰式の後に

もし一番と二番を取ると分かっていれば、ミュールベルガーを先に進めただろう。

彼はいつも私にとって素晴らしい仕事をしてくれた。彼に勝利を与えるのは良かったはずだ。それは私たちにとって完璧なレースであり、良いショーを行い、次のレースへの準備は万全だ。

と、語った。

 

第3ステージb リザルト

  1. パスカル・アンカーマン(BORA – hansgrohe) 2:15:38
  2. グレゴール・ミュールベルガー(BORA – hansgrohe) 〃
  3. エドワード・グロス(NIPPO DELKO One Provence) 〃

 

総合順位

  1. グレゴール・ミュールベルガー(BORA – hansgrohe)
  2. パトリック・コンラット(BORA – hansgrohe)
  3. マッテオ・バディラッテイ(Israel Start-Up Nation)

 

BORAは初日の雨のプロローグを除いて全てのステージで優勝。パスカル・アンカーマンが2勝。ミュールベルガーも2勝に初の総合優勝と完全勝利だ。

 

総合優勝のグレゴール・ミュールベルガー photo Sibiului

だが、シビウツアーに出たメンバーは帰国後2週間の自己検疫に入るため、8月前半はレースに出れないことになる。

総合優勝した、ミュールベルガーはツール・ド・フランスに出場なので調整レースは出れない。まあ、勝ったからいいか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました