ロードバイクの情報を発信しています!

2023 サウジツアー第1ステージ 砂漠の開幕ステージを勝ったスプリンターは?

海外情報
Photo credit: Basheer Olakara on VisualHunt
この記事は約15分で読めます。

サウジアラビアで行われるサウジツアー。Saudi Tour(2.1)

砂漠の中で行われる5ステージ。風によって分断されるステージが多いレースだ。

 

過去の優勝者

  • 2022 マキシム・ファルジス
  • 2020 ヒィル・バウハウス
  • 2002  MIZBANI Ghader
  • 2001  MIZBANI Ghader
  • 1999  EL NADI Ame

 

スポンサーリンク

第1ステージ アルウラ国際空港~カイバー 180.5km

コースプロフィール Image credit: thesauditour

 

誰もいない砂漠の中をひたすら走るステージ。初日はスプリントで決着となりそうだ。

 

  1. スプリントポイント
  2. スプリントポイント
  3. ボーナススプリントポイント

 

注目の選手は

  •  Bahrain – Victorious サンティアゴ・ブイトラゴ、アンドレア・バスクアロン
  •  Team Jayco AlUla ディラン・フルーネウェーヘン、ゼネク・スティバル
  •  UAE Team Emirates パスカル・アッカーマン、ダヴィテ・フォルモロ
  •  Team DSM ジョン・デゲンコルプ、ニルス・エークホフ
  •  Cofidis ルーベン・フェルナンデス、シモーネ・コンソンニ、マキシミリアン・ヴァルシャイド
  •  Uno-X Pro Cycling Team
  •  Movistar Team ルーベン・ゲレイロ、グレゴール・ミュールベルガー
  •  Astana Qazaqstan Team ケース・ボル
  •  Q36.5 Pro Cycling Team ジャック・バウアー
  •  JCL Team UKYO

 

スタート

砂漠だから雨の心配はなさそう。

 

6人の逃げ

UKYOから武山 晃輔が乗っている。観客はまずいないし景色もあまり変わらないような~。

  1. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team)
  2. Peio Goikoetxea(Euskaltel-Euskadi)
  3. Aaron Van Der Beken(Bingoal  WB)
  4. IACCHI Alessandro(Team Corratec)
  5. MOHD ZARIFF Muhammad Nur Aiman(Terengganu Polygon Cycling Team)
  6. TAKEYAMA Kosuke(JCL Team UKYO)

 

スプリントポイント

1回目のスプリントポイント通過。

  1. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 3ポイント
  2. MOHD ZARIFF Muhammad Nur Aiman(Terengganu Polygon Cycling Team)2ポイント
  3. Peio Goikoetxea(Euskaltel-Euskadi)1ポイント

 

スプリントポイント

なにもないところがスプリントポイント。係員とサポートしかいない。

  1. Peio Goikoetxea(Euskaltel-Euskadi) 3ポイント
  2. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 2ポイント
  3. Aaron Van Der Beken(Bingoal  WB) 1ポイント

 

残り64.9kmで先頭は二人に。

  1. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team)
  2. Peio Goikoetxea(Euskaltel-Euskadi)

 

こちらは先頭からちぎれたライダー。

  1. Aaron Van Der Beken(Bingoal  WB)

 

UKYOの武山 晃輔は、その後ろ。

  1. IACCHI Alessandro(Team Corratec)
  2. TAKEYAMA Kosuke(JCL Team UKYO)

 

集団はTeam Jayco AlUlaが引く。スポンサーのおひざ元でもあるし今日はディラン・フルーネウェーヘンでなんとしても勝たないと。

 

Human Powered Healthのアドム・ドヴォスがパンク。2019年にはカナダロードチャンピオンとなっており、キャリア2勝をあげている。

 

逃げていたライダーが捕まる。

  1. MOHD ZARIFF Muhammad Nur Aiman(Terengganu Polygon Cycling Team)

 

今日は25℃で、湿度30%ととても走りやすい。タイム差をコントロールすれば良いだけだ。

 

後ろに集団が迫る。

 

UKYOの武山 晃輔はカメラに手を振って集団に捕まる。

 

しかし、見事にまっ直線。

 

Bahrain Victoriousのサンティアゴ・ブイトラゴは総合を狙う。

 

UAE Team Emiratesのパスカル・アッカーマンもスプリント勝利を狙う。

 

スプリントポイント

スプリントポイント通過。

  1. Peio Goikoetxea(Euskaltel-Euskadi) 3ポイント
  2. マーカス・サンダー・ハンセン(Uno-X Pro Cycling Team) 2ポイント
  3. Aaron Van Der Beken(Bingoal  WB) 1ポイント

 

後ろに集団がせまる。

 

あららっ、パスカル・アッカーマンが遅れている。結構登っているからか。

 

逃げていたライダーが捕まる。

  1. Aaron Van Der Beken(Bingoal  WB)

 

Uno-X Pro Cycling Teamのヨナス・アブラハムセンがパンク。綺麗そうな道路に見えるけど、かなり亀裂とかある。アップのカメラではハンドルがかなり振動しているし。

 

ディラン・フルーネウェーヘンが集団から離れる。

 

ディラン・フルーネウェーヘンはパンクだ。

 

 

ディラン・フルーネウェーヘンは、集団復帰を目指す。

 

ヨナス・アブラハムセンは完全にカーペーサーしているぞ。下りなのか足が止まっている。

 

Team Jayco AlUlaは、ディラン・フルーネウェーヘンのために待っていた。

 

こちらは落車で救急車を呼んでいる。立ち上がっているから大丈夫そうだ。

 

ディラン・フルーネウェーヘンは追いついた。

 

パスカル・アッカーマンも復帰しそうだ。

 

ここで先頭からEuskaltel-Euskadiのライダーが降りた。

 

先頭は、Uno-X Pro Cycling Teamのマーカス・サンダー・ハンセン単独となる。

 

集団に吸収された。これで逃げは一人だけに。

 

マーカス・サンダー・ハンセンは残り21.2kmで1分44秒差。

 

Team DSMはジョン・デゲンコルプで勝利を狙う。

 

Q36.5 Pro Cycling Teamのジャック・バウアーは集団最後尾。暑いのかボトルの水を頭からかけている。

 

Team Jayco AlUlaもルーカス・ペストルベルガーも引き終わって降りて行った。最後のスプリントトレインは組めるのだろうか?

 

良く逃げたなあ~。マーカス・サンダー・ハンセンも捕まった。

 

 

残り13.3km。逃げがなくなったので、一気に33km/hとペースダウン。後ろからちぎれたライダーも追いつくはずだ。

 

各チームに縦にトレインを組んでいる。

 

ラスト4.8km。左にはQ36.5 Pro Cycling Teamが上がっている。

 

残り3.5km。少し登っている。

 

残り2.4km。Bingoal  WBが先頭。

 

Team DSMが先頭を固める。

 

後方で落車が。

 

さあ、Team Jayco AlUlaのトレインが上がってくる。

 

ディラン・フルーネウェーヘンが発射準備OKだ。

 

ルカ・メズゲッツが最後のもがき。

 

ルカ・メズゲッツのリードアウトが終わって、ディラン・フルーネウェーヘンが発射!

 

もう、誰も前に出れない。

 

Bahrain Victoriousのドゥシャン・ラヨヴィッチがまくりにくるが。

 

ディラン・フルーネウェーヘンが踏みなおしてガッツポーズ!

今シーズンの初レースで、チームの期待に応えて見事に勝利。これはAlUlaのスポンサーも大喜びだろう。ディラン・フルーネウェーヘンは、3回パンクしたが復帰。明日からリーダージャージで登場となる。

 

リザルト

ディラン・フルーネウェーヘンのコメント

ロードでは多くの仕事をこなしたが、Team DSMだけは少し一緒に走った。逃げ集団は非常に強力で、残り20キロの時点でまだ2分の差があった。さらに悪いタイミングでパンクしてしまったが、チーム全員が僕を待っていてくれたので、なんとか2分以内にうまく復帰することができた。今日はとてもいい走りができた。

決勝では3人になったが、何とかタイミングを待つことができた。そのあとは誰にも会わず…初戦ですでに勝てたのでとてもうれしい。

フォームはすでに良かったが、レースはまた別物だ。我々にとって重要なレースであり、スポンサー(サウジアラビアのアルーラ地方)に誇りを与えることができた。

このアルーラで、その名前をジャージにつけてレースをしているという事実が、良い結果を出すためのモチベーションになっている。

第1ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 14 4:08:09
2
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious 5 ,,
3
 WALSCHEID Max
Cofidis 3 ,,
4
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team   ,,
5
 KANTER Max
Movistar Team   ,,
6
 OLIVEIRA Ivo
UAE Team Emirates   ,,
7
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team   ,,
8
 FREDHEIM Stian
Uno-X Pro Cycling Team   ,,
9
 TIZZA Marco
Bingoal WB   ,,
10
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla   ,,
11
 VAN UDEN Casper
Team DSM   ,,
12
 NORSGAARD Mathias
Movistar Team   ,,
13
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health   ,,
14
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates   ,,
15
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team   ,,
16
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious   0:05
17
 CONSONNI Simone
Cofidis   ,,
18
 VAN HOECKE Gijs
Human Powered Health   ,,
19
 PASQUALON Andrea
Bahrain – Victorious   ,,
20
 AZURMENDI Ibai
Euskaltel – Euskadi   0:08
21
 ZAKHAROV Artyom
Astana Qazaqstan Team   0:11
22
 LÓPEZ DE ABETXUKO Andoni
Euskaltel – Euskadi   ,,
23
 GIBBONS Ryan
UAE Team Emirates   ,,
24
 ŠTYBAR Zdeněk
Team Jayco AlUla   ,,
25
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team   0:15
26
 DEGENKOLB John
Team DSM   ,,
27
 BITTNER Pavel
Team DSM   0:22
28
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health   0:26
29
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
30
 EDMONDSON Alex
Team DSM   0:32

総合

Rnk Rider Team UCI Time
1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 3 4:07:59
2
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious   0:04
3
 WALSCHEID Max
Cofidis   0:06
4
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team   0:10
5
 KANTER Max
Movistar Team   ,,
6
 OLIVEIRA Ivo
UAE Team Emirates   ,,
7
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team   ,,
8
 FREDHEIM Stian
Uno-X Pro Cycling Team   ,,
9
 TIZZA Marco
Bingoal WB   ,,
10
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla   ,,
11
 VAN UDEN Casper
Team DSM   ,,
12
 NORSGAARD Mathias
Movistar Team   ,,
13
 COTÉ Pier-André
Human Powered Health   ,,
14
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates   ,,
15
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team   ,,
16
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious   0:15
17
 CONSONNI Simone
Cofidis   ,,
18
 VAN HOECKE Gijs
Human Powered Health   ,,
19
 PASQUALON Andrea
Bahrain – Victorious   ,,
20
 AZURMENDI Ibai
Euskaltel – Euskadi   0:18

ポイント賞

Rnk Rider Team Points
1
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 15
2
 RAJOVIĆ Dušan
Bahrain – Victorious 12
3
 WALSCHEID Max
Cofidis 9
4
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 7
5
 KANTER Max
Movistar Team 6
6
 OLIVEIRA Ivo
UAE Team Emirates 5
7
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 4
8
 FREDHEIM Stian
Uno-X Pro Cycling Team 3
9
 TIZZA Marco
Bingoal WB 2
10
 MEZGEC Luka
Team Jayco AlUla 1

新人賞

Rnk Rider Team Time
1
 SANDER HANSEN Marcus
Uno-X Pro Cycling Team 4:08:06
2
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 0:03
3
 FREDHEIM Stian
Uno-X Pro Cycling Team ,,
4
 VAN UDEN Casper
Team DSM ,,
5
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious ,,
6
 LÓPEZ DE ABETXUKO Andoni
Euskaltel – Euskadi ,,
7
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
8
 BITTNER Pavel
Team DSM ,,
9
 SVESTAD-BÅRDSENG Embret
Human Powered Health ,,

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました