ロードバイクの情報を発信しています!

ミケル・モルコフはオリンピック金メダルを取ってパトリック・ルフェーブルに感謝

海外情報
Photo credit: DancingOnThePedals.net on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

最強のリードアウトマンとして、2021ツールでもマーク・カヴェンディシュのステージ4勝を演出したDeceuninck-Quick-Stepのミケル・モルコフ。

いつものスプリンターのために仕事をこなすライダーだ。

だが、この東京オリンピックでは違った。得意のマディソンでついに金メダルを獲得。36歳でキャリアの最後のオリンピックメダルと言っても良い。

 

スポンサーリンク

13年待った

マディソン優勝のミケル・モルコフ gorin.jpより

 

ミケル・モルコフは、2008年北京オリンピックでマディソンに出場。アレックス・ラスムッセンと組んでおり、前評判は高かったが6位となってしまう。

団体追抜ではデンマークの銀メダルのメンバーだった。

だが、その後マディソンは2012年、2016年とオリンピック種目から外れてしまう。その間、ミケル・モルコフはマディソンで無敵を誇っている。

  • 2009 世界選手権マディソン優勝
  • 2019 ヨーロッパ選手権マディソン優勝
  • 2020 世界選手権マディソン優勝

2017年にオリンピック種目にマディソンが復活することが決定し、実に12年振りにミケル・モルコフは出場を目指すことになる。

だが、1年延期となり13年の歳月をかけてミケル・モルコフは再びオリンピックに出場となった。

モルコフは、オリンピックの夢を追及する自由を与えてくれたチームのゼネラルマネージャーであるパトリック・ルフェーブルに感謝している。

 

ミケル・モルコフは

2017年にプログラムに戻ったと聞いた時、オリンピックの金メダルを狙えるのは間違いなかった。

チームマネージャーに野心を持たせて貰い、今は金メダルを持ってここに立っている。多分これが私のキャリア全体の最後の勝利だったので、できるだけ大声で国家を歌いたかった。

いつもは自分を犠牲にしているモルコフだが、Deceuninck-QuickStepがこれをサポートしてくれることを非常に誇りに思っていると。

すべてのチームがそれを行っているわけではない。適切な場所に適切なタイミングでいることも大切だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました