ロードバイクの情報を発信しています!

200km走れる史上初のモジュール電動バイク Modmo Saigon発売

機材情報
Photo Modmo
この記事は約3分で読めます。

アイルランドの新興企業Modmoは、史上初のフルモジュラの電動バイク  Saigonを発売した。

Modmo Saigonの走行距離は200kmとなっており、普通のライダーならば一日で走れる距離は十分カバーできる容量となっている。

これはロードバイク型ではないけれど、気になったので紹介。

 

スポンサーリンク

Modmo Saigon

こちらはプロモーションビデオ。
Introducing Saigon – Modmo

Modmoのブランドの名前は「Modular」と「Mobility」からの造語。

創設者のJack O’Sullivan氏は、Saigonは彼のビジョンの一部であり、「都市周辺のダイナミックな動きのためのゼロ排出の個人輸送車​​両を作成する」と語っている。

 

Photo Modmo

ナビゲーションも当然ついている。Androidを搭載したModOSは、ライディングエクスペリエンスを強化するために作成された非常に強力なOSで、ライダーをナビゲートしてくれる。

スマートフォンを持って、Modmo Saigonに近づくと電源がONになるシステムとなっている。
スイッチもない訳ですね。

更に、200kmも走れるとは凄い進歩だ。バッテリーは、ダウンチューブに入っているが取り外し可能となっているので外にコンセントがない場合にも便利。

チェーンはベルトドライブを使用している。これによりグリースを必要とせずメンテナンスフリーとなっている。

ベルトドライブの場合3万キロの耐久性があり、これは通常のチェーンの5倍以上長持ちすることになる。

 

シートポストにはBekanブレーキライトを使用

Photo Modmo

シートポストには、以前紹介したModmo Bekanブレーキライトが装備されている。モーションセンサーとなっており、昼間でも見えやすく点灯している。

 

 

Photo Modmo

この電動バイクを紹介した理由の一つに、一目見て電動バイクだとはわからないことにもある。

シティ型の電動バイクの場合、BB部分に大きなモーターがあって反ドライブ側から見ると一目で電動だとわかる。

だが、このSaigonではほとんどわからない。何故かというと、フロントハブに250Wのモーターがあるからだ。

これまで、ロードバイク型のe-BIKEではリアハブにモーターがあるバイクならば見たことがあるがフロントにあるのは初めて見た。

重量も13.9kgと軽く仕上がっている。価格は2,799ユーロ(約32万円)だが、事前予約すると1,999ユーロ(約23万円)で購入出来る。

世界中、どこでも出荷してくれるそうだ。

 

電動バイクの世界は日進月歩で進歩している。更に距離を伸ばし高性能なバイクの登場を期待しておきたい。

 

コメント

  1. Tsutomu Takehana より:

    Dear MODMO company
    I live in Japan. DO you have any sales agent in Tokyo, JAPAN.
    How to get you product in Japan. How much cost including tax is required to get it.
    Thanks
    T.Takehana

    • ちゃん より:

      サポートの問い合わせもあるようなので、そちらで聞いていみると良いかもです。
      ただ、海外製品なので代理店経由ではないと思います。海外輸入になるでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました