ロードバイクの情報を発信しています!

Saffron Frameworksのステンレススチール製の永遠のバイク

https://www.saffronframeworks.com/build/denis/機材情報
photo Saffron Frameworks
この記事は約7分で読めます。

これは、永遠に乗れるバイクを作りたいと思ったロード乗りのデニスが、自分の思うカスタムロードバイクを作った経緯を語ってくれている。

デニスは、S-Worksと同じように軽くて積極的に乗れ、すっきりとしたクラシックな外観にすることを望んだ。

彼がバイク作成を依頼したのは、ロンドンを拠点とするビルダーSaffron Frameworks

Saffron Frameworksのフレームビルダーのマシュー(Matthew Sowter)によりデニスの永遠に乗れるカスタムロードバイクが完成した。

 

スポンサーリンク

A BIKE FOREVER

photo Saffron Frameworks

永遠の自転車。それは、少なくとも作成時には、あなたのサイクリング経験の集大成であり、願望や夢を形にして、時の終わりまで持ち続けることを計画しているバイク。

自分の気に入ってたバイクが永遠に乗り続けることが出来れば、それが良いに決まっている。

 

デニスは様々なバイクを試したが、S-Works Tarmac SL6 Discを購入した。

これは乗り心地が良く、ディスクブレーキは山での自信とスピードに大きな違いをもたらしてくれた。しかし、ターマックは目的を持っていて、軽くて、能力はあるが、美的に美しいバイクではない。

時間が経つとうまくいかなくなるだろう。何年も使い続けられるようなバイクではない。

 

そうして、永遠のバイクを探し始めた。

私はもう一度すべての素材を試した。ハイエンドのステンレススチール製リムブレーキバイクが私の求めるものを提供してくれるだろうとすぐに決定した。

この素材は頑丈で、驚くほど軽く、選択肢がたくさんあった。また、クラフトマンシップと芸術性の選択肢も増えた。

デニスは、多くの写真を精査し、多くのビルダーを調査。

できるだけ多くの自転車を実際に見ようとしたが、マシューの自転車のいくつかと彼のアプローチは他よりも際立っていた。

カスタムフレームビルダーのマシューは多くの要望を聞き入れてくれる情熱を持ったビルダーであることは、数回の内合わせですぐに感じたと言う。

 

デニスの必要条件と要求

photo Saffron Frameworks

永遠のバイクの条件は以下のようなものになる。

 ステンレススチール

重量、強度、耐久性、金属の生の美しさのために

 

 リムブレーキ

重さとクラシカルな外観とフィーリング。ここ数年でブレーキ表面の技術はかなり向上しており、このバイクは主に天気の良い日のために作られた。

 

 タイヤクリアランス28mm。

フレームとフォークは、快適性とグリップのために、これに対応する必要があった。

 

SRAM Red eTapグループセット

以前のバイクからこれを気に入っていた。余分な穴やケーブルを必要とせず、クリーンでシンプル、そして非常に直感的な変速を提供してくれた。

 

ネジ式ボトムブラケット

以前は軋みに悩まされていたが、これしか方法がなかった。負担が少なく、交換も簡単なものが欲しかった。

 

軽量、ワイド、チューブレス、ミッドなエアロホイール

クラシックなスチールバイクのような見た目が好きだし、たいていのライドでは、このホイールのおかげで少し速く走れるかもしれない。

 

Zippエアロバー

ターマックでの乗り心地はとても良かった。平坦なセクションではエアロの効果があるかもしれないが、私にとっては、登りの際に手のひらのプラットフォームとして非常に快適だ。

 

クラシックでモダンな外観

photo Saffron Frameworks

クラシックで伝統的な外観の需要を満たすために、細部の最小化に焦点を当てた。

リムブレーキの構成はクラシックな外観を作り出すのに役立った。フード付きのステンレス鋼のブリーザードロップアウトを使用して、取り外し可能なディレイラーハンガーを可能にした。

 

photo Saffron Frameworks

フレームにColumbus XCRを使用したのは、それが最軽量のチューブセットであり、腐食に強く、永久に持続するため。

これは冬用のバイクではないが、ステンレス鋼は長持ちする。また、炭素鋼に比べて伸びがわずかに低くなっている(伸びは、材料が壊れる前に曲がる程度)。

 

photo Saffron Frameworks

チェーンステーは露出させたまま、90年代のクラシックなフレームを彷彿とさせる赤のブランディワインカラーでペイント。

 

photo Saffron Frameworks

深みのある色を出すために3層の塗料を使用し、トップチューブ、ダウンチューブ、フォークの上を走る6本の『Go fast』ストライプのシンプルなデザインを取り入れた。

 

photo Saffron Frameworks

ZippバーとSRAMグループセットは、以前の経験に基づくデニスの選択。

 

photo Saffron Frameworks

ヘッドチューブの角度は73度で、フォークのレーキは43 mm。これにより、ステアリングが非常に反応しやすくなっている。

 

デニスのカスタムバイクの詳細

photo Saffron Frameworks

  • フレーム: Saffron Frameworks Columbus XCRカスタム
  • フォーク: Enve Road、43 mmレーキ
  • ヘッドセット: Chris King
  • ホイールセット: 20 / 24H Light Bicycle AR56カーボンリム(深さ56 mm、幅23/30 mm)、カーボンTiハブ、Sapim CX Rayスポーク
  • シフター: SRAMレッドAXS eTap
  • クランクセット: SRAMレッドAXS 48 / 35T(Quarq電源付き)
  • ボトムブラケット: SRAM DUB BSA(ネジ付き)
  • フロントディレイラー:  SRAMレッドAXS eTap
  • リアディレイラー:  SRAMレッドAXS eTap
  • カセット: SRAMレッドXG-1290 10-33T
  • チェーン: SRAMレッド
  • ブレーキ: SRAMレッドリム、SwissStop FlashPro EVO Black Princeカーボンブレーキパッド付き
  • タイヤ:ハッチンソンフュージョン5パフォーマンス25 mmチューブレス
  • セットアップ:オレンジシールチューブレスバルブ、オレンジシールシーラント
  • ハンドルバー: Zipp SL-70 Aero、40 cm
  • ステム: ZippサービスコースSL、6度、110 mm
  • シートポスト: Zipp SLスピード
  • ケージ: VEL SL-Oカーボンケージ
  • バーテープトカゲSkins DSP 2.5 mm、Supacazアロイバーエンドキャップ
  • サドル: Selle San Marco Aspide Carbon FX、ナロー(132 mm)、オープン(カットアウト付き)
  • ペダル: Shimano Dura-Ace R9100
  • バイクの重量: 7.5 kg(ペダルとケージを含む)

 

SRMAを使用することにより、パーツがシルバーになっており、これもクラシック感を出してくれてますね。

とてもすっきりしている外観で好感が持てるバイクに仕上がっている。カッコイイ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました