ロードバイクの情報を発信しています!

リチャル・カラパスはEF Education-EasyPostのデビューをエクアドル選手権ロードから開始

海外情報
Photo credit: nuestrociclismo.com on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

INEOS GrenadiersからEF Education-EasyPostに移籍したリチャル・カラパス。

ついに、EF Education-EasyPostのユニフォームを着て2023ロードシーズンを開始する。

最初に走るのは、エクアドル選手権ロードだ。個人タイムトライヤルには出場しない。2022年には、逆にロードに出場せず、個人タイムトラルでは優勝していた。

 

スポンサーリンク

エクアドル選手権ロードから

 

EF Education-EasyPostのツイッターでは、まだリチャル・カラパスのユニフォームは治っていない。

東京オリンピックチャンピオンなので、UCIの規定にそったユニフォームでないといけないのだけど。まだ、撮影してないのでしょうね。

 

ヨナタン・カイセドは、2019エクアドルロードチャンピオンなので、袖にちゃんとナショナルカラーが入っている。メルハウィ・クドゥスもエリトリア王者なのでナショナルカラー。

まあ、多分、日曜日のロードでは新しいユニフォームになっているでしょうね。カラパスは、12月に扁桃腺の手術をしているけど、もう大丈夫のはず。

 

同じくEF Education-EasyPostのチームメイトの二人も出場。

  • ヨナタン・カイセド
  • ジェフェルソン・セペダエルナンデス

二人は、個人タイムトライヤルにも出場する。

 

リチャル・カラパスのレーススケジュール

2022ブエルタ・ア・エスパーニャで山岳賞を獲得したカラパスの公表されているスケジュールは以下の通り。

  • 3月1日 トロフェオ・ライグエーリア
  • 4月16日 アムステルゴールドレース
  • 4月19日 フレッシュ・ワロンヌ
  • 4月23日 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
  • 7月1日 ツール・ド・フランス
  • 8月26日 ブエルタ・ア・エスパーニャ

 

リチャル・カラパスは、ツールとブエルタのダブルに参戦。ツールでは総合上位を狙い、ブエルタではステージ優勝、山岳賞を狙うのでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました