ロードバイクの情報を発信しています!

アレハンドロ・バルベルデが現役続行のビデオを公開

海外情報
Photo credit: Laurie Beylier on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

プロトン最年長のアレハンドロ・バルベルデは、すでに2022年も走ると発表していた。

今回はチームから公式に、ビデオで2022年に走ることが確認された。

 

スポンサーリンク

2022年のブエルタが最後か?

こちらが2022年続行のビデオ

 

ビデオの最後で、アレハンドロ・バルベルデが2022の末に、/を引いている。

現在決まっている2022年のレーススケジュールは

  • 4月10日 アムステルゴールドレース
  • 4月20日 ラ・フレッシュ・ワロンヌ
  • 4月24日 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
  • 8月19日 ブエルタ・ア・エスパーニャ

多分、最後はブエルタ・ア・エスパーニャが引退レースとなるのかな。ツールは走らず、最後にスペインでベストな走りを見せてくれるはずだ。

 

アレハンドロ・バルベルデは、このレベルで走れてなかったら、数年前に辞めていただろうと語っている。

今シーズンは2年振りに3勝をあげており、UCIのワールドランキングでも11位となっている。スペインでは今でも第一人者だ。

ツールやブエルタも落車がなければ、もっと上位に入っていたはず。

かっては、ツール5連覇したミゲール・インデュライン、アブラハム・オラーノ、アルベルト・コンタドールなど、グランツールを制するライダーがいたスペイン。

スペインは、アレハンドロ・バルベルデがいなくなったら、誰が引き継ぐのだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました