ロードバイクの情報を発信しています!

MCipolliniのマリオ・チッポリーニ監修のRB1K AD.ONE

機材情報
Photo credit: Coda2 on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

イタリアの伊達男、マリオ・チッポリーニが乗るMCipolliniの2023年モデルのRB1K AD.ONEが発表されている。

マリオ・チッポリーニは、キャリア通算189勝しているけど、自分の時代にカーボンフレームがあれば、もっと勝っていたはずと言う。

このRB1K AD.ONEも妥協のない、イタリアブランドの全てが注ぎ込まれている。

 

スポンサーリンク

RB1K AD.ONE

 

市販のモノコックは、フレームをパーツに分けて接着剤で固定したものが多い。

この処理により、フレーム構造は長期的に劣化しやすくなり、結果としてパフォーマンスが低下する。

MCipolliniのTCM モノコックフレームは、バラバラなパーツによるこれらの弱点を解消する。フレームが長年にわたって受ける圧力は、より均一で衝撃の少ない方法で吸収されていく。

 

Image credit: mcipollini

 

RB1K AD.ONE は、NKTTの空力研究によりタイムトライヤルバイクの形状をロードに取り入れている。

ダウンチューブは前モデルよりも、さらにボリュームが増しているようにみえるけど、同じ形状。

 

Image credit: mcipollini

 

ヘッドチューブのボリュームが凄い。チタン製のスルーアクセルを採用。

 

Image credit: mcipollini

 

コンポはCampagnoloではなくて、Shimano Dura-Ace Di2 12s R9250が搭載されている。

ディレーラーを排除するソリューションにより、空気力学を向上させるシングルチェーンリングカバーも用意されている。

 

Image credit: mcipollini

 

ホイールは、Lightweight Obermayer EVO。

 

Image credit: mcipollini

 

ダウンチューブも、シートチューブもホイール形状に合わせてカットアウト。フレーム重量は1,010g。フォーク重量は390g。

 

RB1K AD.ONE spec

Image credit: mcipollini

 

  • フレーム: MCipollini RB1K AD.ONE
  • フォーク : MCipollini RB1K AD.ONE
  • コンポ: Shimano Dura-Ace Di2 12s R9250
  • クランクセット: Shimano Dura-Ace R9200P パワーメーター 52-36 12s
  • リアディレイラー: SRAM Force EXPLR
  • チェーン:  Shimano M9100 12s
  • カセット: Shimano Dura-Ace R9200P 11-34 12s
  • ローター: Shimano RTCL900 160 mm
  • ホイール:  Lightweight Obermayer EVO
  • タイヤ:Pirelli P Zero Race TLR 26
  • ハンドルバーステム:Vision HB Metron 5D ACR 3K
  • サドル: Selle Italia SLR Boost Superflow Carbon Kit

価格については記載がない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました