ロードバイクの情報を発信しています!

RaphaとAll In RacingのレインボーソックスはサイクリングでのLGBTQ +をサポート

海外情報
Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

RaphaとAll In Racingは、12月8日水曜日の#RainbowLacesデーをサポートする限定版のレインボーソックスを制作した。

All In Racingは、スポーツがLGBTQ +の人々にとってより包括的なものになるのを支援することを目的とした、サイクリングにおける新しいイニシアチブ。

毎年12月に実施されるストーンウォールの#RainbowLacesキャンペーンは、サッカーのプレミアリーグからの支援を受けているが、これまでサイクリングでは知名度が低くかった。

All In RacingとRaphaは、12月11日の英国ハンプシャーで行われるクランフィールドシクロクロスレースに参加する90名に無料でレインボーソックスをプレゼントする。

 

スポンサーリンク

#rainbowlacesデーをサポート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Josh Jones(@josh.m.jones)がシェアした投稿

 

インスタで#RainbowLacesキャンペーンについて説明している。

 

🏳️🌈レインボーの靴下!?🏳️🌈Here we go! All.in.Racingでは、Raphaとクランフィールドシクロクロスと協力して、@stonewallukによる#rainbowlacesキャンペーンをイギリスのサイクリングシーンで展開する最初のプロジェクトを発表しました!@all.in.Racingをフォローしてください。

先日、レインボーソックスに興味のある方はいませんかとお聞きしましたが、今回はそのレインボーソックスが登場します。Raphaのプロチームソックスをベースに、120足を1足10ポンドで販売しています(補助金、送料込み)。

クランフィールドシクロクロスでは、Raphaがイベントに参加するライダーのためにソックスを無料で提供してくれました。もし参加される方でソックスが欲しい方は、私にDMを送っていただくか、ウェブサイトでリクエストしてください。

ALL INレースでは、人々がLGBT+のインクルージョンに取り組むことをできるだけ簡単にしたいと思っています。小さな行動が本当に良い結果をもたらすのです。

12月8日(水)18時30分からの公式レインボーレースの日に、ZwiftでALL IN racing // riding for inclusionと一緒にライドをして、レインボーソックスプロジェクトやインクルージョン、イニシアチブについて話をします。ぜひ@all.in.racingをフォローして、お見逃しなく。

これは、私たち全員が参加できる、素晴らしいことの始まりです。一緒にスポーツをもっとオープンに、もっとインクルーシブにして、成長させていきましょう。

 

 

LGBTQ +とは

LGBTがレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーそれぞれの頭文字をとっているように、「Q」は「クエスチョニング」「クィア」という2つの言葉の頭文字をとっている。

クエスチョニングとは、自身の性自認(自分の性を何と考えるか)や性的指向(どんな性を好きになるか)が定まっていない、もしくは意図的に定めていないセクシュアリティを指します。

 たとえば、

  • あえて自分の性自認や性的指向を決めない方が生きやすい
  • まだ決めかねている最中
  • どのセクシュアリティもピンと来ない
  • 「わからない」が自然

といったような理由で、クエスチョニングを自認している場合があります。

つまり、性自認や性的指向について、「まだ決まっていないと思う」「わからない、違和感がある」「ひとつに決まるものではないと思う」などに当てはまるのが、このクエスチョニングです。

引用 LGBTQ+のQとは?

 

色々な生き方の多様性を認めていこうという考えですね。カミングアウトすることは中々難しいだろうけど、様々な生き方があるということを知り、普通になれば良いのですけどね。

すでにAll In RacingのWebサイトから£10(送料込み)で販売されている120足はほとんど完売に近いみたい。

All In Racingについて詳しくは以下の公式サイトでどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました