ロードバイクの情報を発信しています!

Officina Battaglin 限定版Giro d’Italiaフレームセットを発売

機材情報
Officina Battaglin
この記事は約3分で読めます。

ジョヴァンニ・バッタリンが勝利したジロ・デ・イタリアの38年前のレースにちなみ、世界で僅か38本限定の限定フレームが発表されました。

オフィチーナ バッタリン(Officina Battaglin)の、Arena 1981と呼ばれるフレームセットは、素晴らしいワインカラーとクロームプレーテイングの美しいフレームです。

スポンサーリンク

ジョヴァンニ・バッタリン

http://battaglin.co/collezione-speciale/

ジョバンニ・バッタリン

プロとなった1973年にジロを総合3位。

1981年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝。その3日後に開幕したジロ・デ・イタリアでも優勝。

当時は、ブエルタが4月21日から5月10日まで開催。ジロは5月13日から6月7日の開催だった。

ブエルタとジロを同一年に制覇した選手は、エディ・メルクスとバッタリンの二人しかいない。

彼自身が設計した初めてのバイクを発表したのは1981年。選手時代からすでにフレームビルダーとして自転車の設計をしていた。

彼は、現在もオフィチーナ バッタリン(Officina Battaglin)のフレームビルダーとして活躍している。

 

Giro d’Italiaフレームセット Arena 1981

http://www.cyclingnews.com/news/officina-battaglin-launches-limited-edition-giro-ditalia-frameset/

今年のジロ・デ・イタリアのフィナーレのステージは、ローマのコロセウムをスタートしてゴールするタイムトライヤル。

バッタリンが勝利した38年前の1984年も同じです。

この機会を記念して、Officina Battaglinはピンクとクロームの目を引くフレームセットを製造しました。

Arena 1981と呼ばれるフレームセットは、アストリアワインのカラーです。それは、ジロ・デ・イタリアの各段階の勝者によって受け取られたのと同じワインです。

当時はワインが振舞われていたのですね。

https://www.cyclingweekly.com/news/product-news/tech-week-two-updates-shimano-three-cycling-shoes-voss-tour-de-yorkshire-bike-422862

 

Officina Battaglinは、2年前にレトロ風スチールアリーナフレームセットを発売しました。

http://battaglin.co/collezione-speciale/

モデルはColumbus SLスチールチューブで構成されています。 クロモベラピンクで仕上げられた、対照的なクロムラグは、自転車の特別な仕上げを提供するように設計されています。

 

さて、世界で38本限定のフレームArena 1981を見てみましょう。

http://battaglin.co/

限定版のフレームセットはそれぞれ、構造番号を示す金属プレートで装飾されています。

細かい白のデカールは、ダウンチューブに綺麗に映えてます。

クロームラグもシートポストクランプを一体化

スチールバイクならでは細さ。

フォークの肩のクロームラグが特徴

シートクランプ

フレームは一つずつ手作りで作成

フレームセットは限られたシリーズの数を示す金属プレートが埋め込まれています。

ジョヴァンニ・バッタリンの名前がバイクをトップチューブを飾ります。

ブレーキブリッジの細部

スチールフレームの場合にはハンガーも作りこまれています。

 

Battaglinはイタリア北西部、マロースティカの街で、職人の手により時間をかけて手作りされる、非常に生産効率の悪いロードフレームです。

すべての工程は正確に時間をかけ、正確なチューブの切削、仮組、ロウ付け、またはTig溶接で組み上げられ、ベテラン職人の技と、正確な作業で作られています。

 

でも、これだけ綺麗だったら乗るんじゃなくて、飾っておきたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました