ロードバイクの情報を発信しています!

LAZERから超軽量ヘルメット LAZER GENESIS バイクヘルメット登場

https://www.lazersport.com/機材情報
この記事は約3分で読めます。

LAZERから発売された G1ヘルメットは同社で最軽量のヘルメットをして発表された。

北米のほとんどの州ではG1とよばれるが、米国とカナダ以外の市場ではGENESIS(創世記)の名前として発売される。

ややこしいので統一してもらいたいところですが(^^;

LAZERのヘルメットは、プロチームも多くが使用しているメーカーでレースでは早速軽量となったG1を使用しているようです。

 

スポンサーリンク

Lazer GENESISロードバイクヘルメット

https://www.lazersport.com/

見た目からもわかるように、22の大きな通気口の周りに形成されたEPSフォーム構造を備えた標準のインモールドハードシェルを使用。

この通気口の大きさが重量の軽減に貢献しているのは間違いない。

夏だと涼しそうでいいかも。

 

https://www.lazersport.com/

 

パットの種類も2種類あり、レース用に軽量を目指す「レースデイパット」と、通常の「コンフォートパット」が付属する。

https://www.lazersport.com/

レース用パットはとても細い

https://www.lazersport.com/

水平および垂直の調整が簡単

Advanced Rollsys保持ダイヤルが、内部のケーブルを引っ張って、圧力ポイントなしで、ヘルメットの固定をしてくれるダイヤルオントップシステムとなっている。

 

 

https://www.lazersport.com/

 

重量は195gと公表されているが、実際の重量は189gで最軽量に近いヘルメットだ。

これくらいの軽さならば、かぶっていることも忘れてしまうくらいの重量で負担が少なくて良い。

 

プロライダーも使用

 

LAZERのヘルメットは以下のプロチームやプロコンチネンタルチームも使用している。

  • Team Jumbo-Visma
  • Team Sunweb
  • Corendon – Circus

 

2019世界選手権でも、多くのライダーがLAZERのヘルメットをかぶってメダルを獲得している。

 

https://www.lazersport.com/

マウンテンやシクロクロスでも使用されており、マチュー・ファンデルプールも使用中だ。

 

チャド・ハガ Photo Josh Croxton

世界選手権では、チャド・ハガが使用。

 

https://www.lazersport.com/

5色のカラーで提供され、小売価格は219ドルで提供される予定。

サイズはS(52-56cm)・M(55-59cm)・L(58-61cm)

日本では21,000円で販売される。

販売は、2019年の11月からとなる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました