ロードバイクの情報を発信しています!

男性プロサイクリストの最低賃金が引き上げに ワールドツアーライダーの賃金はいくら?

海外情報
AndreasによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

男性プロサイクリストに朗報だ。

ライダーズ・ユニオンのCPAとプロ自転車チームの利益団体であるAIGCPが、最低賃金の引き上げで合意したのだ。

CPA と AIGCPは、賃金や保険などの労働条件の最低基準を定める新しい協定パリテール (共同協定) に署名している。

男子自転車競技ではCPAとAIGCPが最低賃金を引き上げるかどうかを決定する機関であり、女子自転車競技では国際自転車競技連合UCIが最終的な決定権を持つ。

 

スポンサーリンク

男性のプロライダーの賃金

2020年までの男性ライダーの賃金 Image credit: cpacycling

2024年からの男性ライダーの賃金 Image credit: cpacycling

 

現在の合意は2019年に成立したが、新しい合意は2024年と2025年に適用される。この最低賃金の引き上げは、男子プロサイクリストにのみ適用される。

これによると男性のワールドツアーライダーの最低賃金は42,047ユーロ(約680万円)となる。プロチームのライダーで、33,707ユーロ(約550万円)。1年目のライダーの最低賃金は少し安い。

 

UCIは昨年末、最低賃金を含む女子サイクリングの新ルールを発表した。ワールドツアーライダーの最低給与は、2023年に27,500ユーロ(約450万円)から32,102ユーロ(約520万円)に引き上げられる。

2024年には35,000ユーロ(約570万円)、2025年には38,000ユーロ(約620万円)となる。

UCIは時間をかけて最低賃金を男子と同じにしたいと考えている。ちなみに、コンチネンタルの女子チームは選手に最低賃金を支払う必要はない。

Team BikeExchange – Jaycoは、2021年から男女同額の賃金となっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました